【Watch記事検索】
最新ニュース
【11月30日】
【11月29日】
【11月28日】
【11月27日】
【11月26日】
← 前回分  【バックナンバー】

【連載第12回】 進化し続けるヴァナ・ディールの魅力を徹底解剖


ファイナルファンタジー XI連載
〜ヴァナ・ディール定点観測〜

FF XIの戦闘コンテンツ群が更にパワーアップ
BCNMに匹敵する魅力を備えた「ENMクエスト」

 FF XIには、戦闘にちなんだ膨大な量のコンテンツが用意されている。もっとも代表的なのは、プライベートエリア内におけるハイリスク・ハイリターンの少人数戦“バトルフィールド”で、その数は100を優に越え現在も増え続けている。他にも数十名規模での集団戦“デュナミス”や、エリア内のモンスターをも巻き込む防衛戦“ガリスン”、そしてプレーヤー同士で争う“バリスタ”等々、各プレーヤーが自分に合ったものをチョイスできるのだ。

 そして前回のFF XIアップデートにおいて、上記に匹敵する新たなコンテンツが導入された。その名前は「エンプティーノートリアスモンスタークエスト」、略して「ENMクエスト」という。ENMクエストは従来のどのコンテンツとも異なる面白さがあり、導入後1カ月の現時点において、既にプレーヤー間に完全に定着した感がある。本稿ではこのENMクエストの魅力と、導入によってもたらされた変化について迫っていこう。

ローリスクで報酬品のみならず経験値も得られる「ENMクエスト」

FF XIにおけるイベント戦の幅広さは、他MMORPGと比較してずば抜けている。現在では「EverQuest2」を初めとした北米タイトルも参考にしている程だ
ENMクエストは挑戦時の制限があるものの、BCNMと同ランクの報酬品を得られる。まだ導入後間もないが完成度は高く、BCNMに迫る勢いの人気だ
 「ENMクエスト」とは、バトルフィールド(以下、BF)に到達するまでの過程をも含めた、新しいスタイルのイベント戦である。対象となるBFは、拡張データディスク「プロマシアの呪縛」用として導入されたエリアで、現在は9箇所。ENMクエストは比較的BCNMと近い部分があり、まずはこれとの相違点を中心に説明していこう。

 ENMクエストがBCNMと最も大きく異なるのが、挑戦時にオーブ(印章)といった特別な権利を必要としない点である。そして、仮にBF内で敗退しても経験値は失われない。しかもその一方で、BFでの戦闘に勝利すると、従来のBCNMと同様レアアイテムのみならず、経験値までもを得られるのだ。つまりBCNMと比べて、プレーヤーに課せられたリスクが極端に低いのである。

 その代わりENMクエストを行なうには、いくつかの制限が設けられている。まず、ENMクエストを行なうエリアに対応した挑戦権を、メンバー全員が入手しておかなければならない(“だいじなもの”扱い)。そして、一度BFに侵入した時点でこの挑戦権は消失し、再挑戦まで現実時間で5日を要するのだ。つまりENMクエストのBF戦は、たとえ勝っても負けても一度限りの挑戦となる。例えば参加者全員がオーブを持ち寄って6連戦といった、現在のBCNMにおける定番的なスタイルも行なえないわけである。

 挑戦権となる「だいじなもの」の入手方法には、NPCとの会話で即座に得られるタイプと、簡単なクエストを遂行するタイプの2種類がある。大まかに考えるとENMクエストはこの2種類に大別でき、前者が初級者用で、後者が上級者用といえるだろう。これらの点を踏まえると、現在導入されているENMクエストには以下の種類がある。

    【NPCとの会話のみで挑戦権を得られるタイプ】
  • プロミヴォン=ホラ(レベル30制限)
  • プロミヴォン=デム(レベル30制限)
  • プロミヴォン=メア(レベル30制限)
  • リヴェーヌ岩塊群サイトA01(レベル40制限)
  • プロミヴォン=ヴァズ(レベル50制限)
    【挑戦権の入手時にクエストを必要とするタイプ】
  • ソ・ジヤ(レベル40制限)
  • ムバルポロス新市街(レベル制限なし)
  • アットワ地溝(レベル制限なし)
  • ウルガラン山脈(レベル制限なし)(※同エリアで4種類のBFがある)


