【Watch記事検索】
最新ニュース
【11月30日】
【11月29日】
【11月28日】
【11月27日】
【11月26日】

バンダイナムコ、登場キャラクタなどの情報を一挙公開
PSP「テイルズ オブ ザ ワールド レディアント マイソロジー2」

1月29日 発売

価格:5,200円

CEROレーティング:A (全年齢対象)

 株式会社バンダイナムコゲームスは、1月29日に発売を予定しているPSP用君のためのRPG「テイルズ オブ ザ ワールド レディアント マイソロジー2」の最新情報を公開した。

 「テイルズ オブ ザ ワールド レディアント マイソロジー2」は、2006年12月に発売され好評を博した「テイルズ オブ ザ ワールド レディアント マイソロジー」の続編となるタイトル。本作の魅力は、同社の人気RPG「テイルズ オブ」シリーズに登場するキャラクタが総勢50人以上も登場することにある。そこで今回は、登場キャラクタの情報を中心に、新たに判明した要素など、盛りだくさんの内容でお届けする。

 オリジナルキャラクタを作成する上で、はじめに選択できるクラスが前作より増え、本作では7つのクラスを最初から選ぶことができる。各クラスによって得意とする能力は異なるので自分のプレイスタイルにあったクラスを選ぶといいだろう。また、基本職業には無い上位クラスも存在する。上位クラスは、何か条件を満たすことで転職が可能になる。

【基本職業(クラス)】
【戦士】
斧を使った肉弾戦を得意とするクラス。太刀筋は荒いものの、一撃の威力は高く前線での戦力としては期待ができる。
【盗賊】
一撃の威力は低いものの、身軽で隙のない連続攻撃を得意とするクラス。敵からアイテムを盗むなど、他のクラスにはない特殊な技を持つ。得意武器は短剣。
【僧侶】
回復やステータス強化の術を得意とするクラス。パーティでの活躍を期待されるクラスではあるが、単独でも自己回復などが可能なため、持久力は高い。
【魔術師】
攻撃術を得意とするクラス。肉弾戦闘には向かないクラスだが、術による攻撃力は他のクラスよりも高い。
【剣士】
剣を使った剣術のみに特化したクラス。戦士に比べ剣術に特化した分、柔軟性のあるバランスのよい戦闘スタイルが特徴となっている。
【格闘家】
己の肉体を駆使して戦う『格闘術』を極めたクラス。体術を基本とするため、戦士や剣士などと比べると、重装備はできないものの、機動性は高い。
【狩人】
弓を使った遠距離攻撃を得意とするクラス。肉弾戦は得意としないものの、遠距離からの必殺の一撃はパーティにおいて心強い存在となる。
上位職業(クラス)
【双剣士】
盾を捨て、二刀流を駆使する亜流の剣士。両手に2本の剣を装備することで、手数の多さによる圧倒的な攻撃力を誇る。左右で別の属性の剣を装備することも可能。
【モンク】
気の力による回復やステータス強化の技で自分や仲間のサポートをしつつ、接近戦では鍛え上げた肉体を駆使し、格闘術を使うことで前線での活躍も期待できる。
【大剣士】
両手持ちの大剣を装備し、通常の剣士よりも高い攻撃力を備えたクラス。両手で剣を扱うため、盾を装備することはできないが、攻撃力に関してはその犠牲を補うに足りる。
【海賊】
海の荒くれ者・海賊。素早いナイフ捌きの技と、連射可能な銃攻撃を兼ね備えている。近距離攻撃と遠距離攻撃をこなす両タイプ。
【聖騎士】
僧侶の回復術に加え、剣技によるフォローで前線にいながら周囲を補助する能力をもった守護剣士。その力は敵を倒す為ならず、仲間を守る為に存在する。

【上位クラス】
大剣士 海賊 聖騎士


 戦闘シーンは、戦闘AIの改善によりパーティメンバーが、よりアグレッシブに攻撃を行なうようになった。一部のクラスは攻撃モーションの見直しにより前作よりスピーディーな戦闘が可能になったという。さらに、術技のTP消費量も軽減され、より多くの技を繰り出すことが可能となり、術技を駆使した派手な戦闘を楽しむことができるという。

