【Watch記事検索】
最新ニュース
【11月30日】
【11月29日】
【11月28日】
【11月27日】
【11月26日】

バンダイナムコ、PSP「THE IDOLM@STER SP」
765プロ新人プロデューサー心得「実践編」を紹介
DLC第2弾とLIVE情報も公開

発売中

価格:5,040円

CEROレーティング:B(12歳以上対象)

 株式会社バンダイナムコゲームスは、2月19日に発売したPSP用アイドルプロデュースゲーム「THE IDOLM@STER SP(アイドルマスターSP[エスピー])パーフェクトサン/ワンダリングスター/ミッシングムーン」の最新情報を公開した。

 遂に発売となった「アイマスSP」。すでにプレイしている人も多いと思うが、今回は765プロ新人プロデューサー心得「実践編」の情報を中心に、ダウンロードコンテンツ(DLC)第2弾の詳細、オリジナルステージなど、盛りだくさんの新情報をお届けする。


■ 765プロ新人プロデューサー心得「実践編:やよいと行くトップアイドルへの道」

 今回紹介する「実践編:やよいと行くトップアイドルへの道」では、実際にアイドルをプロデュースすると、どんなプレイになるのかを誌面上で再現していく。モデルとなるのは「パーフェクトサン」に登場する「高槻やよい」。モードは「ストーリープロデュース」を選択。途中のセーブに戻ってやりなおすのはナシ、データをいじってズルするのもナシといったスタイルでの挑戦となっている。

まず最初にプレーヤーの名前を登録。「アイドル……、それは女の子のあこがれ、夢〜」というプロローグ的なメッセージとともにゲームがスタートする

【初めてのTV出演まで(第1週〜3週)その1】

■ TV出演して、ランクFアイドルになれ!

 TV出演を果たすまでは、素人と変わらない。やよいをプロデュースすると決め、芸名を決めたら、早々に「レッスン」と「営業」を行なっていく必要がある。「レッスン」はミニゲームとなっているため、難しいと思うかもしれないが、最初はチュートリアル的要素が強く簡単な「レッスン方法の紹介」も表示される。「営業」はミニアドベンチャー形式で、会話することで物語が進んでいく。アイドルとの良い関係を結べるよう、選択肢は慎重に選んでいこう。

 2週目に入ると、社長のアイドルレポートを確認することができるようになる。このレポートでは、世の中の「流行イメージ」と担当アイドルの「イメージレベル」を知ることができる。そして、衣装とアクセサリーを選択することもできるようになる。プレイ開始時には、悩むほどたくさんのアイテムを持っていないが、いずれはここで担当アイドルのイメージを調整することが重要となってくる。作曲家さんにも挨拶したら、いよいよ次週は初のオーディション挑戦となる。

一番最初のレッスンは、プレイ方法の紹介から始まる レッスンを行なうことで「素人」から「半人前」にランクアップ 最初の「営業」は、やよいとのミーティング
ときには、意に反する選択肢を選ぶことも!? アイドルレポートは必ずチェックするように心がけよう 衣装&アクセサリー選択。現段階で選べるモノは少ない

【初めてのTV出演まで(第1週〜3週)その2】

■ 初のオーディション、初のTV出演

 デビュー曲を決めたら、遂に緊張の初オーディションへ。最初はオーディションの遊び方も説明されるので、ここでオーディションの雰囲気を掴んでおくといいだろう。後は、実践あるのみ! オーディションに合格すると、お楽しみのTV出演が待っている。TV出演中は、写真を撮ることができるほか、TV出演シーンをまるごと保存することも可能となっている。それぞれ、各アイドルにつき30枚(30本)まで保存することが可能。TV出演を行なうことで、ファンが一気に増える。先週までのファン人数「2人」が、「1052人」になり、「ランクFアイドル」として無事に芸能界にデビューを果たしたことになった。

最初はオーディションの遊び方から学ぶことになる オーディションの仕組みをここで理解しておこう 合格発表の瞬間は緊張の瞬間でもある。さて結果は!?
オーディションに合格すると、次はTV出演。そして、TV出演の効果が現われ、遂にランクFアイドルとなる。ここからが本当の始まりである

【IU1次予選挑戦まで(第4週〜10週)その1】

■ 初の約束、初の失敗

 ここからは、ランクFアイドルから、ランクアップリミット(各ランク毎に決められた期間)をにらみながら“IU”(「アイドルアルティメイト」の略)に挑戦開始となる。まずは、「思い出」を得るための「営業」、そして実力UPのための「レッスン」をメインとしていく。1週目と同じスケジュールを組んでみた。そうこうするうちに、初めてのメールが届いた。メールの内容は、芸能記者からの取材依頼。うまく対応することで、やよいのイメージUPに繋がると判断し、しっかりと約束をしておく。