※本稿ではBFの前のエリア名で表記 例:「プロミヴォン=ホラ」→実際には「ホラの塔」

プロミヴォン関連のENM用NPC
プロミヴォン用のENMクエストに関しては、4カ所総てをル・ルデの庭にいるNPCがまとめて管理している。複数の挑戦権をまとめて貰っても支障はない
リヴェーヌのENM用NPC
こちらはタブナジア地下壕1階の南西部にNPCが居る。話すだけで挑戦権を得られるため、初めて挑戦する人はこちらタイプがおすすめしたい
5日後に再挑戦
ここでの5日間の縛りとは、同じ箇所のENMクエストに対してである。別のエリアであれば問題ないため、複数を巡回するようにこなせば連戦が可能

 NPCとの会話のみでENMクエストの挑戦権を得られるタイプは、手順としては従来のミッション用BFやBCNMと大差はない。しかしクエストを必要とするタイプは、エリアによって進行手順がそれぞれ違っている。例えば“ソ・ジヤ”と“ムバルポロス新市街”で必要な挑戦権を得るには、特定のモンスターからドロップするキーアイテムの確保が必要となる。またアットワ地溝の場合は、プロマシアミッション第3章と同様、エリア東部にそびえ立つ高台を登らねばならない。

 それらの中でもっとも手強いのが、“ウルガラン山脈”のENMクエストの挑戦権である。ここではエリアの最深部から、雪山のすべり台を降りねばならない。すべり台の途中にある横穴へ入り込むためには慎重な操作を要し、万が一の失敗時はエリアの最初からやり直しとなる。そのためFF XI上級者にとってもかなり難しく、この場所では悲喜こもごものエピソードが日々生み出されているのだ。このようにENMクエストは、挑戦権を得るための難易度によって幾つかのランクがあり、それに応じて報酬品のグレードも異なっている。

 そしてBFに辿り着いたら、いよいよNMとの戦闘が始まる。ENMクエストはミッションと直接の関連性がないため、同じBFでも出現する敵は異なる。どのENMクエストのBFで挑戦する敵も、他では見られないユニークな特殊能力を持ち合わせており、イベント戦を存分に満喫できるだろう。たとえ負けても経験値を失わないため、「リレイズ」を駆使する等、失敗を恐れずに思いきり戦おう。

戦利品のキーアイテムを入手
ソ・ジヤの場合は戦利品の「フロリドストーン」が必要。これはどの区域でも関係なく得られるため、事前に無制限エリアで挑戦するのが簡単
下層ジュノにて交換
左のフロリドストーンを、天晶堂の受付嬢に渡すことでENMクエストの挑戦権を得られる。こういった、各ENMクエストに対応したNPCは覚えておこう
ムバルポロス新市街
新市街のバグベア系のモンスターから、キーアイテムの戦利品を確認できた。これを旧市街入口にいるNPCに渡すと挑戦権を得られる

アットワで山登り
ここではミッションと同様に山登りを行なう。道中では何カ所かで落下する必要があるため難しく、最初は詳しい人に案内してもらうとよいだろう
雪山を直滑降
ウルガラン山脈の挑戦権はずば抜けて入手が困難。途中にある横穴の場所が確認しづらく、慣れるまでは何度もチャレンジすることだろう
移動そのものが難しい
ウルガラン山脈には、透明化を見破るタウルス等の強敵が数多く待ち受けている。腕に余程自信がなければ、ここのENMクエストは避けるのが賢明

ENMクエストでのレベル上げを初めとした新たなプレイスタイルが可能に

 ENMクエストの概要としては以上である。次に、ENMクエストの導入によって、FF XIプレーヤーにどのような影響を与えたかを説明しよう。

 まず最初に注目してもらいたいのが、BCNMと違い、成功時にアイテム報酬に加えて、経験値も得られるという点である。例えば“プロミヴォン=ホラ”を舞台とするENMクエストは、成功時に得られる経験値が3,000とかなり多い。これは同エリアの挑戦時に制限を受けるレベル30に当てはめると、次のレベルアップに要する取得経験値量の半分を上回る。つまりレベル30のキャラクタは、ENMクエストを2回クリアすれば、ただそれだけでレベルが上がってしまうのだ。

