【Watch記事検索】
最新ニュース
【11月30日】
【11月29日】
【11月28日】
【11月27日】
【11月26日】

スクウェア、「FFXI」12月分のアップデートを実施
ナイトに新アビリティ「かばう」の追加
ジュノバザーに関税を賦課など

12月19日公開



 株式会社スクウェアは、本日「ファイナルファンタジーXI」の12月分のアップデートを実施した。

 今回のアップデートの主な内容は、11月分のアップデートによって発生した新たな不具合の解消およびゲームバランスの微調整が中心となっている。こうした「揺り戻し」パッチは、もはや同作恒例となっているが、ヴァナ・ディール世界の住人には不条理としか映らない。特にそのアビリティの有効性の高さに憧れて転職したのに、使用可能になる前に弱体化されるというケースは見るも無惨だ。即刻全廃すべきだろう。

 同社ではこうした問題の解決のため、17日より「開発情報」のβテストをスタートさせ、アップデート内容についてユーザー間でディスカッションできるようになった。安定的な運営を継続させるためにもこの新システムが有効に稼働することを期待したいところだ。

 さて、その一方で、以前から人口集中によるラグの発生が問題になっていたジュノのバザーに対して、一定の関税を賦課する仕様に変更され、パーティー編成コマンドにパーティーを自動で編成してくれる「おまかせパーティー編成」機能を付けるなど、ユーザーニーズにしっかり応えた機能追加も行なわれている。もちろん、反対意見もあるだろうが、このあたりは同社らしい機動性の高さが伺える。

 ジョブ関連では、敵のターゲットを惹き付けるために回復魔法の連続使用を余儀なくされていたナイトのターゲット手段が豊富になった。具体的には、対象のユーザーのダメージを肩代わりするジョブアビリティ「かばう」の追加、そして一時的に防御力を向上させるジョブアビリティ「センチネル」が敵を惹き付ける仕様に変更された。

 そして、ナイト、暗黒騎士、獣使い、吟遊詩人、狩人の5つのエキストラジョブ用のアーティファクトクエストが追加されたことも見逃せない。ユーザーにとっては冬休みを迎えるにふさわしいアップデートといえるのではないだろうか。


【アップデート項目】

■プレイオンラインビューアーにファイルチェック機能が移管したことにより、 FINAL FANTASY XIのトップメニューにあった“追加パッチ”、“Fileチェック”のボタンが削除されました。

■パーティ編成コマンドに「おまかせパーティ編成」機能が追加されました。 このコマンドを選択した参加希望者の中から自動でパーティ編成を行います。エリア内でメンバーが足りない場合はリージョン単位まで検索範囲を広げます。 また、このコマンドによる編成時には確認の問い合わせを行いません。リーダーはシステム側で決定させていただきます。

■この機能は、モグハウスやリージョンマップが開けない場所(船、飛空艇)など、 一部のエリアでは使用することはできません。希望を出した状態でエリアチェンジをするとキャンセル扱いになります。

■前回に引き続き、ナイト、暗黒騎士、獣使い、吟遊詩人、狩人の5つのエキストラジョブ用アーティファクトクエストが追加されました。

■北サンドリアと南サンドリアのオープニング内容が変わりました。 また、サンドリアの以下のミッションに関して、コンプリート後も繰り返しオファーすることが可能となり、新規のイベントが追加されました。
 「オークの斥候を倒せ」「コウモリ退治」「子供の救助」「ダボイ調査報告」
 「ダボイ潜入計画」「クリスタルの泉」

 「オークの斥候を倒せ」以外を既にオファーした状態にある場合は、一度コンプリート後に再びオファーすると、新しいイベントが盛り込まれたミッションが始まります。

■ウィンダスクエスト「教材募集」を、耳の院の他のクエスト中でも、アイテムをトレードすることによって報酬がもらえるように変更しました。

■複数の敵とのパーティ戦闘時に、攻撃対象となっていないアグレッシブな敵のターゲッティングが回復役等に集中しすぎないよう緩和措置が入りました。 また敵側のターゲッティング反応距離も半減しています。

■前回に引き続き、敵のターゲッティングロジックにおいて長時間化する戦闘でもターゲットが不必要に安定しすぎない様な追加制限を実施しました。

■ケアルが敵を引きつける度合いをプレイヤーのレベルに応じて低レベル帯で軽減しました。 レベル10以下を特に軽くし、レベル50までで現状と同じ程度になります。

■ナイトの「センチネル」が敵をひきつけるようになりました。

■ナイトに、モンスターと仲間の間に割り込んで、 仲間が受けるべき攻撃を代わりに受けることができるアビリティ「かばう」が追加されました。 モンスターのターゲットが仲間に向いているときに、仲間をターゲットして使用すると「かばう」効果が発動し、 この状態でモンスターと仲間のあいだに割り込むと、一定時間攻撃を引き受けることができるようになります。