営業中に選択肢が登場。どれを選ぶかはプレーヤー次第 ノーマルだと、あまり「思い出」は増えない。選択肢にミスが? レッスンは大切。遊び方をよく理解して必ず成功させよう
アイドルとなったここからは、ランクアップリミットが登場する 初の取材依頼。もちろん「約束」で決まり 約束は2週間後となったので、今週はレッスンに励む

【IU1次予選挑戦まで(第4週〜10週)その2】

 6週目も5週目と同じ様にレッスン漬け。優先すべきは実力UPということでレッスンあるのみ。レッスンを繰り返すことで遂にイメージレベルがLv3になった。Lv3になったところでオーディションに挑戦してみる。オーディションは、自分の実力と獲得できるファン人数を天秤にかけて参加を決める。その結果「歌っていいとも?」に挑戦することになった。このオーディションは、合格すればファン人数が1万人UPするというもの。参加条件がLv5までの限定なのでそれほど競争相手も強くなく、かつ合格枠が3人なので、今のやよいならきっと合格することができるだろう。合格しファン人数が1万人増えれば、来週にはIU予選に挑戦することも可能となり、ランクFも卒業となる。

 しかし、レッスンの日々が続いたためか、2週間前にした雑誌記者との「約束」を忘れてしまった。その結果、悪徳記者に密着されてしまい、やよいのイメージがLv2に急下降してしまった。これではIU挑戦なんてもちろん無理だ(ファン人数が1万人を超えているので、IU予選に挑戦する「資格」はあるが、イメージLv2の状態で勝てるほどIU予選は甘くはない)。

レッスンに明け暮れることで、イメージがLv3まで成長した このオーディションに合格すればファン人数1万人UP!! 準備はばっちり、オーディション合格も夢ではなかった……
夢を見すぎてか、記者との約束を忘れてしまった…… 悪徳記者に密着され、イメージレベルが急落してしまった 事態を知らないやよいの笑顔を見るのがツライ

【IU1次予選挑戦まで(第4週〜10週)その3】

■ じっと我慢の日々、そして……

 悪徳記者が離れるまでは、じっと我慢する日々が続く。7週目〜9週目の間、ひたすらレッスンや営業に励むやよい。そして10週目、再び「取材依頼」が来た。今度は約束を忘れずにきちんと取材に対応することができた。ばっちり対応することができたので、やよいから悪徳記者が離れ、「敏腕記者」が密着することに。落ちていたイメージLvも急上昇。いよいよ次週はIU1次予選に挑戦だ。

悪徳記者に密着されてしまった今はじっと我慢するしかない 自分のミスで悪徳記者に密着されているとは、言えない 苦悩の日々が続く中、天の助けか、新たな取材依頼が来た
同じミスは2度と繰り返さぬよう、今度こそ約束は守る きちんとした対応をし、取材は大成功。その結果、悪徳記者が離れ、敏腕記者が付きイメージが急上昇した!!

【IU1次予選に挑戦(第11週)】

■ IU1次予選に挑戦

 いよいよIUに挑戦。雑誌記者からまた取材依頼が来たが、今週はIU挑戦を優先し約束はせず、スケジュール選択で「アイドルアルティメイト」を選択。やよいのテンションは十分高く、敏腕記者のおかげでイメージレベルはLv5。さらには思い出も13個持っている。社長の流行情報を確認し、衣装やアクセサリーを微調整すれば、今のやよいに死角はない。

 オーディション前後には、ライバルの「我那覇 響」とのイベントが発生。彼女もやよいの愛らしさにめろめろ? といった感じだが、今後話が進むと2人の関係はどうなるのだろうか。そんなことを気にしながらも、IU1次予選は危なげもなく無事に通過した。その結果、アイドルランクがUPし、ランクEアイドルになることができた。しかし、悪徳記者によって、予定より3週間も遅れが出てしまった。

IU予選の戦いが始まる 調子はばっちり、死角はなし! 特に問題なく合格できた
TV演出では笑顔を忘れずに IU予選に合格することでファン人数が増える。予定より遅れているがランクEアイドルになることができた

【2曲目を選ぶ(第12週)】

■ 2曲目を選び、レッスンをし、取材を受ける

 まず朝に、2曲目のプロデュース曲を選ぶことに決めた。1回のプロデュースで5曲まで選択できることを考えると、およそ10週を超えたぐらいのタイミングで曲を新しくすると良いだろう。同じ曲ばかりを歌っていると、ファンも流石に飽きてしまい、イメージレベルの低下に繋がることになってしまう。新たに曲を選択する際は、別のイメージがUPするような曲を選ぶといいだろう。

 昼にはレッスンで、若干低かった「ビジュアル」を上げることに。これでよりバランスのとれたアイドルを目指す。そして夜には、メールで来ていた取材依頼に対応。ちょっと過密スケジュールとなるが、やよいのテンションは高い。このまま仕事をこなしてくれそうだ。

