【Watch記事検索】
最新ニュース
【11月30日】
【11月29日】
【11月28日】
【11月27日】
【11月26日】

バンダイナムコとコロムビア、「『アイドルマスター ライブフォーユー!』
新曲発表 Live For Press」を開催

1月18日 開催

会場:バンダイナムコゲームス本社

【アイドルマスター ライブフォーユー!】

2月28日 発売

価格:9,800円(数量限定オリジナルアニメDVD同梱版)
   7,140円(通常版)


 株式会社バンダイナムコゲームスと、株式会社コロムビアは、2月28日に発売予定のXbox 360用アイドルLiveコーディネーターソフト「アイドルマスター ライブフォーユー!」(以下L4U!)のプレス向け発表会となる「『アイドルマスター ライブフォーユー!』新曲発表 Live For Press」をバンダイナムコゲームス本社にて開催した。

 もはや「アイドルマスター」について改めて説明をする必要はないと思われるが、挨拶に登壇したバンダイナムコゲームスの鵜之澤 伸氏によれば、11月に発売されたプラチナコレクション(3万本)とあわせ、Xbox 360版は10万本を出荷(2008年1月現在)。さらに、度々話題となっているダウンロードコンテンツは120万ダウンロードを数え(2008年1月現在)、Xbox Liveのダウンロードコンテンツの中では世界第3位(2007年9月時点)の実績を誇る。売り上げは3億円を突破したという(2008年1月現在)。日本におけるXbox 360タイトルの中でもその存在感は確実なものになっているといえるだろう。また、ゲームと関連商品の市場規模は60億円に到達したと報告された(AC版、Xbox 360版、DLC、ライセンス商品などの売り上げ合計)。

Xbox 360版、アーケード版の「アイドルマスター」の実績が紹介された


【数量限定オリジナルアニメDVD同梱版】
左上より「豪華87ページパンフレット」、「ピクチャーレーベルオリジナルアニメDVD(映像特典付)」、「ゲームソフト」、「きらきらスリーブ」。右下のパッケージのデザインは通常版と同様のものになる、ディスクケースは2枚組み仕様(特典DVDが付属するため)となる



■ 「ライブをプレーヤーが応援する」ファン視点をゲーム化した「L4U!」

「L4U!」は、ライブをコーディネートすることに主眼が置かれているようだ
 そんな「アイドルマスター」の最新作となる本作は、アイドルLiveコーディネーターソフトとして登場する。前作のTV出演シーンをもっと手軽に、さらに自由に楽しめることが主眼となっている。今回の発表会で、その核となるライブシーンが実際に実演された。

 歌う楽曲、そして歌うステージ、アイドルたちの衣装やアクセサリーを自由に組み合わせることが可能になっている。前作ではキャラクタによって戦略上選択しにくかった曲などがあったので、そういった不満も解消されるだろう。

【スクリーンショット】
画面は一新されているが、使い勝手などは前作を踏襲していると思われる


難易度EASYでの「声援」
難易度MIDIUMでの「楽器応援」
タイミングをはずしてばかりいると、「アクシデント」が起こる?
 ライブでは、今回プレーヤーはアイドルたちを「応援」する形をとる。前作のTV出演シーンと似ている画面レイアウトだが、プレーヤーが意図する審査員へのアピール(対応ボタンをリズムに合わせて任意に押す)ではなく、右からバーの上を流れてくるアイコンが左のマークに重なるときに、対応するボタンを押す、という方式になっている(アイコンの数やタイミングで難易度を変化させており、少なくとも難易度は3つ以上はあるようだ)。

 この際、それぞれのボタンにあわせて「Fu-!(←)」、「Yeah-!(→)」、「Fuwa!(X)」、「FuFu-!(Y)」、「Hai!(B)」、「Handclap(A)」の6つのいずれかを入力すると、ライブで合いの手を入れるように効果が入る(声援の場合)。リズムアクションゲームでは楽器の一部を演奏するというものが一般的だが、今回はライブに参加するファンとなって、アイドルたちを応援するというスタンスの違いが新鮮だ。

 ボタンを押すタイミングによって、「PERFECT」、「GOOD」、「NORMAL」、「OK」といった判定がなされ、ジャストタイミングに近づけば近づくほど得点が高くなり(ジャストタイミングでは「PERFECT」)、さらに連続でOK以上の判定をもらえばコンボになる。このあたりはまさに同社の「太鼓の達人」をほうふつとさせる作りだ。どんどん高判定を続けていけば、会場のボルテージが上がっていく。一定以上のボルテージを確保できればそのステージはクリアとなり、好成績を残せば、アイドルたちからボイスメールがもらえる。また、成績に応じて衣装やアクセサリが手に入ったりもするようだ。