 しかもENMクエストのBFで挑戦する敵は、従来のミッションよりも幾分弱めとなっている。大まかな目安としては、どのENMクエストも従来のBCNMと同程度の難易度といってよい。そのためパーティ内のジョブ構成は、例えばミッション時のような“戦士/忍者”や狩人を数多く揃えたガチガチのスタイルでなくとも、比較的挑戦しやすい。実際にENMクエストの遂行に要する時間としては、もっとも簡単なプロミヴォンの場合は、手練れのチームであれば1カ所あたり1時間前後にまで短縮できるだろう。

 同じ場所でのENMクエストは連続して行なえないものの、例えば“プロミヴォン=ホラ・デム・メア”の3カ所を順番に回れば、3時間で経験値9,000を得ることも不可能ではない。つまり、従来のようなレベル上げ目的としたパーティ以外でも、キャラクタの成長が可能なのである。これは週末にまとまった時間をプレイするような、学生や社会人といった人にはとても助かるはずだ。

 しかも、プロミヴォンに代表されるレベル制限が設けられたエリアは、キャラクタの強さに関係なく難易度が一定に保たれる点も忘れてはならない。ENMクエストの導入によって、例えばリンクシェル内でレベル差が生じた友達同士でも、レベル上げを目的とした冒険を一緒に行なえるのである。これらの点だけでも、ENMクエストがいかに画期的なシステムであることかがおわかり頂けるだろう。

 また、キャラクタをレベルアップさせられるにもかかわらず、必ずしも最高ランクの装備品の確保が必要ではないのも嬉しい。例えばサポートジョブの育成時は、レベル30の装備品があれば、ENMクエストを繰り返すことで37まで十分に上げることができる。もちろん、「イレース」といった高額魔法も早急には必要とはしない。FF XIは、レベルに応じたジョブ別の装備品を準備するのに手間が掛かるが、レベル30用を一式揃えておけば複数のジョブでも活動しやすいだろう。

 次に成功時に得られる報酬品だが、これもかなりの価値がある。特に先述の上級者向けENMクエストでは、時として100万ギルを越える合成素材品等も得られるのだ。一度の挑戦で得られる報酬額の体感としては、幅はあるもののBCNMと比べて決して引けを取らない。元来、オーブ(印章)の入手には長時間が掛かっていたことを踏まえると、ENMクエストはとても優れた金策手段といってよい。

 もっとも、同じ場所のENMクエストは連続して行なえないため、一回分の報酬品を参加者全員で分配することになる。よって、全体としては極端にバブリーな印象は受けない。ちなみに報酬品の数は1〜3前後で、これの分配方法を主催者が明確にしておくことを忘れずに。なお、競売やバザーを用いて販売した後に、ギルを分配する場合は、相場価格が定まっていないため処分に日数を要することもある。これはどちらかというと、リンクシェル等の知人同士で挑戦する際に適した分配方法といえよう。

敵はミッション用よりやや弱い
ENMクエストのBFで待ち受ける敵は、ミッション用よりも幾分弱めに設定されている。そのため予行練習としても適したイベントだ
雑魚への対処が鍵
プロミヴォン用のNMが持つ特殊能力はミッション用とほぼ同じ。ただし中盤以降は雑魚を出現させ、これの対処が鍵となる
成功時は経験値を得られる
NM討伐時はゴールが出現。これに触れる際、キャラクタが生存した状態で近くに居ることが、経験値を得られる条件となる。決して焦らないように

敵の能力は個性豊か
BCNMと同様に、待ち受ける敵はどれも個性豊かだ。それぞれの能力に応じた戦術を考え、実際に繰り出すまでのプロセスが面白い
時間制限に注目
アットワ地溝のENMクエストは特にユニーク。特定のアントリオンを倒すのが勝利条件だが、時折地中に潜り関係ないモンスターも出現してしまうのだ
高額な報酬品が得られることも
報酬品のランクは様々だが、中には100万ギルを越えるものもある。戦利品の数自体は少ないため、主催者は分配方法を明確にしておこう

プロマシアミッションの予行練習用としてENMクエストは最適!