 また、「テイルズ オブ」シリーズではお馴染みの術技のショートカットキーも強化が施され、「スロットシステム」と呼ばれるシステムを採用している。このシステムは、方向キー4パターンに定義された術技を3パターンのスロットに定義することができ、戦闘中にLボタンを押すことでスロットを切り替えることができる。これにより、最大12の術技をスピーディーに切り替えて使うことができるようになった。

【「スロットシステム」】
方向キーは、ニュートラル、上、下、左右の4方向に分けられている。各方向に術技をセットすることで、戦闘中に術技ボタン+方向キーを押すとセットした術技を繰り出すことができる


インフィニティジャム中は、敵の動きが止まり無防備となる
 仲間との連携攻撃「インフィニティジャム」は、オーバーリミッツ中に発動することができるようになった。ゲージがなくなるまでRボタンで操作キャラクタを切り替え、できる限りの攻撃を繰り出すことが可能。

 また、前作では同系列の技を連続して繰り出すことができなかったが、本作では同系列の技の制限が廃止となった。このため例えば、魔神剣→魔神剣・双牙→魔神連牙斬といったコンボが可能になった。

 本作は、「テイルズ オブ イノセンス」で採用され、好評だった「作戦行動システム」を搭載している。作戦行動システムは、7種類の基本行動と全40種類の優先行動を設定し、オート戦闘キャラクタの戦闘行動をカスタマイズすることができる。

【「作戦行動システム」】
作戦行動はI〜Vまでの優先順位をつけて設定することができる。優先行動は、初期所持以外のものはグレードショップで購入することができるという


 秘奥義の再現度がパワーアップし、カットインによる演出とど派手なエフェクトで敵に大ダメージを与えることができる。カットインは全てプロダクションI.Gによる描き下ろしとなっている。

【秘奥義】
ガイの秘奥義「鳳凰天翔駆」
ファラの秘奥義「火龍炎舞」


 「テイルズ オブ」シリーズではお馴染みの闘技場も用意されている。闘技場では「ボス1体との対決」、「ボス複数体との対決」、「テイルズキャラクタとの対決」の3種類の戦闘を楽しむことができる。

【闘技場】
闘技場は戦闘に特化したモード。バトル前に戦闘中のBGMまで選ぶことができる


 冒険の拠点となるバンエルティア号には、さまざまな機能が用意されている。それぞれの機能を利用する際には、「食堂」ならパニール、「機関室」ならチャット、といったように特定のキャラクタに話しかけることで機能を利用することができる。

【バンエルティア号の内部で利用できる機能】
食堂 「装備を預ける」、「装備を取り出す」 武器防具を預けることが可能。手持ちの武具がいっぱいになっても、パニールに預けておくことができる。
「アイテムを引き取る」 連動サイトで配信された無料アイテムをインポートして受け取ることができる。
「貴重品」 特定のクエスト報酬で貰うことができる展開可能な貴重品を受け取ることができる。例えば、R戦士装備一式→ウォーリアアクス、ウォーリアバックルなど、複数の装備品として展開されるタイプのアイテムを受け取ることができる。
機関室 「依頼を確認する」 ギルドに依頼されたクエストを受諾することができる。
「パーティ編成」 「テイルズ オブ」シリーズキャラ、NPCキャラとパーティを組むことができる。連動サイトを利用すれば、ダウンロード傭兵キャラも勧誘が可能。
「評価を確認する」 船内にいる「テイルズ オブ」シリーズキャラからの信頼度による評価を確認することができる。
「転職する」 初期職業には、いつでも転職が可能。特定の職業レベルを上げることで上級職への転職も可能になる。
ショップ ※ストーリーの進展に伴って品揃えが変化する 武器防具屋 武器、防具の購入売却ができる。
道具屋 道具、食材の購入売却が可能。
グレードショップ 装飾品、素材、レシピなどがグレードポイントと交換することができる。
操舵室
ファラ、キール、リッドが待機している。操舵輪を使えば、ワールドマップへ移動することもできる
ゲストルーム
バンエルティア号に乗り込んだメンバーが待機している場所。
その他の部屋
屋外の甲板と、バンエルティア号の玄関口であるホールがある。

【バンエルティア号の改造】
【第一段階】【第二段階】
物語序盤は近海にしか進めないが、ストーリーが進むと改造され、内陸への移動も可能となる。改造にあわせて、部屋の数も多くなるという
【バンエルティア号内部】
食堂 機関室 ショップ
操舵室 ゲストルーム ホール


