【Watch記事検索】
最新ニュース
【11月30日】
【11月29日】
【11月28日】
【11月27日】
【11月26日】

バンダイナムコ、PSP「THE IDOLM@STER SP」
ストーリーモードの詳細とDLC情報を公開

2月19日 発売予定(3バージョン同時発売)

価格:各5,040円

 株式会社バンダイナムコゲームスは、2月19日に発売を予定しているPSP用アイドルプロデュースゲーム「THE IDOLM@STER SP(アイドルマスターSP[エスピー]) パーフェクトサン/ワンダリングスター/ミッシングムーン」の最新情報を公開した。

 「アイドルマスターSP」は、個性豊かなアイドル候補生たちから1人のキャラクタを選び、プレーヤーは担当プロデューサーとなって彼女たちをトップアイドルへと教え導く芸能界サバイバルゲーム。第5報となる今回は、765プロ新人プロデューサー心得「復習編」を中心に、ダウンロードコンテンツ(DLC)などの情報を併せてお届けする。


【765プロ新人プロデューサー心得 復習編】

■ 「ストーリープロデュースのおさらい ライバルたち」

 「アイマスSP」のメインモードとなる「ストーリープロデュース」は、アイドル界の最高峰「アイドルアルティメイト」通称、“IU”に挑むモード。このモードでは、IU本選に出場し、ライバルたちを破って優勝することが目的となる。IU本選に進むためには、各ランク毎に決められた期間(ランクアップリミット)内に規定のファン数を集め、かつIU予選オーディションに合格していかなければならない。数々のオーディションに挑戦していくことで、プレーヤーは担当アイドルの気持ちだけでなく、ライバルである961プロ所属アイドルたちの事情を知ることになる。彼女たちもまた、数々の決意・想いを秘めてトップアイドルを目指している。

左から響、美希、貴音
「パーフェクトサン」の春香、やよい、真のライバルは、我那覇響
「ワンダリングスター」の雪歩、伊織、亜美・真美のライバルは、四条貴音
「ミッシングムーン」のあずさ、律子、千早のライバルは、星井美希

 彼女たちが所属するのは、ライバル事務所・961プロ。豊富な資金力を武器に、彼女たちをスターダムへと押し上げていく。961プロの社長・黒井社長は、「トップアイドルになるためには、他の人間との交流を可能な限り絶つことが大切」をモットーにする一方、765プロのことを「変態連中の集まり」と言い、765プロの社長・高木社長のことは「せこくて下劣」と罵っている。黒井社長と高木社長の間には、過去になにかがあったようだ。

【スクリーンショット】
765プロロゴと高木社長シルエット
765プロダクション公式ページ
961プロロゴと黒井社長シルエット
961プロダクション公式ページ
黒井社長の暴言は765プロ所属のアイドルたちを前にしても止まらない。2人の過去に何があったのだろうか。物語が進めば、過去の出来事を知ることができる?


「パーフェクトサン」
【春香と響】
TVで響の活躍をみた春香は、その時から響に憧れに近いものを感じているようでした。しかし、春香の思いは、響に軽くかわされてしまう。「ヘンタイ事務所に所属しているアイドルと話すと、ウチの社長に怒られるからさ」。響は黒井社長の根も葉もない言葉を信じ込んでいる。彼女の誤解を解き、765プロの名誉を回復するため、アナタと春香は、IUを勝ち抜こうと決意する
【やよいと響】
IU予選の日、さすがのやよいも若干力んでいる様子? 落ち着かせるために深呼吸をさせたいけど、そのあまりに可愛いしぐさは、ライバルである響のハートを射止めてしまった!? 「くぅ〜、かわいすぎる〜!」。サーターアンダーギーで餌付けしようとするだけでなく、しまいには黒井社長に「961プロで助けてあげようと」と訴える始末。がんばらないと、響にさらわれちゃうかも??
【真と響】
初対面のときから、ダンスが得意な者同士、話が合う真と響。お互いを高めあうような、良いライバルになれるのでは? しかし黒井社長は、そんな奇麗事は通用しない、と言う。「トップアイドルになるには、他の人間との交流を絶たなければならない」という指示に従い、去っていく響。はたして真は、響に追いつき、正々堂々と競い合えるライバルになることができるのだろうか?