また取材依頼が来た。今度は約束をすることに 曲の変更とレッスン、取材を1週間のうちにやってしまおう 2曲目は「キラメキラリ」に決定。ダンス系イメージがUP
「キラメキラリ」は、ノリノリで「いぇい!」ってなるみたい レッスンもばっちり成功し、イメージはLv6に上がった 取材にも慣れてきたのか、そつなくこなせるようになった

【IU2次予選挑戦まで(第13週〜18週)その1】

■ 初のファンレター

 あと10週のうちに、ファン人数を10万人以上にし、さらにIU2次予選に合格しなければならない。しかも、先を考えるならなるべく早いに越したことはない(より早くランクアップした分の週が次のランクアップリミットに足されて有利になるため)。そうこうしているうちに、やよいに初のファンレターが送られて来た。これにより、やよいのテンションがUPする。小鳥さんのオススメはレッスンだったが、ここはあえて敏腕記者が付いているうちにオーディションに挑戦する。

 オーディションには、ランクE・Fのみ参加できる「Rookie」、誰でも参加できる=強力なアイドルも参加する「National」、参加条件と審査方法に特別なルールがある「Special」の3種類がある。今週は「Special」から活動13週目までのアイドルが参加できる特別オーディション「ルーキーズ」に挑戦する。「Special」は条件が特別な分、若干獲得できるファン人数が多めとなっている。

初のファンレターで、やよいのテンションがUPした 流行が変化し、イメージレベルが下がってしまった アクセサリーを使い、流行に合わせイメージを調整する
合格すれば3万人のファンを獲得できる「ルーキーズ」に挑戦 ここでは途中審査がないため、途中順位がわからない 見事合格! オーディションに合格したことでLVが6に戻った

【IU2次予選挑戦まで(第13週〜18週)その2】

■ オーディションとレッスンと、そして営業

 今週も敏腕記者の付いているうちに、オーディションをこなす作戦を続けていくことにした。思い出の数と流行に対する調整がばっちりなら、こういう強行スケジュールも時には有効となる。ただし、オーディションに不合格しては意味がない。合格できるような、程よいファン人数のオーディションを選べるか。そこがプロデューサーの腕の見せ所となる。

 無事にオーディションには合格したものの、ついに敏腕記者ともお別れの日が。どんなにオーディションに勝ち続けても、敏腕記者は時間が来ると去ってしまう。イメージLvも下がってしまうが、気持ちを切り替えてレッスンを行なうことに。イメージレベルは、毎週若干変動する。Lvの境目だとLvが安定せず、しばしば変わるので驚くかもしれない。

記者が付いているからといって、無謀なオーディションに挑むのは止めよう 確実に合格できるオーディションがあるならそこを優先すればいい 合格はしたものの、善永さん(敏腕記者)は別の取材に行ってしまった
記者が去ったことで本来のイメージに戻ったみたい ここはレッスンで実力を磨こう 多少のLv変動に驚いてはいけない。やよいは成長している

【IU2次予選挑戦まで(第13週〜18週)その3】

■ やよいとの約束。そして初のスタイリスト

 やよいも自分の活動に思うところがあったのか、自分から歌詞レッスンを志願。しかも、最低でもグッドレッスンを目指したい! と。ここで約束するもしないのも、プレーヤーの自由となる。レッスンに自信がないなら約束はしないほうがいいだろう。もし、約束して見事レッスンを成功させることができたなら、いつもより多めにイメージがUPする。

 さらに、スタイリストからもメールが来るようになった。スタイリストとの約束を守ると、衣装またはアクセサリーを貰うことができる。どの衣装・アクセサリーを貰うかはスタイリスト任せとなり、自分では選ぶことができない。今回は衣装を2着貰うことができた。空いた時間には営業を入れて、オーディションに備えて思い出を増やすことも忘れずにやっておきたい。

ノロマじゃなくてノルマ。時にはこんなボケも!? 約束は守る。これがトップアイドルへの近道だ 約束を守るといつもより多めにイメージがUPする
言うまでもなく、やよいはカワイイ!! スタイリストから衣装を2着GETすることができた 営業も忘れずにしっかりとやっておくといいだろう

【IU2次予選挑戦まで(第13週〜18週)その4】

■ 黒井社長の挑戦!

