【Watch記事検索】
最新ニュース
【11月30日】
【11月29日】
【11月28日】
【11月27日】
【11月26日】

アクアプラス、「アクアプラスフェスタ2007」開催
PS3「Tears to Tiara」など同社タイトルの新情報を発表

12月2日 開催

会場:パシフィコ横浜

 株式会社アクアプラスは、ファン感謝イベント「アクアプラスフェスタ2007 IN 横浜」を、12月2日にパシフィコ横浜にて開催した。

 このイベントは、「ToHeart2」、「うたわれるもの」、「ティアーズ・トゥ・ティアラ」の3タイトルの出演者および主題歌を歌うアーティストによるステージイベント。「ToHeart2」と「うたわれるもの」はプレイステーション 2版が発売されているほか、テレビアニメ化もされている人気シリーズで、「ティアーズ・トゥ・ティアラ (Tears to Tiara -花冠の大地-)」は同社が初めて投入するプレイステーション 3タイトル。まさに同社の主力タイトル揃い踏みのイベントとなった。

オープニングの様子。柚木さんはスケジュールの都合で会場入りが遅れていたため、11人が並んで挨拶
 出演者は、「ToHeart2」からは、柚原このみ役の落合祐里香さん、向坂環役の伊藤静さん、十波由真役の生天目仁美さん、小牧愛佳役の力丸乃りこさん、まーりゃん役の小暮英麻さん、久寿川ささら役の小野涼子さんの6人、「うたわれるもの」からは、ハクオロ役の小山力也さん、エルルゥ役の柚木涼香さん、ウルトリィ役の大原さやかさん、トウカ役の三宅華也さんの4人、「Tears to Tiara -花冠の大地-」からは、アロウン役の大川透さん、リアンノン役の後藤邑子さんの2人。さらに同社作品の主題歌などを歌っているSuaraさんと上原れなさんを加えた計14人という大人数で約3時間あまりにわたって、ライブあり、トークありの楽しいステージを繰り広げた。

 本稿ではGAME Watch的に気になる新作ゲームタイトル、PS3「Tears to Tiara -花冠の大地-」のステージを中心にレポートする。

 「Tears to Tiara -花冠の大地-」ステージでは、このイベントのために急遽編集したというアニメーションムービーを上映。制作は数々のアニメーションを手がけた「Studio4℃」が担当している。収録の話題では大川さんは「とにかくセリフが多いんですよ。ほぼフルボイスになるんじゃないかなっていうくらいのボリューム」と話すと、後藤さんは「男キャラがすごくおいしいところを持っていくんですよ、このゲームは(笑)。女性キャラも活躍はするんですけど、男性陣がすごいドラマを繰り広げるんですよ」とゲームの内容をちょっとだけ語っていた。

 大川さんは担当するキャラについて、「アロウンは魔王ですよ。物語の1,000年前に話が遡るんですが、元精霊だったアロウンが、人間や精霊たちとともに、『こんな世の中じゃだめだ』と立ち上がり、他の精霊に戦争を仕掛けて、一応の決着を見るんだけれども、傷つきはてて深い眠りにつくんですよ。ほんとだったら何万年かかけて傷を癒して復活するところが、たったの1,000年で目を覚まさせられて、まだ魔王としての力が取り戻せていないキャラクタです」と説明。一方の後藤さん演じるリアンノンは、「新妻(笑)。出会って2人の恋が始まるとかではないんですよ。目覚めた瞬間に『私、お嫁さんになります。よろしくお願いします、魔王さん』みたいな、押しかけ女房ですね。あまりの強引さにアロウンも拒否できず、くっついてきちゃった的なキャラです」と紹介した。