「ワンダリングスター」
【雪歩と貴音】
IU挑戦の雰囲気におびえ、思わずTV局を飛び出してしまう雪歩でしたが、たちの悪いファンに絡まれてしまった。そこに現れたのが貴音。ファンならぬファンもどきを一喝すると、雪歩にも頑張れと声をかえて去っていく。雪歩はそんな彼女に一目惚れ? きちんとお礼を言うためにも、まずは予選を通過しなければ!
【伊織と貴音】
初めてのIU挑戦の日。伊織は多くの報道陣に囲まれる貴音に興味を持ち、いつもの様に猫をかぶり、丁寧な口調で挨拶をする。しかし貴音は、そんな伊織に「時間のムダ」と言い、去ってしまう。何より無視されることが許せない伊織のこと、IU予選を突破して、貴音に自分の名を刻み付けてやるとばかりに闘志を燃やす!
【亜美と貴音】
「むっは〜!! か、かっこいい〜〜!」。それが亜美の、貴音に対する第1印象でした。即、友達になろうとする亜美に対し、「己以外は皆、敵のはず」と返す貴音。しかし、オーディション合格後に再会した亜美は、貴音のあだ名を強引に「お姫ちん」と命名。押しかけ友達となるのでした。果たしてこの先、どうなるのでしょう?

「ミッシングムーン」
【あずさと美希】
IU予選の日。美希に再会したあずさとアナタは、美希のことが心配でいろいろ声をかける。しかし、その息のあった様子に美希が逆ギレ?? 「美希の前で、2人がラブラブしてるってことなの。ありえないカンジ!」。美希はアナタと765プロが嫌いになって飛び出したわけではないようだが、その真意は? そして、彼女の誤解? は解けるのだろうか?
【律子と美希】
初めてIU挑戦の日、美希に再会した律子は早速詰問開始。「どうして移籍なんてバカなマネを、したのっ!?」。律子は美希を心配しているのだが、つい言葉がキツイ口調になってしまう。とりなそうとするアナタに「プロデューサーは、美希と律子、さん、どっちの味方なの!?」。あれあれ、こっちに矛先が向いてきましたよ!
【千早と美希】
IU挑戦の日、アナタと千早の前に美希が現れた。「相談もしないで、急に移っちゃって、ごめんね、千早さん」。しかし美希に対して、千早は厳しい態度を崩すことはなかった。IU予選を前に、あえて「歌のことだけ考えていたい」と語る千早。IUを勝ち抜いていけば、また美希と会うことになる。2人の道が再び交差することはあるのだろうか?


■ 「アイドルアルティメイト」についておさらい

 「アイドルマスターSP」で遊べるモードは、「ストーリープロデュース」、「フリープロデュース」、「事務所」、「アルバム」の4モード。各モードの特徴は以下の通り。

「ミッシングムーン」のメインメニュー画面
「ストーリープロデュース」
 アイドルアルティメイトの優勝をかけてライバルと競い合う、「アイマスSP」のメインモード。961プロのライバルアイドルが登場するほか、ランクアップリミットという制限が付いている。

「フリープロデュース」
 それぞれの目標を目指し、約1年間のアイドルプロデュースを楽しむモード。ランクアップリミットが無く、52週で終了する。ゲーム開始時に「目標設定」をすることが可能となっている。

「事務所」
 アドホック通信機能を使い、最大3人までのプレーヤーが挨拶をかわしたり、名刺を交換したり、余っているアイテムを贈ったりすることができるモード。「通信対戦オーディション」で競いあい、合格したプレーヤー同士でTV出演シーンを同期して流すこともできる。