 好調のやよいの様子が、黒井社長の耳に届いたのだろうか? 遂に黒井社長から挑戦状が届いた。他に芸能記者やスタイリストからもメールが届いているが、ここは黒井社長の挑戦を受けることにした。地道なレッスンのおかげで、敏腕記者なしでもやよいのイメージレベルは6になっている。

 ライバルとのオーディションは、今のレベルで挑戦できるようなオーディションに比べ、若干獲得できるファン人数が多めとなっている。しかし、合格枠は2つで、ライバルも参加してくるという厳しい条件となっている。自信がないなら、挑戦を受けないのもひとつの手だ。もちろん、挑戦を受けておいてオーディションをすっぽかしてしまうと、大変なことになるので要注意。響との再会の中、オーディションは2位であったが無事に合格した。ファン人数は10万人を大きく突破。これなら来週、IU2次予選に挑戦することもできる。

メールは全て今週を指定!? 黒井社長の挑戦を受ける! 思わず応援にも力が入る
響は強い。でも響に勝つことが目的ではない 2位であったが合格には変わりない。ここは素直に喜ぼう これで5万人のファンを獲得し、余裕で10万人突破

【IU2次予選に挑戦(第19週)】

■ IU2次予選に挑戦、そして……

 いよいよ始まったIU2次予選。また黒井社長から挑戦状が届いているが、今週は余所見をしている暇はない。IU予選前後には、また響とのイベントが用意されている。黒井社長も登場し、物語は新たな局面を迎えるだろう。IU1次予選同様、IU2次予選は合格者1名の狭き門。不合格者は即、プロデュース終了となってしまうため、思い出も惜しみ無く使ったほうがいいだろう。そして、オーディション中は自分の順位に気を配ることも忘れずに。

 見事オーディションに合格することができれば、ランクDに到達し、ファン人数も14万人を超えてリミットである10万人をオーバー! でも、3次予選に参加するには、さらに15万人以上のファンを獲得しなければならない。しかし同時に、やよいの実力もUPし、よりたくさんのファンを獲得できるオーディションに挑戦することも可能となるだろう。今はとりあえずランクUPを喜び、いったんゲームを終了することにする。

アイドルアルティメイトへ 「どどーんとIUの、2次予選ですね」と、テンションも高い 途中審査では2位。ここから巻き返せるか?
手ごたえは十分! 見事合格!! ランクDアイドルまで到達した 再開をやよいが待っている



■ 765プロ新人プロデューサー心得「休憩時間:プロデューサー感謝デー」

 「アイドルマスター」シリーズでは、一貫してアイドルとの「コミュニケーション」を重視している。各アイドルとの最初の出会いから、朝の挨拶、レッスンの時の会話、オーディション前の励まし、夜の事務所に戻ってからの会話など。以前に紹介した「約束システム」も、アイドルとのコミュニケーションの一環と言えるだろう。

 コミュニケーションの中でも、特に重要なのが「営業」である。アイドルに様々な「営業活動」をしてもらい、それに同行することでアイドルとの間に絆や思い出を育んでいくことが重要となる。アイドルランクが低い「ランクF」や「ランクE」の間は、

・TV局への挨拶回り
・レコード店の店頭でCDを手売り
・小さなライブハウスでライブ

といった小さな営業しかできないが、ランクが上がって「ランクB」などになれば、

・TVドラマの主題歌をレコーディング
・武道館でライブ

など、大きな営業活動を行なうことができるようになる。さらに本作「アイマスSP」では、

・思い出が一気に10個獲得できる「チャンスイベント」
・ランクA(ファン人数100万人以上)のアイドルとプロデューサーのための、特別な「営業」

を新たに収録しているという。ここではその一部を紹介していく。

■ チャンスイベント(律子)

 ステージに入る前に、買い物に寄りたいという律子。そんな彼女が、店にある棚の前で悩みだした。何に悩んでいるのかと聞いてみると、なんと食玩を選ぶのに悩んでいるという。運悪く、ダブって同じ人形ばかり集まっているという彼女の代わりに、見事1番人気を当てることができるだろうか?

 チャンスイベントとは、各アイドルそれぞれに用意された追加イベント。どのアイドルとのイベントでも、プロデューサーが運を天に任せて2〜3個の選択肢からいずれかを選ぶ形となる。決まった正解はなく、運と勘だけが頼りになるという。運良く正解の選択肢を選ぶと、「思い出」が10個も貰える。逆に間違った選択肢を選んでしまうと、この営業は「バッドコミュニケーション」となってしまい、アイドルのテンションが下がってしまうという。

運を天に任せて選択肢を選んでみたが……残念ながら外れてしまったようだ

■ チャンスイベント(真)

 オムニバスドラマの主役に抜擢された真。しかしその役は、感情が表に出ないクールな役だった。演じられるか不安でならない真は、突然「にらめっこしましょう!」と言い出す。「プロデューサーの面白顔に、無表情で耐えられれば……この役、できるかもしれない!」と。うまく真に自信をつけてやることができれば、彼女らしいオトメゴゴロをちょっと見ることができる!?

