【Watch記事検索】
最新ニュース
【11月30日】
【11月29日】
【11月28日】
【11月27日】
【11月26日】

Game Developers Conference 2003レポート

あの“魔界村”をはじめ、Expo会場で見つけたいろいろなもの

3月4日〜3月8日(現地時間)

会場:San Jose McEnery Convention Cente

 カプコンの往年のアクションゲーム「魔界村」。あの独特な世界観と強烈な難易度を、今でも忘れられない人は少なくないだろう。その「魔界村」が、なんとオンラインゲームとして復活する。

 PC、プレイステーション 2、Xbox、ゲームキューブ向けに多人数参加型オンラインゲーム(MMOG)用のミドルウェアを開発しているZONE inc。そのZONE incのブースに、「魔界村(Ghouls N' Ghosts)」の文字を発見。そして、その横のディスプレイには、あの独特の鎧を身にまとったキャラクタが映し出されていた。

 しかし、画面は3人称視点の3Dグラフィックとなっており、過去の「魔界村」とは似てもにつかない。それよりも、なぜMMOGミドルウェアを開発しているメーカーのブースに「魔界村」が展示されているのか、はじめは全くピンとこなかった。

 しかし、話を聞くうちに詳細が解った。話によると「魔界村」のMMOGバージョンを台湾のGAMEFACTORYというメーカーが「Ghouls and Ghost Online(台湾名:魔界村 ON LINE)」として開発中なのだという。そして、そのネットワーク部分をZONE incのミドルウェアで制作されているため、今回展示されることになったという。

 プラットフォームは、PC、PS2、Xbox、GCと、ほぼ全てのプラットフォームを網羅。ただし、ブースで動いていたのはPCとXboxのみ。しかも、1週間程度で作ったものらしく、狭いフィールドには敵が出てくることもなく、単に周辺を歩きまわれるだけといったものだった。

 しかし「魔界村」でおなじみの2段ジャンプはちゃんとインプリメントされており、全身鎧の風貌も加え、なんとなく「魔界村」の雰囲気を漂わせていたことは確かだ。ただ、「魔界村」を開発したカプコンは、このゲームには基本的にノータッチらしく、版権をライセンスしているだけだという。

 ゲームジャンルとしては、MMOアクションRPGとだけアナウンスされており、詳しいゲーム内容などは全く不明。また、発売時期も未定となっている。しかも、日本ではゲームの存在すら未発表。日本で発売されるかどうかも当然全く不明だ。

 ただ、ゲームが開発されていることだけは間違いないので、近い将来に日本でも何らかのアナウンスがあるかもしれない。往年の名作シングルプレイアクションゲームが、どういった形でMMOアクションRPGとしてリメイクされるのか、非常に興味深い。「魔界村」ファンならずとも、今後の情報を心待ちにしていよう。

様々なプラットフォーム用のMMOGミドルウェアを開発しているZONE inc。ブースには同社のミドルウェアを利用するいくつかのMMOGが展示されていた 日本未発表のMMOアクションRPG「Ghluls nad Ghosts Online」。カプコンのライセンスを受け、台湾のGAMEFACTORYが開発している。ブースではXboxとPC版が動作していた 展示されていた「Ghluls nad Ghosts Online」の画像。突貫工事で作ったらしく、フィールドを歩けるだけでゲームとしての完成度は0%に近い
画面内には、鎧を着て槍を持った、あの戦士が登場。「魔界村」伝統の2段ジャンプも可能だった ブースに展示されていたポスター。このポスターからは、往年の「魔界村」の世界観は想像できない


□GAMEFACTORYのホームページ
http://www.gamefactory.com.tw/
□製品情報
http://www.gamefactory.com.tw/eg-02-2.htm


■ リクルートブースが多数用意される

 GDCにはゲーム開発者が多数集まる。となると、メーカーにとっては有能な人材を発掘する非常に貴重な場であるとともに、開発者にとっても自分をアピールする絶好の場である。

 そういった意味合いから、Expo会場には多数のゲームメーカーがリクルート用のブースを設置し、人材を広く募集していた。来場者が、各ブースで熱心に話を聞いている姿も非常に多く見受けられた。

 日本のゲームメーカーはともかく、海外のゲームメーカーに就職するには、日本にいてはほとんど道が開けないはず。もし海外ゲームメーカーに就職し、自分の力を試してみたいと思っている人がいたら、一度GDCに参加して、リクルートブースをまわってみるといい。もしかしたら、新しい人生が開けるかもしれない。

リクルートコーナーには20社近いゲームメーカーがブースを構えており、来場者も各ブースをまわって熱心にリクルート活動を行なっていた Ever QuestシリーズのSony Online Entertainmentのリクルートブース。EQ人気を背景に、常に多くの来場者が話を聞きに訪れていた スターウォーズシリーズでおなじみのLucas Arts。日本では最近あまりヒット作がないが、やはりそこは人気メーカー、多くの来場者がカウンターを取り囲んでいた



■ NVIDIA主催デッサン大会でQuadroをゲット!

 Expo会場で、常に多数の来場者を集めていたスペースがここ。NVIDIAが主催しているデッサン大会だ。

 決められた時間内にデッサン画を描き、他の来場者から最も支持を集めた人に「Quadro FX」をプレゼント、という企画だ。描く絵の内容は基本的に自由だが、1点だけ制約がある。それは、NVIDIAのロゴを入れる、ということだけ。

 この企画、GDCだけでなくSIGGRAPHでも毎年行なわれているものだが、さすがに腕に自信のある参加者が多いだけあって、この一帯は常に多数の来場者で埋め尽くされていた。

ゲーム開発者が参加するイベントだけあって参加者は常に定員いっぱい。しかも、ほとんどの人が短時間でクオリティの高い絵を描いていた 描く絵の題材は自由。ただし、必ずNVIDIAのロゴを描く必要がある 優勝者は、他の来場者の支持(拍手の多さ)によって決定される


□「Game Developers Conference 2003」のホームページ
http://www.gdconf.com/
□関連情報
【3月5日】Game Developers Conference開幕
http://game.watch.impress.co.jp/docs/20030305/gdc03.htm

(2003年3月10日)

[Reported by 平澤寿康]


Q&A、ゲームの攻略などに関する質問はお受けしておりません
また、弊誌に掲載された写真、文章の無許諾での転載、使用に関しましては一切お断わりいたします

ウォッチ編集部内GAME Watch担当game-watch@impress.co.jp

Copyright (c) 2003 Impress Corporation All rights reserved.