「アルバム」
 ゲーム中にTV出演した時のフォト(写真)やビデオを鑑賞することができるモード。「アイマスSP」では、各アイドルごとに30枚の写真と30本のビデオをセーブしておくことができる。

「アイドルアルティメイト」の仕組み(予選)

アイドルランク画面
 アイドルアルティメイトで優勝するためには、予選を勝ち抜いていかなければならない。しかし、予選に出場するにも条件がある。右画像は、毎週、高木社長がアナタに見せてくれるはずの「アイドルランク報告」に出てくる「アイドルランク」を表したものである。アイドルランクとは、そのアイドルが芸能界でどのくらいファンに支持されているかを示すもの。TVデビューしたばかりのアイドルは、「ランクF」からのスタートとなる。つまり、三角形の底辺からの始まりとなる。

 アイドルアルティメイト予選は、第1次予選から第5次予選まで5回に渡って開催される。それぞれの予選に出場するには「規定ファン人数」以上のファンを集めなければならない。予選に出場し、見事合格すれば上のアイドルランクにアップされる(ランクFならば、第1次予選を通過することでランクEにアップする)。

アイドルランクF 第1次予選 出場条件 ファン人数1万人以上
アイドルランクE 第2次予選 出場条件 ファン人数10万人以上
アイドルランクD 第3次予選 出場条件 ファン人数30万人以上
アイドルランクC 第4次予選 出場条件 ファン人数70万人以上
アイドルランクB 第5次予選 出場条件 ファン人数100万人以上

 「ランクアップ」には「ランクアップリミット」が設定されているため、ランクアップリミットで指定された「週」までにランクアップできないとプロデュース終了となってしまう。また、アイドルアルティメイトの各予選は1回しか挑戦することができないという。つまり、出場した予選を通過しなければ、そこでプロデュース終了となってしまうということ。

 ただし、プロデュース終了となった場合、リトライでプロデュースを再開することもできるという。リトライを使ってプロデュースに復帰すると、アイドルのイメージはそのままを維持し、思い出(そのランクになった時に持っていた思い出の数+そのランクで獲得した思い出)、ファン人数(そのランクになった時に持っていたファンの人数+そのランクで獲得したファン人数の半分)を得て、そのランクにアップした週の最初からやり直すことができる。

 リトライは何度でも出来るので、なかなかランクアップできないプロデューサーも、何度でも諦めずにリトライしていけば、第5次予選を突破しランクAアイドルを育てることも可能だという。

【オーディション終了とリトライ】
1度もリトライせずにアイドルアルティメイト優勝を達成した優秀なプロデューサーには、ごほうびとしてゲーム終了時になんらかの「トロフィー」を貰うことができるらしい

 アイドルアルティメイトのオーディションでも、オーディションの流れや審査方法は通常のオーディションと変わらない。ただひとつ違うのは、アルティメイトのオーディションでは、「思い出を何回でも使うことができる」ということ(通常のオーディションの場合は、3回まで)。思い出ルーレットで「GOOD」を確実に引くことができるなら、担当アイドルとの思い出を一気につぎ込んで、アルティメイトのオーディションに勝つことも可能だという。

【アルティメイトのオーディション(予選)】
オーディションのアピール回数は全27回なので、全ての思い出を使ったとして上限は「27個」ということになる


「アイドルアルティメイト」の仕組み(本選)

 本選に進んだということは、アナタの担当アイドルはランクAになっているはず。ここまで勝ち抜いてきたアイドルならば、プロデュース期間が残っているうちなら、いつでも本選に出場することができる。ただし、いったんIU本選に出場したら引き返すことはできない。本選では3回連続でオーディションに参加する形となる。1回目の合格枠は3名。2回目は2名。最後の3回目の合格枠は1名で、IUの優勝者となる。