「アイマス」シリーズ初となる、全選択肢が同じ!? 逆に真にも面白顔をしろ、と言うと……

■ チャンスイベント(雪歩)

 茶柱が2本立った! これは何かラッキーの予感? と思ったら、雪歩に映画の主役の依頼が舞い込んできた。しかし、いつものように? 失敗を恐れて弱気になる雪歩。「あの……あみだ占い、やってもいいですか? いい結果がでたら、私、頑張れるかもしれません」と一言。

あみだをたどる雪歩は、迷曲(?)を口ずさむ。この歌は必聴!! 笑顔を見ることができるか?

■ プロデューサー感謝デー(伊織)

 Aランクアイドルになった伊織。今日まで伊織のことをサポートしてきたアナタに対し、彼女なりに思うところがあったようだ。「というわけで今日は、プロデューサー感謝デーよ! 私の優しさにひれ伏して感謝なさい!」……と。さてアナタはどんな風に感謝してもらいますか?

 各アイドルがランクAアイドルになった時のイベントが、「アイマスSP」で新たに追加となった。ランクAということは、どのアイドルも、プロデューサーであるアナタと何週にもわたって苦楽を共にしてきたはず。それだけに、ランクFやランクEといったプロデュース序盤の頃には見られなかった一面を見ることができる。ランクA追加イベントも、各キャラクターそれぞれにいくつも用意されているという。ここでは新たに追加されたランクAイベントの一部を紹介する。

※ランクA追加イベントで得られる「思い出」は、通常の営業と変わらない。

にひひっ♪という怪しい笑い声からもわかる通り、選択肢の中には怪しいモノが……

■ イメージチェンジ(千早)

 「私のイメージに、変化が必要なんじゃないか、って思っているんです」と、自分の「ストイックで真面目」なイメージを変えることで、より高みを目指そうとする千早。彼女の問いに答え、良いアドバイスをすることができるだろうか?

千早の新しいイメージ……、選択肢の中には適切とは思えないイメージも用意されているが

■ ドラマ出演(春香)

 単発ドラマの主役を引き受けることになった春香。念入りにセリフの練習をしておこう。「あなたのことが、大好きですっ……!」と、思わず赤面してしまうようなセリフ。さらに練習はデートプランの話にまで進展してしまう。

練習とはいえ、一度は言われてみたいセリフだ。最初のデートですることと言えば?


■ 週刊ジャンジャン記者 諸田研 すっぱ抜きスクープ!

 今週のスクープ情報は、メインメニューの最下段にある「オプション」の話。オプションでは、主にゲーム中の各種設定を行なうモード。このモードの中に「ゲーム設定」、「サウンド設定」の更に下に、「オリジナルステージ設定」という項目があるのを発見!!

■ オリジナルステージの秘密に迫る!

 「オリジナルステージ設定」では、TV出演シーンで歌うステージ背景に一種の「書き割り」を立てることができる。「書き割り」は何種類か用意されていて、この「オリジナルステージ設定」で、どの書き割りを立てるかを選ぶことができる。

NORMALに設定すると、通常通りの背景になる この様なグラフィックスを背景に立てることもできる 風景写真を背景に立てることも可能。気分は特撮?

太鼓の達人をバックに、思わずやよいも踊りだす!?
水瀬伊織、ついに世界進出を果たす!?
妖しい背景に、律子もちょっとワルイ女を目指す!?



■ 楽曲を制するものはオーディションを制す?

 ここでは、「アイマスSP」に収録されている楽曲についてを紹介していく。楽曲の選択は、アイドルたちのイメージに寄与するため、慎重に選ぶ必要があるが、お気に入りの曲があるなら、それを貫き通すのもまた一興。

