【Watch記事検索】
最新ニュース
【11月30日】
【11月29日】
【11月28日】
【11月27日】
【11月26日】

コーエー、PS2「真・三國無双4」
無双モード、新キャラクタなど公開

2月24日 発売

価格:7,140円(通常版)
   13,440円(特別パッケージ「真・三國無双4 TREASURE BOX」)


強化されたグラフィックでは、遠くにいる兵士の姿もハッキリと見える
 株式会社コーエーは、2月24日に発売を予定しているプレイステーション 2用タクティカルアクション 「真・三國無双4」の最新情報を公開した。

 本作は、同社の看板タイトルともいえる「真・三國無双」シリーズの最新作。本作で強化された描画エンジンや新システムの「拠点」などについては、以前にお伝えした記事を参照してもらいたい。

 「真・三國無双」シリーズといえば、使用できる武将数が多いのも特徴のひとつ。前作の「3」では、総数42名の武将が使用可能であった。そこで気になるのが、本作に登場する武将達ではないだろうか。以前の記事では「魏」の新武将として“曹丕”の登場が明らかとなっているが、今回登場が明らかになったのは「蜀」の新武将“星彩”。そして、デザインが一新された武将達も紹介していく。


【蜀】

■ 星彩(せいさい) −若き守り手、託されし想いのためにー

 張飛の娘として、乱世の只中に生まれ劉備軍の名だたる武将に囲まれ育った。短気な父・張飛とは正反対に、常に落ちついていて感情には流されない冷静沈着な性格。劉備の息子、劉禅を守ることを使命とし、蜀漢の未来を担う人物。

 本作では、次々と武将(人材)が失われていく斜陽の蜀を、最後まで支え続ける姿を描いている。

 武器は右手に長柄槍、左手に盾を装備している。小柄な彼女が片手で振るえるということは、長柄槍はそうとうに軽い武器ではないだろうか。また、盾を使用した特殊な攻撃もあるかもしれない。



■ 劉備玄徳(りゅうび げんとく) −大いなる仁、悲しみの乱世を進むー

 前漢の景帝の子である中山靖王、劉勝の末裔。関羽、張飛と義兄弟の誓いをし(桃園の誓い)、共に乱世を戦い続ける。やがて蜀の地を得て三国鼎立を成した。情深く義にあつい名君で、理よりも感情に走る向きがあるが、その温かい人間性によって多くの人を惹きつけた。



■ 張飛翼徳(ちょうひ よくとく) −戦場を震わせる当千の豪勇ー

 劉備、関羽と「桃園の誓い」により義兄弟となる。一丈八尺の蛇矛を武器に持ち、豪放磊落な猛将。長坂橋での仁王立ちなど数々の武勇で知られるが、無類の酒好きでもあり、それが災いとなって失敗することも度々あった。




【魏】

■ 曹操孟徳(そうそう もうとく) −蒼き覇道、混迷の時を拓くー

 後に魏の王となり、「乱世の奸雄」と評される。判断力、決断力に富み、黄巾の乱が起こると騎都尉として、黄巾討伐軍に参加して頭角を現す。混乱する中原に着々と地盤を固め、大国・魏の礎を築き上げた。野心家でもあり合理主義者。時に苛烈な一面を見せ、周囲を恐怖に陥れた。

 また、兵法書を著す、詩吟をたしなむなど、文武諸芸に通じていた。

■ 許チョ仲康(きょちょ ちゅうこう) −純真の武、優しさを乗せてー

 体は大きく、人並み以上の怪力の持ち主。およそ武人らしからぬ呑気な性格で、おっとりした物腰と無邪気な言動で周囲を和ませたが、反面、戦場では虎のように勇猛に戦ったことから「虎痴」の異名をとった。典韋と並んで曹操軍団の中で最も強いであろうと思われる人物。



■ 張遼文遠(ちょうりょう ぶんえん) ー比類無き刃、求めるは大いなる武ー

 呂布配下の将として各地を転戦したが、呂布の敗死後は曹操配下となる。性格は冷静沈着で、的確な判断を下して戦場を掌握した。魏の五将軍の筆頭に挙げられる勇将。義を重んじ、敵に対しても礼を忘れない紳士的な人物であった。




【呉】

■ 孫権仲謀(そんけん ちゅうぼう) ー雄々しき虎、三代の志に吼えるー

 孫堅の次男で孫策の弟。孫策からその治国の才を評される。赤壁の戦いでは、曹操との交戦を決断し、大軍を相手に勝利を果たした。

 抜群の行動力を持つ一方で、非常に激しやすい性格だが、自己を律し、偉大な父、兄を越えようと努力する。手にした長剣で戦乱の世を両断する。

■ 周瑜公瑾(しゅうゆ こうきん) ー紅き情熱、朋との夢を抱いてー

 孫権の兄である孫策とは義兄弟の誓いをしている。容姿端麗だったことから「美周郎」の異名をとったことでも有名。不世出の武将で、赤壁の戦いでは都督として水軍を指揮し、曹操の大軍を破った。