【アルティメイトのオーディション(本選)】
本選に出場すると、途中で営業やレッスンを挟むことができなくなる。本選期間である3週間は事務所には行かず、オーディション会場に直行することになる
予選と同様に、思い出は何度でも使うことができる。IU本選にはライバルのアイドルも出場してくる。ライバルと雌雄を決する最後の場は、IU本選ということになる


 本選の途中で不合格になった場合は、リトライで選べる選択肢が3つになる。

「オーディションに再戦する」
 不合格になったばかりのオーディションに再チャレンジすることができる。思い出が3つアップ、イメージレベルがアップ、テンションがアップするので、諦めずに挑戦を続ければ、いずれは合格することができるかもしれない。

「Aランクのはじめからやりなおす」
 予選までのリトライと同じ形となっている。本選に出場してしまうと、営業やレッスンができないので、しっかりとレッスンして思い出を蓄えてから再挑戦したいときには、この選択肢を選ぶといいだろう。

「活動1週目からやりなおす」
 プロデュースを終了し、1週目からやりなおすことができる。イメージレベルやファン人数は全て初期状態に戻ってしまうが、プロデュース中に得た衣装やアクセサリーは引き継がれる。

【本選でのリトライ】
経験という武器を使い、活動1週目からやりなおすというのもひとつの手である



■ PlayStation Storeでアイドルをドレスアップ! ダウンロードコンテンツ(DLC)について

「765ショップカタログ」は毎月更新される予定
 Xbox 360版「アイドルマスター」では、Xbox LIVEを通じ「765ショップカタログ」から、様々な追加コンテンツを無料、または有料にて配信を行なってきたが、本作「アイドルマスターSP」では、ゲームの発売日(2月19日)と同時にPlayStation Storeを通じ、衣装やアクセサリー、楽曲などの追加コンテンツを配信していくことが決定している。

 しかも、PlayStation Store初の試みとして、ゲームを立ち上げたまま簡単にダウンロードコンテンツを利用することが可能となっている。「アイドルマスターSP」を起動して、最新の「765ショップカタログ」をダウンロードすることで、あとは765ショップカタログから好きなコンテンツを選ぶだけ。インフラストラクチャモードでネットワークに自動的にアクセスし、カンタンに購入することができる。購入したコンテンツはメモリースティックに自動的に保存されるので、そのままプロデュースや事務所で使うことができる。

※コンテンツの購入には、PlayStation Storeのアカウントが必要となる。既にアカウントをお持ちの方は、上記アクセスの際にアカウントを使用してサインアップを行うことで利用可能となる。まだアカウントをお持ちで無い方は、別途、PSPのホームメニュー、またはPS3、あるいはPC経由でアカウントの取得が必要となる。765ショップカタログに興味のある方は、事前にアカウントの準備をしておくことをオススメする。

【第1回DLCの目玉】
今回明らかになった「765ショップ」アイマスSP店。ダウンロードコンテンツの目玉アイテムのひとつとして、「MASTER ARTIST」シリーズの各アイドル専用曲を、全てのアイドル向けに配信することが決定している。つまり、春香の専用曲である「I Want」を千早や雪歩など、他のアイドルに歌わせることができるということ。それぞれの歌がいつ配信されるか、価格などの情報は今度のカタログ内容の発表に期待してもらいたい



■ 12月19日〜1月16日までの期間限定「カスタムテーマ」を配信中

 PSPには「カスタムテーマ」と呼ばれる機能が付いている。これは、PlayStation Spotなどで配信されている「カスタムテーマ」をダウンロードして、ホームメニューで設定を行なうと、ホームメニューの背景やアイコンのデザインが変わるというもの。12月19日〜1月16日の約1カ月間の限定配信となるのは、「アイマスSP ミッシングムーン仕様 限定カスタムテーマ」1点と、765プロアイドル TV出演シーン壁紙」千早・あずさ・律子の計3枚の合計4アイテムとなっている。

【「カスタムテーマ」】
残りの期間まであと僅か。まだカスタムテーマをダウンロード(DL)していない千早・あずさ・律子ファンは、早めにDLすることをオススメする

※入手方法の詳しい情報やPSPの設定方法などについては「PSP インターネットブラウザ オフィシャルサイト情報」を参照してもらいたい。


■ バンダイナムコゲームスと三井住友カードが提携『アイマスVISAカード』を発行!