【楽曲説明文+ジャケットアイコン】
太陽のジェラシー
作詞:森由里子 作曲:椎名豪
真夏の太陽の下ではしゃぐ恋人同士を歌った、ハートも焦げてしまいそうな正統派アイドルポップス。主に「ボーカル系」のイメージが上昇する。
Here we go!!
作詞:yura 作曲:Jesahm
元気が良くて前向き、だけどついわがままを言ってしまう女の子の気持ちを歌った、キュートな楽曲。主に「ビジュアル系」のイメージが上昇する。
おはよう!! 朝ご飯
作詞:中村恵 作曲:佐々木宏人
1日の始まりには、何はともあれ朝ご飯!……という、コミカルで楽しい楽曲。主に「ビジュアル系」のイメージが上昇する。
9:02pm
作詞:yura 作曲:Jesahm
ひとりの夜、恋人を想う女性のせつない感情を歌った、大人っぽい スローバラード。主に「ボーカル系」のイメージが上昇する。
蒼い鳥
作詞:森由里子 作曲:椎名豪
孤独な哀しさの中にも力強さを秘めた壮大なバラード曲。高度な歌唱力が要求されるが、主に「ボーカル系」のイメージが上昇する。
First Stage
作詞:中村恵 作曲:佐々木宏人
片想いの彼に気持ちを伝えたいけど、不器用な私はドキドキするばかり……そんな内気な女の子の心を歌った、ハイテンポなポップス。「ダンス系」のイメージが上昇する。
魔法をかけて!
作詞・作曲:神前暁
一見クール、でも本当の心はロマンチック……。そんな女の子の夢を歌った、マジカル・エレポップ。主に「ボーカル系」のイメージが上昇する。
エージェント夜を往く
作詞・作曲:LindaAI-CUEL
夜の街に現われる不思議な存在「エージェント」。その存在と同様に、妖しくミステリアスな楽曲。主に「ダンス系」のイメージが上昇する。
ポジティブ!
作詞:mft 作曲:中川浩二
人生いろいろあるけど、悩んでたってしかたないっしょ〜! 文字通り「ポジティブ!」で元気なポップス。「ビジュアル系」のイメージが上昇する。
THE IDOLM@STER
作詞:中村恵 作曲:佐々木宏人
誰よりも強く、したたかで、誰よりも輝いている存在……。そんなアイドルの姿を歌った、正真正銘の「アイドルソング」。「ダンス系」のイメージが上昇する。
relations
作詞:mft 作曲:中川浩二
アナタと私の関係、アナタとアノコの関係……。そんな中で苦悩する女性の大人びた恋愛を歌ったハードナンバー。主に「ダンス系」のイメージが上昇する。
私はアイドル♡
作詞:中村恵 作曲:佐々木宏人
誰よりも私が1番なんだからね! ……アイドルである自分のためにある自分応援ソング。主に「ビジュアル系」のイメージが上昇する
思い出をありがとう
作詞:中村恵 作曲:佐々木宏人
失恋しちゃったけど、今日で忘れてしまおう。次こそは……そんな女の子の気持ちを歌った前向きポップス。主に「ボーカル系」のイメージが上昇する。
My Best Friend
作詞:uRy 作曲:おおくぼひろし
友達以上、恋人未満の関係だけど、いつかは……。そんな乙女の恋心を歌ったドキドキハッピーなナンバー。「ビジュアル系」のイメージが上昇する。
GO MY WAY!!
作詞:yura 作曲:神前暁
未来に向かって頑張って前へ進もう! そして上を目指そう! 元気たっぷりのノンストップポップス。「ダンス系」のイメージが上昇する。
まっすぐ
作詞:朝日祭 作曲:Yoshi
女の子が大人になるのに必要なこと、それは、まっすぐに突き進む気持ち。ストレートでとても純粋なこの曲は、主に「ボーカル系」のイメージが上昇する。
Colorful Days
作詞:中村恵 作曲:佐々木宏人
人生のキャンバスに自由に絵を描いてみよう。臆さなければ色とりどりの世界が見えるよ。自分への激励ソング。主に「ビジュアル系」のイメージが上昇する。
I Want
作詞・作曲:LindaAI-CUE
キミは選ばれたの、この心が狂喜する悦楽のパートナーにね。さあ跪きなさい! インモラルな恋愛感情を妖しくデンジャラスに歌ったこの曲は、「ダンス系」のイメージが上昇する。
フタリの記憶
作詞:mft 作曲:中川浩二
出会いがあれば、別れもまた……。別れの刻はとうとう来てしまったけど、いつまでも忘れないよ、ずっと……。切なく綴られるミドルナンバー。「ボーカル系」のイメージが上昇する。
キラメキラリ
作詞:yura 作曲:神前暁
フレーフレー頑張れ!! さあ行こう♪ フレーフレー頑張れ!! 最高♪ 心がワクワクしてくるハイテンションで突き進む、自分応援ソング。「ダンス系」のイメージが上昇する。
隣に…
作詞:貝田由里子 作曲:椎名豪
いつも側にいると約束してくれたあなたは、遠くへ旅立ってしまった……。別れを惜しむ悲しい気持ちを、圧倒的なスケールで歌うこの曲は、主に、「ボーカル系」のイメージが上昇する。
目が逢う瞬間
作詞:貝田由里子 作曲:Jesahm
別れてしまったのに、まだ好きなことに気付いた時、あなたはどうしますか? たくさんの思い出が流れ出すようにスピーディーなこの曲は、「ビジュアル系」のイメージが上昇する。
Kosmos,Cosmos
作詞:遠藤フビト 作曲:内田哲也
勇気を出して世界へ跳び出せば、そこには無限の可能性が。近未来的なイメージの中を駆け抜ける、スペーシーでダンサブルなナンバー。主に、「ダンス系」のイメージが上昇する。
いっぱいいっぱい
作詞:中村恵 作曲:佐々木宏人
引っ込み思案な女の子の願いは、誰よりも好きなあなたとお喋りをすること……なんだけど、ね……。溢れ出す想いが止まらない、ファンタジーなポップス。主に、「ビジュアル系」のイメージが上昇する。
迷走Mind
作詞:mft 作曲:中川浩二
孤独にひたすら突き進む時、突然、心の変化に困惑してしまう自分。果たして迷いを振り切ってゴールを目指すことができるのか!? ハイスピードなこの曲は、「ボーカル系」のイメージが上昇する。
スタ→トスタ→
作詞:yura 作曲:おおくぼひろし
双子の星(スター)たちがひとつになったら、ムテキ&ステキ! 底抜けに明るい、元気大バクハツなハッピーチューンのこの曲は、「ダンス系」のイメージが上昇する。



