【Watch記事検索】
最新ニュース
【11月30日】
【11月29日】
【11月28日】
【11月27日】
【11月26日】

バンダイナムコ、DS「テイルズ オブ ハーツ」
アニメ版とCG版の2バージョン同時発売が決定

2008年12月 2バージョン同時発売予定

価格:未定

 株式会社バンダイナムコゲームスは、2008年12月に発売を予定しているニンテンドーDS用心と出会うRPG「テイルズ オブ ハーツ」の最新情報を公開した。

 「テイルズ オブ ハーツ」は、シリーズではお馴染みのプロダクションI.Gによるアニメーションムービーと、PS2「テイルズ オブ デスティニー」でCGムービーを担当した「白組」のフル3DCGムービーの2種類の異なる映像表現を採用している。そして、「テイルズ オブ」シリーズ初となるアニメバージョンとCGバージョンの2種類のタイトルが同時発売されることが決定した。2バージョンの違いはムービーシーンのみで、物語や登場人物に違いはない。

 第2報となる今回は、新バトルシステム「CNAR-LMBS(コンビネーション エアーリアル リニアモーションバトルシステム)」と、新キャラクタの情報をお届けする。

【オープニングシーン】
【シング】【コハク】
【ヒスイ】【イネス】
アニメーションバージョンのオープニングシーン
【シング】【コハク】【ヒスイ】【イネス】
CGムービーバージョンのオープニングシーン


 本作のバトルシステムは、「テイルズ オブ ファンタジア」で採用された「LMBS(リニアモーションバトルシステム)※」を原点とし、PS2版「テイルズ オブ デスティニー」で高い評価を得た「AR-LMBS(エアーリアル リニアモーションバトルシステム)※」をさらに昇華させた「CNAR-LMBS(コンビネーション エアーリアル リニアモーションバトルシステム)」を採用。PS2版「テイルズ オブ デスティニー」で好評だった技の空中発動やスピーディで爽快な戦闘が楽しめることはもちろん、「コンビネーション」の名の付く通り、本作では戦闘に参加していないパーティキャラクタを援護キャラクタとして戦闘に参加させることができるという。

※LMBS(リニアモーションバトルシステム)
 PRGのバトルシステムが「コマンド式」が多かったなか、「テイルズ オブ」シリーズ第1作目となる「テイルズ オブ ファンタジア」に導入されたバトルシステム。格闘ゲームのような特徴を持ったLMBSは、その後の「テイルズ オブ」シリーズには欠かすことができないバトルシステムとなった。

※AR-LMBS(エアーリアル リニアモーションバトルシステム)
 PS2版「テイルズ オブ デスティニー」で採用された「AR-LMBS」は、2Dで描かれたキャラクタ達がバトルフィールドの地上から飛び出し、空中での技の発生や連続コンボが可能になった。これにより、2Dの特性を生かしたスピーディな戦闘が爽快感を生み、「2D最高峰の戦闘システム」との呼び声も高い。


【空中技】
これまでの技と術を使ったバトルに加え、空中技とコンビネーションが新たに導入となった


 本作は「テイルズ オブ」シリーズの多くが採用してきてた「TP(テクニカルポイント)」を廃止し、新たに「EG(エモーショナルゲージシステム)」と呼ばれる新システムを採用している。「EG」は、PS2版「テイルズ オブ デスティニー」の「CC(チェインキャパ)」をベースに、自由に、かつ戦略的に技や術を連続して発動・行動しつつ、さらに“キャラクタの感情”をプラスしたシステム。このゲージを消費することで、戦闘中にさまざまな行動を連続して行なうことができるという。また、戦闘中のさまざまな要因でゲージが増減し、それにより「リスク」、「リターン」が生じる。

 「EG」は2重のゲージになっておりゲーム開始時は数値に置き換えると最大値が100、ゲージ1重が50を意味している。戦闘開始時は50の状態が基準値となる(戦闘終了後は次の戦闘に引き継がれる)。「EG」が多い時は、通常より多く連続して行動することができるという長所を持っているが、被ダメージが通常より大きくなるという短所を持っている。逆に「EG」が少ない時は、連続して行動することが通常より減りという短所を持つが、被ダメージが通常より小さくなるという長所を持っている。また、「EG」は一連の連携後に毎回一定量回復(専用キャラステータス)する。