 株式会社バンダイナムコゲームスと三井住友カード株式会社は、人気家庭用ゲーム「アイドルマスター」のオリジナルカード「アイマスVISAカード」を、2008年11月17日より両社公式サイトで募集中だ。

 「アイドルマスターVISAカード」は、本カードのために新たに書き下ろしたオリジナルデザインカードとなっている。また、特典として「アイドルマスター」オリジナルキャラクタ名刺10種類1セットがもれなくプレゼントされるほか、「ワールドプレゼント」200ポイントで限定アイテム「765プロダクション」プロデューサー名刺(100枚組)」(限定1,000名)に交換できるオリジナルコースも用意しているという。

・アイドルマスター公式サイト:http://www.idolmaster.jp/
・三井住友カード:http://www.smbc-card.com/

※オリジナル限定アイテムは今後も追加予定。
※ワールドプレゼントとは、カードの利用金額に応じてもらえるポイントで、通常買物利用1,000円ごとに1ポイントが貯まる。ポイント累積数に応じて希望の景品との交換や、他社ポイントへの移行ができる。ポイントの有効期間は、獲得月から2年間となっている。

(C) 窪岡俊之 (C)2003-2008 NBGI PROJECT IM@S
※画面はすべて開発中のものです。

□バンダイナムコゲームスのホームページ
http://www.bandainamcogames.co.jp/
□バンダイナムコゲームスチャンネルのホームページ
http://www.bngi-channel.jp/
□「THE IDOLM@STER」のページ
http://www.idolmaster.jp/
□関連情報
【2008年12月18日】バンダイナムコ、PSP「THE IDOLM@STER SP」
発売日を2009年2月19日に延期
http://game.watch.impress.co.jp/docs/20081218/imas.htm
【2008年12月1日】バンダイナムコ、PSP「THE IDOLM@STER SP」
物語のテーマである「約束」の情報などを公開
http://game.watch.impress.co.jp/docs/20081201/imas.htm
【2008年10月31日】バンダイナムコ、PSP「THE IDOLM@STER SP」
PSPならではのオリジナルモード「事務所」モードの詳細を公開
http://www.watch.impress.co.jp/game/docs/20081031/imas.htm
【2008年10月11日】「THE IDOLM@STER SP presents 765プロ新曲発表会」開催
765プロ&961プロが新曲を披露! CD先行発売決定!!
http://www.watch.impress.co.jp/game/docs/20081011/imas.htm
【2008年9月1日】バンダイナムコ、PSP「THE IDOLM@STER SP」
新モード「ストーリープロデュース」と961プロ所属のアイドルを紹介
http://www.watch.impress.co.jp/game/docs/20080901/imas.htm
【2008年8月11日】バンダイナムコ、「THE IDOLM@STER SP」
今冬3バージョン同時発売
http://www.watch.impress.co.jp/game/docs/20080811/isp.htm
【2008年7月28日】「Go to the NEW STAGE! THE IDOLM@STER 3rd ANNIVERSARY LIVE」開催
美希、961プロへ移籍!! PSP「THE IDOLM@STER SP」も発表
http://www.watch.impress.co.jp/game/docs/20080728/imassp.htm

(2009年1月7日)

[Reported by 志賀康紀]



Q&A、ゲームの攻略などに関する質問はお受けしておりません
また、弊誌に掲載された写真、文章の転載、使用に関しましては一切お断わりいたします

ウォッチ編集部内GAME Watch担当game-watch@impress.co.jp

Copyright (c)2009 Impress Watch Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.