■ 765ショップカタログ第2号で配信されるExtend衣装「カクテルポーリードレス」

 追加DLC第2弾の目玉は、第1弾のポップサウンドブラッサムとはがらりと変わった衣装「カクテルポーリードレス」。衣装をデザインするのは前回同様、杏仁豆腐先生。正面から見ると、貴婦人風の衣装にも見えるが、しかし背中が大きく開き、スカートも切れ上がったデザインは「アイドルとしての衣装」としては魅惑的。同時配信される各種アクセサリーも、この衣装にぴったりマッチするようなものが用意されている。

【「カクテルポーリードレス」】
杏仁豆腐先生のオリジナルデザイン画。デザインの再現度は完璧に近い!!

【カタログ2号配信物】
アイテム種類 アイテム名 値段(円) 説明
衣装 カクテルポーリードレス 1,000 シックな装いのドレスで、おしゃれに決めよう! Extend系の衣装。何のイメージがアップするかはお楽しみ。
衣装 ナイトアンドデイAMCG 500 黒と金をメインカラーとしたCOOL&SEXY系衣装。ダンスイメージがUPする。
衣装 トレーニングウェア 300 どんな時も、いつもジャージで! Extend系の衣装。何のイメージがUPするかはお楽しみ。
アクセ 貴婦人の帽子 200 アクセントの大きな羽根飾りが美しい帽子。ビジュアルイメージがUPする。
アクセ 貴婦人のペンダント 200 胸元にさりげなく輝くペンダント。ビジュアルイメージがUPする。
アクセ 貴婦人の手袋 200 バラの花びらを手の甲にあしらえた手袋。ビジュアルイメージがUPする。
アクセ 貴婦人のアンクル 200 足元を飾るバラの花と大きな羽根が際立つ。ビジュアルイメージがUPする。
楽曲 迷走Mind-春香 150 迷いを振り切りゴールを目指すことができるか!? ハイスピードなこの曲、主にダンス系イメージがUPしそう。
楽曲 迷走Mind-やよい 150
楽曲 迷走Mind-亜美 150
楽曲 迷走Mind-雪歩 150
楽曲 迷走Mind-伊織 150
楽曲 迷走Mind-千早 150
楽曲 迷走Mind-律子 150
楽曲 迷走Mind-あずさ 150
楽曲 スタ→トスタ→-春香 150 底抜けに明るい、元気大バクハツなハッピーチューンのこの曲は、主にダンス系イメージがUPする。
楽曲 スタ→トスタ→-真 150
楽曲 スタ→トスタ→-やよい 150
楽曲 スタ→トスタ→-雪歩 150
楽曲 スタ→トスタ→-伊織 150
楽曲 スタ→トスタ→-千早 150
楽曲 スタ→トスタ→-律子 150
楽曲 スタ→トスタ→-あずさ 150
楽曲 隣に…-春香 150 別れを惜しむ悲しい気持ちを、圧倒的なスケールで歌うこの曲は、主にボーカル系イメージがUPしそうだ。
楽曲 隣に…-真 150
楽曲 隣に…-やよい 150
楽曲 隣に…-亜美 150
楽曲 隣に…-雪歩 150
楽曲 隣に…-伊織 150
楽曲 隣に…-千早 150
楽曲 隣に…-律子 150

【スクリーンショット】



■ Xbox 360 プラチナコレクションに「アイドルマスター ライブフォーユー!」が登場

3月12日 発売

価格:2,940円
   5,040円(限定版「アイドルマスターツインズ」)


 購入しやすい価格の「Xbox 360 プラチナコレクション」に、3月12日、「アイドルマスター ライブフォーユー!」が登場する。価格は2,940円。さらに、すでに発売されている「アイドルマスター(Xbox 360 プラチナコレクション)」を同梱した「アイドルマスターツインズ」も同日に発売される。こちらの価格は5,040円。「アイドルマスターツインズ」のパッケージデザインは、新たに描き起こされたプレミアムパックとなっている。