プロマシアミッションを行なう前に、一度ENMクエストを行なっておくとすんなりと進められる。BFまでの道中を確認すると想像以上に安心できる
 このようにENMクエストは、イベント戦であるにもかかわらず、レベル上げも同時に行なえる。しかし、ENMクエストを導入した真の目的とは、実はプロマシアミッションへの手引きではないかと筆者は考えている。先述したようにENMクエストの舞台は、いずれプロマシアミッションで挑戦する各エリアだ。そしてプロミヴォン用のENMクエストに至っては、BFで戦う敵まで含めてミッションの縮小版ともいえる。すなわち、ENMクエストというイベントは、見方を変えればプロマシアミッションに対する予行練習でもあるのだ。

 そしてENMクエストをバックアップするのが、これまで地道に行なわれてきたミッションの仕様変更である。例えばプロマシアミッションの導入段階では、BFでの戦闘後はエリア外に強制排出されていたが、現在は入口に戻る選択肢も用意されている。例えば難易度の低い“プロミヴォン=ホラ”のENMクエストを行なった後、立て続けに「プロマシアミッション第一章・ホラの塔」を行なうことも可能だ。また、BFでの戦闘を抜きにしたエリア内の移動だけでも、一度ENMクエストをこなしておけば、来るべきミッションを確実に行ないやすくなる。

 まだミッションをクリアしていない人は、ENMクエストをクリアすることで「この調子ならミッションも案外行けるんじゃない?」という好感触を得られるだろう。この効果は既にプレーヤー間に反映されており、ミッションに関心を持つ人は次第に増えてきている。実装直後の難易度設定があまりにも極端だったため、今まで敬遠していたユーザーも多かったようだが、プロマシアミッションに対するイメージアップの効果は非常に大きいと思う。

 ミッションのゲームバランス面で一定のフォローがされた以上、後は我々コミュニティ側の問題である。読者の周囲に、未だにプロマシアミッションにトラウマを抱えている人はいないだろうか? そうしたユーザーにとって、ENMクエストはまたとないきっかけとなるはずだ。そしてゆくゆくは、様々なENMクエストに挑戦したいがために、プロマシアミッションを進めるという相乗効果に結びつくことも期待したい。

 ENMクエストはFF XIの初級者から上級者まであらゆる層に適しているが、特に社会人等の週末プレーヤーにとって、プレイスタイルの幅が広がった点が特筆に値する。今後は6人よりも少ない編成でのENMクエストも導入して欲しい所だが、その程度の要望は制作側も百も承知だろう。今はBCNMを越える可能性を秘めた、新たな戦闘コンテンツの登場を存分に歓迎したい。

光球の攻略方法も変わった
プロミヴォンは実装時に比べ難易度が大幅に緩和されている。例えば写真の光球は、現在は接近戦で倒すのがセオリーだ
前衛は参考に
光球の吹き飛ばし攻撃に対しては、柱を背にすることで有利に戦える。以前の戦闘スタイルと大分違っているのがわかるだろう
BFでの連戦も可能
現在はBFクリア後の脱出地点を選択できる。仮に6人を越える規模で挑戦しても、ミッションのヘルプなどを行ないやすい

ENMのボスより強い?
ENMクエストの道中には新たなNMが配置されている。プロミヴォンの場合は題3層に共通して一体づつ配置されており、難易度は高いものの狙う価値はある
ウルガラン山脈にて
本稿では紹介しきれないがENMクエストならではのノウハウも数多い。このすべり台の位置は、マップ画面を拡大した状態でマーキングしておくとよい
トラクタが大活躍
雪山の横穴へ入るのに失敗したら、その場所でわざと倒れる。そして横穴に待機したメンバーから「トラクタ」→「レイズ」を受けることで侵入が可能だ

状況に応じて選ぼう
従来のレベル上げのパーティー以外でも、十分な経験値を得られるのは助かる。護衛クエスト等も併用すれば、知人同士で遊ぶ際の選択肢はかなり多い
プレイスタイルが広がる
レベル差のある知人とでも一緒に遊べるのが、ミッション用エリアの醍醐味である。ENMクエストの導入により、その用途は更に拡大したのだ
ミッションにも挑戦
ENMクエストをきっかけにして、プロマシアミッションに挑戦しよう

(C)2002-2005 SQUARE ENIX CO.,LTD All Rights Reserved.

□スクウェア・エニックスのホームページ
http://www.square-enix.co.jp/
□「ファイナルファンタジー XI」のホームページ
http://www.playonline.com/ff11/

(2005年4月1日)

[Reported by 川崎政一郎]


Q&A、ゲームの攻略などに関する質問はお受けしておりません
また、弊誌に掲載された写真、文章の転載、使用に関しましては一切お断わりいたします

ウォッチ編集部内GAME Watch担当game-watch@impress.co.jp

Copyright (c)2005 Impress Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.