 ダンジョン内には、さまざまな仕掛けが用意されている。各ダンジョンには「精霊の欠片」と呼ばれるアイテムがあり、ダンジョンごとに10種類用意されている。全て集めると、各ダンジョンの奥底にある緑色の宝箱の仕掛けに挑戦することができるようになる。この挑戦を見事クリアすることで、ごほうびを手に入れることができる。

【「精霊の欠片」】
気になるごほうびは「戦闘BGM」。中村氏の曲に加え、桜庭氏、椎名氏の新規戦闘曲をオプションで自由に変えられるようになる(通常戦闘曲、ストーリー戦闘曲、中ボス戦闘曲など)。つまり、各ダンジョンの仕掛けをクリアしていけば、選べる戦闘曲が増えていくことになる


 本編を1度クリアした後は、お楽しみ要素として「テイルズ オブ」シリーズ特典DVDでお馴染みの「テイルズ・オブ・ゴールデンビクトリー」が用意されている。「ゴールデンビクトリー」は、ゼロスとジェイドが司会のトーク番組風スキット。複数話からなるクエストを楽しむことができるという。

【「テイルズ・オブ・ゴールデンビクトリー」】
ファン待望の「ゴールデンビクトリー」が遂にゲーム化。毎回ゲストが変わり、面白ネタ満載!!


【世界について】
■「世界樹」とは……

大地を生み、育み、世界を造る超生命体「世界樹」。
世界中は全てを構成するエネルギーである「マナ」を作り出し、
また人々が生み出したネガティブな想念「負」を浄化しマナへと還元する。

■「ラルヴァ」とは……

世界樹の生み出すエネルギー「マナ」が枯渇し始め、
その代替エネルギー「ラルヴァ」がマナの痩せた土地に住む貧困層に急速に広まりつつある。
「ジャニス」によれば、自然界から生成される無害なマターだが、
公開実験により、山をも吹き飛ばす威力を持っていることが明らかになる。
しかし、生成方法や性質について未知の部分を多く残したまま使用されており、
安全性が確認できていない。そこで、リフィルたちが実態を突き止めようとギルドで調査を始める。




【登場キャラクタ】
【オリジナルキャラクタ】
ジャニス ジャニスの助手
■ ジャニス CV:遠藤守哉
 ラルヴァを生成、発見した科学者。いわゆるトンデモ学者系。カタカナ英語が混じる独特の口調。学会から異端視されており、誰からもまともに相手をされなかったためか、ゴーイングマイウェイな性格。「ラルヴァ」を、マナに代わる次世代エネルギーと提唱し、文明の衰退を避けるために、普及させようとしている。

■ ジャニスの助手 CV:高戸靖広
 ジャニスの助手を務める。まだ11歳で、そこそこ頭のいい科学好きの少年。世間での経験が少ないためか、ジャニスを偉大な科学者だと心酔し、自分は助手という大役を任されていると自認している。


【「テイルズ オブ」キャラクタ】
【ミント・アドネード (Mint Adnade)】
故郷のロゼット村のギルドメンバーで、人々の助けになるように働いていた。マナ信仰者として、僧籍に身を置いていた。控えめでおとなしい性格だが、芯が強く気丈な一面も持っている。登場作品:「テイルズ オブ ファンタジア」

【リリス・エルロン (Lilith Aileron)】
スタンの妹。民間人だったが、勝手に家を出て行った兄を追いかけ、バンエルティア号までやってきてしまう。性格は明朗快活で、人懐こい。ブラコンの気がある。登場作品:「テイルズ オブ デスティニー」

【キール・ツァイベル (Keel Zeibel)】
ファラに無理やり付き合わされて、バンエルティア号に乗っている。 しかし、本人としては大学の修士論文の研究調査も兼ねて、船に乗っているつもり。 知識や謎を解説するのが得意で、ギルドのブレーン。登場作品:「テイルズ オブ エターニア」

【カイル・デュナミス (Kyle Dunamis)】
異世界からの来訪者。時間旅行に失敗し、目的地ではないグラニデに不時着してしまう。ナナリーに拾われ、元の世界に戻るため、アドリビトムへ預けられる。平穏や退屈が嫌いで、常に新たな刺激を求めており、熱中すると他のことが全て目に入らなくなる性格。また、後先を考えずに行動してしまう悪い癖がある。登場作品:「テイルズ オブ デスティニー2」