【スクリーンショット】
ソロ、デュオ、トリオまでを同時に出演させることができるのは前作同様


 さて、ステージクリアに成功すると見られる、AC版から連綿と引き継がれているライブシーンだが、今回はカメラを細かく指定できるほか、フェードイン/アウトの効果も自分で設定できる。当然、自分でこつこつ作り上げた力作は、リプレイを保存し、Xbox Live経由で他のユーザーに見せることが可能。前作のランキングでのリプレイはユーザーとキャラクタの項目と、リプレイシーンがリンクしていなかったりすることもあったという不満が解消される形になっている。本作の制作プロデューサーである坂上陽三氏は、このカメラ機能に関して、「ふとした瞬間のアイドルたちの表情も楽しんでいただきたい」と語っていた。

【スクリーンショット】
リズムアクション中はじっくり見られなかったアイドルたちのライブシーンを、リプレイで堪能できる(左)。今回はカメラの指定もパートごとに細かくできるうえ、フェード効果も選択できる(中)。撮影モードで写真を撮影できるのは前作と同じ(右)
左より、カメラ(LONG)、(MID)、(UP)の3つのカメラアングル


 会場では、「アイマス」の“神”こと、秋月律子役の若林直美さんが実際にこのライブシーンをプレイ。リハーサルから2度目のプレイという話(後の取材で明らかにされたことだが)だったが、「魔法をかけて!」で2,599pts、約75%のテンションで無事ライブを終了できた(同じ難易度でのオールパーフェクトのテンションは100%を越える)。

若林さんのプレイ。なかなかいい調子でプレイできていた

 そして、本作では、音無小鳥がついにゲーム初登場となる。765プロの事務を担当し、公式サイトでの活躍をはじめ、イベントではアナウンスを担当する彼女は、本作ではライブの結果告知などを行なってくれるほか、会話シーンも多数登場するようだ。音無小鳥役の滝田樹里さんは、イベントの司会を務めてくれたが、「L4U!」ではセリフの収録数が一番多く、「収録中にのどが渇いた」とコメントしてくれた。小鳥さんの活躍に期待したいところだ。

【スクリーンショット】
小鳥さんとの会話シーンがいろいろ用意されている


【スクリーンショット】
数量限定のオリジナルアニメも一部が上映された。765プロ感謝祭のライブを明日に控え、それぞれ帰宅するアイドルたち。しかし如月千早は「納得いかない」と個人レッスンを自分に課す。それがまさか、春香・美希を巻き込んだあんな騒ぎに発展しようとは……といったストーリーになっている



■ DLCで新曲配信! 前作のデータは引き継げないが、新DLCに前作アイテムが付属

バンダイナムコゲームスの坂上陽三氏(左)、コロムビアミュージックエンタテインメントの植村俊一氏(中)、バンダイナムコゲームスの石原章弘氏(右)によって、ダウンロードコンテンツなどの紹介が行なわれた
 「L4U!」では、前作で話題となったダウンロードコンテンツ(DLC)もよりいっそう充実している。新たな衣装、アイテムはもちろんのこと、3月から毎月1曲ずつ、新曲のデータもダウンロードコンテンツとして登場する。1曲目となる「shiny smile」は、3月26日より配信。予約特典である「新曲ダウンロードカード」に記載されたコード入力により、無料ダウンロードできる。第2弾以降の新曲、リミックス曲の配信は、通常のDLCと一緒で、マイクロソフトポイントを購入し、毎月配信される「カタログ」よりダウンロードして購入する形となる。

 気になるのは、前作のデータ(セーブデータやダウンロードコンテンツ)を引き継げるのか、ということだが、「L4U!」に前作のデータの引継ぎはできない。坂上氏いわく、「複雑なことをやっているため引き継げなかったが、『L4U!』のダウンロードコンテンツに、前作のDLC衣装やアクセサリーをスペシャル特典としてダウンロードさせる、という形をとりたい」という。たとえば、「アイドラ」をダウンロードした場合、それに登場する衣装やアクセサリーがダウンロードできるという(これはあくまで一例で、この組み合わせが必ず実施されるとは限らない)。1アイテムの価格は前作同様で、複数のアイテムが手に入るということになりそうだ。ただ、前作のDLC衣装やアクセサリーがすべてダウンロード可能になるかどうかは明らかにされなかった。

 新曲に関しては、サウンドデータだけでなく、モーションデータや新曲にあわせたプログラムなどをまとめて配信するようだ。11人のボイスデータと楽曲データだけでも相当大きそうだが、いわゆるレジストキーを配布して、ゲームディスクの中のデータを開放するという形ではないので、ブロードバンド必須のXbox Liveとはいえ、ダウンロードにはそれなりに時間を要すると思われる。DLC楽曲の価格はまだ調整中ということで、1曲あたりいくらになるのかは明らかにされなかった。