■精霊ダメージ魔法の命中率でIよりもII、IIよりもIIIの方が、 レジストされにくいような命中率ボーナスをわずかに加えました。

■「リレイズII」が、他人にも使用できた不具合を修正しました。

■「魔道士のバラードII」の効果を下げました。

■「栄光の凱旋マーチ」の効果を下げました。

■12/3バージョンアップに伴う問題として既報の、 MPをマイナスする効果のある装備とジョブの組み合わせによって発生する表示不具合と吟遊詩人が歌えなくなる問題を修正しました。

■「いたわる」の使用間隔を5分から3分に短縮しました。

■「ペットベータ」が販売開始されました。 また「ペットアルファ(ベータ)」のHP回復量が、マスター(使用者)のMND値に応じて変化するようになりました。

■以下のアイテムの性能が変更されています。
◎ローグプーレーヌ
 仕様的な問題で「とんずら効果アップ」が効果を発揮していませんでした。
 この問題の解決のため「耐氷+10」を削除しました。
◎ヒーラーミトン
 回復魔法スキル+15が+10になっていたのを修正しました。
◎ブロンズブレッド
 値段が0になっていたのを修正しました。
◎ライアット:追加効果(火→雷)ダメージ
◎ヒートロッド:追加効果(火→雷)ダメージ
◎ディバインソード:追加効果(光)ダメージ
◎共和軍団兵制式鉄拳:攻+3
◎ホーリーモール+1:MND+3 耐闇+4
◎ベノムナイフ+1:D20 隔190

■「ライフベルト」の装備可能ジョブが変更になりました。

■上位の宝箱 Treasure Coffer に関して「シーフツール」 「リビングキー」などで開けられる確率がやや低下し、罠の発動確率を若干上昇させました。また、Treasure Cofferに対し、罠の発動確率をより抑えられるシーフ専用の新たなキーアイテム「スケルトンキー」を追加しました。

■宝箱の中からギルを入手する場合、 パーティ人数に応じて金額が変化するようになりました。ソロで開けた場合は従来より減額、2人パーティの場合は従来と同様、3人以上だと従来より増額となります。 また、宝箱の中からごく希に宝石類が入手できる可能性があります。

■採掘で各種原石や「海亀の甲羅」「がら」などが入手可能になりました。

■採掘・伐採・収穫において、 ポイントの出現位置が広範囲すぎて発見が困難だったエリアに関して、出現位置を狭めて発見しやすくしました。

■コンクェスト補給クエストで街のガードに話しかけた時に時間切れで不要になった補給物資を自動的に回収するようにしました。

■コンクェスト遠征の成功報酬が変更されました。

■各国の飛空艇ショップの陳列商品が変わります。 コンクェスト順位に応じて販売内容が国家間を移転します。

■バストゥークの飛空艇ショップでの原石販売を終了し、彫金ギルドにおいて原石の販売を行います。

■ ギルドの合成レシピ伝授の仕組みが変更されました。
今まではスキルの一定範囲で作れるレシピのみを聞き出す仕様でしたが、スキル値に応じた相対的な範囲の難易度をもつレシピが表示されるようになりました。
【内容】
職人A
いままで該当ランクの低スキル帯レシピを教えてくれていたNPCです。プレイヤーの対象合成スキル値以下で作れるレシピを、 ランダムに1つ提示。成功率はかなり高いですが、スキルアップは見込めないでしょう。
職人B
いままで該当ランクの中程度のスキル帯レシピを教えてくれていたNPCです。プレイヤーの対象合成スキル値から少し上の範囲に含まれる、 比較的適切な難易度のレシピをランダムに1つ提示。サブスキルを必要としないレシピの場合、ある程度の成功率を期待できます。
職人C
上級サポートを使える高スキル帯レシピを教えてくれていたNPCです。職人Bが提示するレシピから更に上の範囲に含まれる、 難易度の高いレシピをランダムに1つ提示。職人Aが提示するレシピに比べて、確実に成功率は落ちます。

この変更により、プレイヤーのスキルに見合った合成品の見極めが比較的容易になります。 また、今までは見ることの出来なかった難易度の低い合成品のレシピも見られるようになります。