※「アイドルマスターツインズ」は期間限定生産商品のため、数に限りがあり、なくなり次第終了となる。

【スクリーンショット】



■ THE IDOLM@STER 4th ANNIVERSARY PARTY SPECIAL DREAM TOUR'S!! 開催

 アイマス4周年に向け、PSP「アイドルマスターSP」とCD「MASTER SPECIALシリーズ」を引っさげ、初の4大都市ライブツアーが開催される。なお、詳細とチケット予約情報は、3月6日にアイドルマスター公式Webサイトにて発表されるので、そちらを参照してもらいたい。

■ IN NAGOYA 2009年5月17日(日)
名古屋:CLUB DIAMOND HALL

■ IN OSAKA 2009年5月23日(土)
大阪:なんばhatch

■ IN FUKUOKA 2009年5月24日(日)
福岡:DRUM LOGOS

■ IN TOKYO 2009年5月30日(土)
東京:JCBホール

※詳細発表まで、各会場・関係会社へのお問い合わせはご遠慮ください。

(C) 窪岡俊之 (C)2003-2009 NBGI PROJECT IM@S

□バンダイナムコゲームスのホームページ
http://www.bandainamcogames.co.jp/
□バンダイナムコゲームスチャンネルのホームページ
http://www.bngi-channel.jp/
□「THE IDOLM@STER」のページ
http://www.idolmaster.jp/
□関連情報
【2月20日】バンダイナムコ、PSP「THE IDOLM@STER SP」
オリジナルExtend衣装などの追加DLC第1弾を配信
http://game.watch.impress.co.jp/docs/20090220/imas.htm
【2月18日】バンダイナムコ、PSP「THE IDOLM@STER SP」
発売を記念したイベント企画が盛りだくさん
http://game.watch.impress.co.jp/docs/20090218/imas.htm
【2月13日】バンダイナムコ、PSP「THE IDOLM@STER SP」
バレンタイン壁紙緊急配信決定
http://game.watch.impress.co.jp/docs/20090213/imas.htm
【1月30日】バンダイナムコ、PSP「THE IDOLM@STER SP」
「プロジェクト・フェアリー」が事務所に襲来!?
http://game.watch.impress.co.jp/docs/20090130/imas.htm
【1月19日】961プロ、「THE IDOLM@STER MASTER SPECIAL
961 PRO SECRET EVENT」を開催
「アイマスSP」新情報も公開
http://game.watch.impress.co.jp/docs/20090119/imas.htm
【1月13日】765プロ、「THE IDOLM@STER MASTER SPECIAL
765 PRO SECRET EVENT」を開催
「アイマスSP」初回封入特典が増量に!
http://game.watch.impress.co.jp/docs/20090113/imas.htm
【1月7日】バンダイナムコ、PSP「THE IDOLM@STER SP」
ストーリーモードの詳細とDLC情報を公開
http://game.watch.impress.co.jp/docs/20090107/imas.htm
【2008年12月18日】バンダイナムコ、PSP「THE IDOLM@STER SP」
発売日を2009年2月19日に延期
http://game.watch.impress.co.jp/docs/20081218/imas.htm
【2008年12月1日】バンダイナムコ、PSP「THE IDOLM@STER SP」
物語のテーマである「約束」の情報などを公開
http://game.watch.impress.co.jp/docs/20081201/imas.htm
【2008年10月31日】バンダイナムコ、PSP「THE IDOLM@STER SP」
PSPならではのオリジナルモード「事務所」モードの詳細を公開
http://www.watch.impress.co.jp/game/docs/20081031/imas.htm
【2008年10月11日】「THE IDOLM@STER SP presents 765プロ新曲発表会」開催
765プロ&961プロが新曲を披露! CD先行発売決定!!
http://www.watch.impress.co.jp/game/docs/20081011/imas.htm
【2008年9月1日】バンダイナムコ、PSP「THE IDOLM@STER SP」
新モード「ストーリープロデュース」と961プロ所属のアイドルを紹介
http://www.watch.impress.co.jp/game/docs/20080901/imas.htm
【2008年8月11日】バンダイナムコ、「THE IDOLM@STER SP」
今冬3バージョン同時発売
http://www.watch.impress.co.jp/game/docs/20080811/isp.htm
【2008年7月28日】「Go to the NEW STAGE! THE IDOLM@STER 3rd ANNIVERSARY LIVE」開催
美希、961プロへ移籍!! PSP「THE IDOLM@STER SP」も発表
http://www.watch.impress.co.jp/game/docs/20080728/imassp.htm

(2009年2月27日)

[Reported by 志賀康紀]



Q&A、ゲームの攻略などに関する質問はお受けしておりません
また、弊誌に掲載された写真、文章の転載、使用に関しましては一切お断わりいたします

ウォッチ編集部内GAME Watch担当game-watch@impress.co.jp

Copyright (c)2009 Impress Watch Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.