【リアラ (Reala)】
異世界からカイルと共にやってきた少女。カイルと共にナナリーに助けられアドリビトムに預けられる。好奇心旺盛で明るい性格だが、真面目で責任感が強すぎるのがたまにキズ。登場作品:「テイルズ オブ デスティニー2」

【コレット・ブルーネル (Collet Brunel)】
ナパージュ村の出身で、リフィルの生徒。世界樹を奉じる神官「神子」であり、戦闘時には背中に2枚の羽が出現する。普段はドジでぼんやりしたおっとり型の少女。登場作品:「テイルズ オブ シンフォニア」

【マオ (Mao)】
ユージーンの従卒で父親同然に慕っている。記憶喪失である。 冗談好きで明るく活発な性格で、即興の歌を歌うのが好き。登場作品:「テイルズ オブ リバース」

【クレア・ベネット (Claire Bennett)】
ヴェイクと幼なじみの一般市民。ガレット村に人が住めなくなったため、ヴェイク達と共にアドリビトムに身をよせる。何に対しても前向きな性格。登場作品:「テイルズ オブ リバース」

【クロエ・ヴァレンス (Chloe Valens)】
「義を見てせざるは勇なきなり」の精神で、何も考えずトラブルに頭を突っ込んでしまう。そのため、別のギルドでトラブルを起こし、アドリビトムに移ってきた。幼い頃、両親を殺され、取り潰しになった騎士の家筋。ヴァレンス家復興の為に奔走している。登場作品:「テイルズ オブ レジェンディア」

【ジェイド・カーティス (Jade Curtiss)】
グランマニエ皇国陸軍大佐。護衛するルークが外遊中にテロリストに襲撃され、バンエルティア号に保護された。アドリビトムのリーダーはチャットだが、実質はジェイドがほぼサポートする形で仕切っている。登場作品:「テイルズ オブ ジ アビス」

【アッシュ (Asch)】
僧院で育てられた戦士。自分以外の誰も信じていない乱暴者であり口は悪く態度も大きく、おまけにやさぐれている。現在はある人間の命を狙って活動している。登場作品:「テイルズ オブ ジ アビス」

【ルビア・ナトウィック (Rubia Natwick)】
神学校に入学するために旅行中だったが、お金が足りず、バンエルティア号に乗せてもらいアルバイト中。幼馴染のカイウスとは、しょっちゅう口げんかをする。登場作品:「テイルズ オブ ザ テンペスト」

【ルカ・ミルダ (Ruca Milda)】
普通の少年だったが、突如不思議な力に目覚める。そのため、故郷から異質の存在だと見られ、身を隠すためにバンエルティア号に乗っている。成績優秀な優等生タイプだが、いつもからかわれる内気な性格。登場作品:「テイルズ オブ イノセンス」

【エステル (Estelle)】
とある国のお姫様。やんごとなき事情のため、ユーリと共にバンエルティア号にかくまわれている。身分を隠しているが、振る舞いからすぐに高貴な身分であることがバレてしまう。登場作品:「テイルズ オブ ヴェスペリア」



【オープニングムービー】
オープニングアニメーションは、シリーズお馴染みのプロダクションI.Gが製作


(C)いのまたむつみ (C)藤島康介 (C)NBGI
※画面は開発中のものです。

□バンダイナムコゲームスのホームページ
http://www.bandainamcogames.co.jp/
□テイルズ オブシリーズ公式サイト「テイルズチャンネル」
http://namco-ch.net/taleschannel/
□「テイルズ オブ ザ ワールド レディアント マイソロジー2」のページ
http://rm2.namco-ch.net/
□関連情報
【7月23日】バンダイナムコ、「テイルズ オブ」キャラクタ大幅追加
PSP「テイルズ オブ ザ ワールド レディアント マイソロジー2」
http://game.watch.impress.co.jp/docs/20080723/pm2.htm
【7月7日】バンダイナムコ、「2008年度 『テイルズ オブ』シリーズラインナップ発表会」を開催
来年3月までに3タイトル、2009年度に1タイトル開発中
http://game.watch.impress.co.jp/docs/20080707/tol.htm

(2009年1月5日)

[Reported by 志賀康紀]



Q&A、ゲームの攻略などに関する質問はお受けしておりません
また、弊誌に掲載された写真、文章の転載、使用に関しましては一切お断わりいたします

ウォッチ編集部内GAME Watch担当game-watch@impress.co.jp

Copyright (c)2009 Impress Watch Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.