■新たな合成品のレシピが追加されています。
「雪山のロランベリー」「ゼラチン」「リネンダブレット」「クォータースタッフ」
「ウールダブレット」「ペットベータ」「ビートルダガー」「パイレートガン」
「ブラックコタルディ」「スケルトンキー」

■「リビングキー」の生成個数を変更しました。

■ショップにおいて、アイテムの一部の販売・買取価格を調整しました。

■釣りで獲物がかかった後、引き上げなかった場合に自動的にリリースされるまでの時間が従来の45秒から10秒に短縮されました。 また、決定ボタンによっても釣りをキャンセルする様に変更しました。

■高レベル用の淡水エサ「大ヨロイ蟲」を追加しました。

■ジュノ公国においてのバザーには、関税が正式にかけられることになりました。
◎ジュノ下層、ル・ルデの庭:10%
◎ジュノ上層、ジュノ港:5%

の税率(外税)となります。

■混雑した場所などでのプレイヤー間の障害物判定に対して、一定方向に移動をし続ける事ですり抜けやすくなりました。

■競売の通信処理に時間制限が入ります。 預託品確認が一定時間に一回に制限、モグハウスのポストメニューや宅配NPC側のメニューも一定時間に一回しか行えません。 通信量の緩和に、ご理解とご協力をお願いします。

■[Ctrl]+[Alt]+[Shift]+1〜8でマクロのパレットセットをダイレクトに変更できるようにしました。

■メニューなどのカーソル移動において、斜め方向の入力に対しては誤操作防止のため上下方向のみを検知するようになりました。

■自分をターゲットしてアクションコマンドを開くと、従来「トレード」ボタンのあった位置が自分自身を「調べる」ボタンに変更されました。バザーコメント等の確認に御利用ください。これにより自分をターゲットしてから「トレード」のサブカーソルで対象を選ぶという手順が使えなくなりました。メインメニューの「トレード」ボタンか、相手がPCの場合は相手をターゲットし、アクションコマンドから「トレード」を選択してください。

■プレイステーション 2版において文字フォントに縁取りを施し、背景が明るい場所での読みにくさに対策を行いました。

■Windows版においてBumpOnの際に、屋内や南サンドリア競売所前のライトがちらつくなどの不具合を修正しました。

(C)2002SQUARECO.,LTDAllRightsReserved.
TitleDesignedbyYoshitakaAmano

□スクウェアのホームページ
http://www.square.co.jp/
□「ファイナルファンタジーXI」の公式ページ
http://www.playonline.com/ff11/home/index.html
□関連情報
【2002年11月26日】スクウェア、「FFXI」11月分のアップデートを実施 レベル上限キャップをレベル60に
http://game.watch.impress.co.jp/docs/20021126/ffup11.htm
【2002年10月2日】スクウェア、「FF XI」10月分のアップデートを実施
「あやつる」の使用間隔を5分から15秒に
http://game.watch.impress.co.jp/docs/20021002/ffupdate.htm
【2002年8月21日】スクウェア、「FF XI」9月以降のアップデート構想を公開
レベル上限を55に、自己蘇生魔法「リレイズ」、遠隔攻撃のWSの導入など
http://game.watch.impress.co.jp/docs/20020821/ffupdate.htm
【2002年8月8日】スクウェア、「FF XI」の大規模アップデートを実施
「テレポ」、「デジョンII」の解禁などスペルキャスターを強化
http://game.watch.impress.co.jp/docs/20020808/ffupdate.htm
【2002年7月9日】スクウェア、「FF XI」の大規模アップデートを実施
狩人専用武器「銃」の解禁、「調べる」の細分化、モーションの追加など
http://game.watch.impress.co.jp/docs/20020709/ffupdate.htm
【2002年7月2日】スクウェア、「FF XI」のアップデートを実施
挑発/インビンシブルの効果を弱化、ナイトの弱体化など
http://game.watch.impress.co.jp/docs/20020702/ffupdate.htm
【2002年6月11日】スクウェア、「FF XI」のアップデートを実施
バインドを短時間化、不意打ちにDEXボーナスを付加
http://game.watch.impress.co.jp/docs/20020611/ffupdate.htm

(2002年12月19日)

[Reported by 中村聖司]


Q&A、ゲームの攻略などに関する質問はお受けしておりません
また、弊誌に掲載された写真、文章の無許諾での転載、使用に関しましては一切お断わりいたします

ウォッチ編集部内GAME Watch担当game-watch@impress.co.jp

Copyright (c) 2002 Impress Corporation All rights reserved.