 また、文芸や音楽などにも多彩な才を発揮した。流麗な物腰の裏に激しい情熱を宿している。愛用の「古錠刀」を振るい、孫呉の未来を切り開く。



■ 太史慈子義(たいしじ しぎ) −不屈の闘志、熱き誓い胸にー

 一本気で義理堅い性格であり、かつて母が世話になった恩を返すために、北海太守・孔融の危機を救った。太史慈が歴史に登場した当初は、呉とは敵対関係にあり、孫策とも戦っている。主君の死後、孫策に帰順した。

 孫策の死後は孫権に仕え、赤壁の戦いでは黄州境で曹操軍の張遼と互角の戦いを演じる。義によって己の武を振るい、武によって義を果たすことを自らの道と考えている。


【他】

■ 貂蝉(ちょうせん) ー佳人、策謀と愛の間に舞うー

 絶世の美女で歌舞に優れ歌姫と呼ばれる。司徒・王允のもとで実の娘同然に育てられた貂蝉は、董卓の専横を憂う王允のため、董卓と呂布に近づいて「連環の計」を仕掛け、見事に二人の仲を裂くことに成功する。

 女性らしく、しおらしい性格の持ち主だが、強い意志と覚悟により、英傑並みの熱さをもって乱世を生きた。両手に持つ錘と呼ばれる棍棒を武器に、戦場で美しく舞い踊る。

■ 呂布奉先(りょふ ほうせん) ー暴威、深奥に秘めるは純粋なる武と愛ー

 武芸を極め、弓馬に優れた猛将。名馬“赤兎馬”を駆り、その鬼神の如き強さをもって「人中の呂布、馬中の赤兎」、「飛将軍」と称された。義父の丁原を斬って董卓配下となるが、貂蝉への思慕からその董卓をも裏切った。力に最大の価値を見出し、自らの力への自信から社会的倫理を顧みずに生きた漢。その最強の武の象徴とも言える「方天画戟」を振るう。




 本作のメインとなる「無双モード」は、描画エンジンの改良により「真・三國無双」シリーズコンセプトである“一騎当千の爽快感”が、従来のシリーズより向上している。そして、武将ごとに用意された物語は、“英傑として生きるドラマ感”を見事に再現している。

 大雑把ではあるが、「無双モード」についての流れをここでは紹介したい。

まずは、勢力ごとにグループ分けされた武将を選択。選択の際に、各武将の簡単なプロフィールが紹介される。ゲーム開始直後に選択できる武将は「魏」、「呉」、「蜀」それぞれの勢力から6人ずつで計18人
戦いに向けて、君主や軍師が中国大陸のどこでどのような戦いが、どのような背景で行なわれるかを説明してくれる。武器の装備、アイテムの変更、護衛武将の選択はこの時に行なう
選択した武将を動かし、作戦や指示に沿って(作戦や指示は意図的に行なわなくてもステージクリア条件のみをクリアし、ステージをクリアすることもできる)敵をなぎ倒していく
ステージクリア後は結果の表示。従来のシリーズでは数字のみの結果報告であったが、本作の「無双モード」では、総大将や軍師による勝利メッセージを見ることができる。また、護衛武将が仕官してくることもあるという
各ステージでは武将ごとに多数のイベントが用意され、ドラマ感を演出している



 本作で新たに導入された戦略拠点システムは、従来のシリーズではおなじみであった「進入拠点」の他に、「攻撃拠点」、「防御拠点」、「補給拠点」の3つ拠点が追加されている。その名前の通りそれぞれの拠点には、部隊戦闘、ユニット戦闘において特殊な効果を持っている。

 各拠点をいかに攻め込むか、または利用するかで、全体の戦局に影響を与えることもあるのではないだろうか。

攻撃拠点。入り口が大きく開かれていて、周囲での戦闘を優位に進めることができる。ユニット戦闘では攻撃的な兵士が待ち構えているので、じっくりと攻略していかないと危険 防御拠点。石で建築され見た目にも難攻不落といった印象を受ける。ユニット戦闘では、盾を持った守りの堅い兵士達が登場する 補給拠点。物資を輸送することで味方の軍団を応援する。ユニット戦闘では、アイテムを使用する手強い兵士達が登場する
各拠点ごとに特徴的なアクションを楽しむことができる


(C)2005 KOEI Co., Ltd.

□コーエーのホームページ
http://www.gamecity.ne.jp/
□「真・三國無双4」のページ
http://www.gamecity.ne.jp/smusou4/
□関連情報
【1月21日】コーエー、PS2「真・三國無双4 TREASURE BOX」
サントラCDや攻略本などのパッケージ内容を公開
http://game.watch.impress.co.jp/docs/20050121/muso.htm
【1月13日】コーエー、PS2「真・三國無双4」
新描画エンジンによるスクリーンショットを多数公開
http://game.watch.impress.co.jp/docs/20050113/muso.htm
【2004年12月14日】コーエー、PS2「真・三國無双4」を2005年2月に発売!!
http://game.watch.impress.co.jp/docs/20041214/koei.htm

(2005年2月1日)

[Reported by 志賀康紀]


Q&A、ゲームの攻略などに関する質問はお受けしておりません
また、弊誌に掲載された写真、文章の無許諾での転載、使用に関しましては一切お断わりいたします

ウォッチ編集部内GAME Watch担当game-watch@impress.co.jp

Copyright (c)2005 Impress Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.