 戦闘中の仲間との信頼度を表し、非戦闘キャラクタの援護(コネクトコマンド)を使用するため必要な「CG(コンビネーションゲージ)」は、「CG」を消費することで非戦闘キャラクタの援護攻撃を敵に仕掛けることができる。各キャラクタ同士で、特定の技が組み合わさるとより強力な攻撃が発動する「合体技」も存在する。仲間を助けるような行動をすることで「CG」は増加する(アイテムを使ってあげることもできる)。

【援護攻撃】
「CG」はゲーム開始時には、最大100から開始し、ゲームの進行と共に最大300まで増加する。ゲーム中でのゲージ表示は100単位で、3重ゲージで表されている


敵の弱点属性を知るアイテム「スペクタクルズ」は本作でも健在か!?
 本作に登場する敵キャラクタには弱点(属性を持つ敵)を持っているタイプもいる。敵キャラクタの弱点属性が付加された技・術で攻撃を行なうと通常より多くのダメージを与えることができる。属性の種類は「斬、打、射」の3つの物理属性と、「火、水、地、風、光、闇」の6つの思念属性、合計9つの属性が存在する。

 また本作は、PS2版「テイルズ オブ デスティニー」で採用されていた属性連携を導入している。属性連携とは、敵の弱点属性が付加された技・術で攻撃し、次に別の属性の付加された技・術で攻撃を行なうことで、さらにダメージや命中率、クリティカル率がアップする効果を持ち、プラスされた状態は連携が終了するまで保持されるというもの。弱点属性が複数ある場合でも、最初の判定は1回のみで、以降は弱点でも属性連携判定となる。


【登場キャラクタ】

■ ヒスイ・ハーツ(Hisui Hearts)

『言っとくがな、ウチの妹に手ェ出したら……殺すからな』

年齢:18歳
性別:男性
身長:184cm
体重:70s
CV:松風雅也

 コハクの兄。幼くして身寄りを亡くしたせいで、過剰なまでに妹のコハクを守らねば、という意識を持っている。雑な外見や冷めた言動は逆に、根は非常に頑固で熱血な性格。

【ヒスイ・ハーツ】


■ イネス・ローレンツ(Innes Lorenz)

『まぁ、胸の大っきな美人だなんて…… よく言われるのよね♪』

年齢:24歳
性別:女性
身長:168cm
体重:54s(自称)
CV:伊藤 静

 優しげに微笑みながらも、身のこなしにも発言にも全く隙がない、運び屋『日々寧日』の女社長(一人商店)。常識外れの怪力とグラマーな体型が特徴。貴重な筈の「ソーマ」を商品として扱っているようだが……!?

【イネス・ローレンツ】


(C)いのまたむつみ (C)2008 NBGI
※画面は開発中のものです。
本製品はCGムービーエディション・アニメムービーエディション共にムービーシーン以外のゲーム内容は同じです。

□バンダイナムコゲームスのホームページ
http://www.bandainamcogames.co.jp/
□テイルズ オブシリーズ公式サイト「テイルズチャンネル」
http://namco-ch.net/taleschannel/
□「テイルズ オブ ハーツ」のページ
http://namco-ch.net/talesofhearts/
□関連情報
【7月23日】バンダイナムコ、DS「テイルズ オブ ハーツ」
2種類の表現で紡ぐ「テイルズ オブ」最新作登場
http://game.watch.impress.co.jp/docs/20080723/toh.htm
【7月7日】バンダイナムコ、「2008年度 『テイルズ オブ』シリーズラインナップ発表会」を開催
来年3月までに3タイトル、2009年度に1タイトル開発中
http://game.watch.impress.co.jp/docs/20080707/tol.htm

(2008年9月2日)

[Reported by 志賀康紀]



Q&A、ゲームの攻略などに関する質問はお受けしておりません
また、弊誌に掲載された写真、文章の転載、使用に関しましては一切お断わりいたします

ウォッチ編集部内GAME Watch担当game-watch@impress.co.jp

Copyright (c)2008 Impress Watch Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.