■ CDをはじめとした関連商品も歩調をあわせて多数展開

「THE IDOLM@STER MASTER LIVE 00」のジャケット
 今回、この楽曲制作にコロムビアエンタテインメントがさらに深く関与している。音源制作の段階からコロムビアとバンダイナムコゲームスで共同作業が進行しており、DLC楽曲に関しても、CDとDLCが歩調をあわせて発売(配信)される。

 CDは、いわゆるフルコーラスの「M@STER VERSION」となっており、新曲1曲目の「shiny smile」は、完全限定初回生産の「THE IDOLM@STER MASTER LIVE」シリーズのファーストCD「00」として、2月13日(ゲーム発売前)に収録されてリリースされる。天海春香、如月千早、秋月律子のトリオが担当する「shiny smile」(作詞:朝日 祭、作曲:NBGI(Yoshi))だけでなく、CDオリジナル新曲「バレンタイン」(作詞、曲は桃井はるこさん)、そして、本作よりゲーム初登場となる音無小鳥のボーカルバージョンとなる「THE IDOLM@STER(K VERSION)」の3曲と、「shiny smile」、「バレンタイン」のオリジナル・カラオケが収録される。

 さらに、「L4U!」先行プロモーション映像を収録したDVDも付属。「shiny smile」、「THE IDOLM@STER(REMIX A VERSION)」、「まっすぐ(REMIX A VERSION)」、「私はアイドル(REMIX A VERSION)」、「小鳥's introduction A」、「B」と6つのコンテンツを収めている。

 発表会では、下田麻美(双海亜美/真美役)さん、長谷川明子(星井美希役)さんのコンビが「バレンタイン」を、中村繪里子(天海春香役)さん、今井麻美(如月千早役)さん、若林直美(秋月律子役)さんが「shiny smile」を披露。プレス発表会だけのオリジナル振り付け(振り付けといえば若林さん)での公開となった。

 「バレンタイン」は「バレバレ バレンタイン」というフレーズをコアにした、トランス系打ち込みが強烈なBPMの早い楽曲ながら、掛け合いのパートなど手が込んでいる。ゲーム中に登場しても違和感のない仕上がりだ。「shiny smile」は、アップテンポながらさわやかで、メロディ後半の伸び上がり部分が印象的。コーラスがハマるパート分けの工夫が楽しそうな元気な楽曲だ。

初めて「バレンタイン」と「shiny smile」が披露された


 3月以降は、DLC新曲がXbox Liveで配信された後、約2週間の期間をおいて「M@STER VERSION」を収録した新作CDが発売される予定だという。「MASTER LIVE」シリーズは「00」〜「04」までが発売予定。「01」は3月5日に発売されるという。

滝田さんを加えて、新しいアレンジでの「GO MAY WAY!!」を熱唱。大人びた印象のアレンジとなっている
 さて、前述のCD収録楽曲の中に「REMIX A VERSION」という表記があったことからもおわかりいただけると思われるが、本作の楽曲には、前作の楽曲のリミックスバージョンがA/Bの2タイプ収録されている。

 今回の発表会では、中村さんをはじめとした5人のゲストに加え、司会を務めた滝田さんの計6人によって、この「リミックスバージョン」の「GO MY WAY!! REMIX B VERSION」が披露された。アレンジはほぼピアノ1本勝負のジャズライクなもので、ボーカルとのバランスが魅力的な仕上がりで、「大人ちっく」という言葉がぴったりだが、伸びやかで元気のあるベース楽曲のテイストはちゃんと活かされている。

関連CDの売り上げも非常に堅実かつ好調な「アイドルマスター」。今後も「L4U!」と連動してCDを中心にリリースされる
ラジオやコミックス、ドラマCDなども発売予定


※画面は開発中のものです
(C)窪岡俊之 (C)2003-2008 NBGI
PROJECT IM@S

□バンダイナムコゲームスのホームページ
http://www.bandainamcogames.co.jp/
□コロムビアミュージックエンタテインメントのホームページ
http://columbia.jp/
□「アイドルマスター」公式サイト
http://www.idolmaster.jp/
□関連情報
【2007年11月9日】バンダイナムコ、「アイドルマスター ライブフォーユー!」を2月28日に発売
数量限定版、さらに「765プロダクション商品企画部」のみの限定版も発売
http://game.watch.impress.co.jp/docs/20071109/l4u.htm
【2007年10月29日】「Go to the NEXTSTAGE!!
THE IDOLM@STER GREAT PARTY@TOKYO」で
Xbox 360「アイドルマスター ライブフォーユー!」動画を初公開
http://game.watch.impress.co.jp/docs/20071029/iml4u.htm

(2008年1月18日)

[Reported by 佐伯憲司]



Q&A、ゲームの攻略などに関する質問はお受けしておりません
また、弊誌に掲載された写真、文章の転載、使用に関しましては一切お断わりいたします

ウォッチ編集部内GAME Watch担当game-watch@impress.co.jp

Copyright (c)2008 Impress Watch Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.