 さらに他のキャラクタの紹介が行なわれた。アルサル(CV:石井真)については、「石井真さんはすぐにテンパる人です(笑)」と後藤さんが笑いをとり、続けて「アルサルもすぐにテンパるタイプです。だんだん成長していきます。リアンノンの兄さんで、すごく妹大好きっ子なシスコンです」。モルガン(CV:中原麻衣)は「ちょっと大雑把であっけらかん戦士をいっぱい輩出している民族の出身で、男と混じって戦っていく女戦士」(後藤さん)という。オクタヴィア(CV:田中理恵)は「オクタヴィアは田中理恵ちゃんに似てるよね」(後藤さん)、「こんなかわいいキャラしてて戦士です」(大川さん)。スィール(CV:名塚佳織)は「あざらしです。これはゲームをやってみてください。あざらしです(笑)」(大川さん)。

 オガム(CV:秋元羊介)は「渋いキャラですよ。(アロウンの参謀で)ずっと一緒に行動してるんですよ」(大川さん)、「負けたときにはアロウンを諌めたり、年の功っていうか実は……って正体言っちゃだめか(笑)」(後藤さん)とぎりぎりでネタバレを踏みとどまっていた。ラスティ(CV:植田佳奈)は「かわいいね〜。強いです! 怪力です。一番チビキャラなんですがむちゃくちゃ怪力です」(大川さん)、エルミン(CV:清水愛)は「ドジっこメイドさん」、エポナ(CV:浅井清己)は「強いです。これも妖精なんですけど、商売勘定のほうのちょっとがめつい妖精」と紹介した。

 キャラクタ紹介の後はゲームのデモムービーを上映。こちらではシミュレーションRPGパートの映像が流されたが、シミュレーションRPGによくあるSDキャラではなく、普通の等身のキャラクタが派手なエフェクトとともに戦闘シーンを繰り広げていた。

 そして最後は、本作のテレビアニメ化を発表。制作スタッフは、監督は小林智樹氏、キャラクタデザイン・総作画監督は中田正彦氏、プロデューサーは岩佐がく氏と、テレビアニメ「うたわれるもの」と同じメンバーとなっている。

 このほか、イベント中に発表された新情報では、「ToHeart2」の新しいOVAシリーズの発売が発表された。タイトルは「ToHeart2AD」だが、どのキャラクタがメインヒロインとなるのかは伏せられていた。「うたわれるもの」ステージでも、新たにOVAシリーズの制作を発表。第1話の主役はウルトリィで、「うたわれるもの 散りゆく者への子守唄」で語られなかったウルトリィのあるエピソードになっているという。1話完結方式で、全3巻。第2話以降の主役はまだ明らかにされなかった。アニメーション制作はPS2版のオープニングムービーなどを手がけたスタッフが担当している。

 ステージでは、各タイトルのトークのほか、アクアプラス関連タイトルに関する問題が出題される「アクアプラス検定」や、3タイトル合同のアフレココーナー、Suaraさんによるライブ、そして最後は客席も一緒になって「Brand-New Heart」の大合唱でイベントは幕を閉じた。

イベント限定グッズセットなどが販売された物販コーナー 入口には同社タイトルのイラストパネルがずらりと並び、じっくりと見て回るファンの姿も多数見られた Blu-ray版「うたわれるもの」をPS3で再生していた
6人による「Heart to Heart」の合唱で始まった「ToHeart2」ステージ 一部のファンで話題となったWebラジオさながらの暴走気味なトークを展開した「うたわれるもの」ステージ 前の2つのすさまじい勢いに圧倒されながらも、ゲームの情報公開で盛り上がりを見せた「Tears to Tiara」ステージ
来場者がアクアプラス作品に関する問題に答える「アクアプラス検定」。最後の10問はステージ上で発表し、出演者たちがヒントなどを出していた
「決戦! ハクオロVSアオルン」というタイトルで行なわれたアフレコステージ。「ToHeart2」をアクアプラスの主力タイトルにするべく、まーりゃんがハクオロとアロウンを戦わせて疲弊させようと企む……というストーリー。アドリブ発言連発で大いに盛り上がった
初披露となるPS3「Tears to Tiara -花冠の大地-」の主題歌「haunting melody」など、5曲を熱唱したSuaraさん。 イベントの締めくくりは「Brand-New Heart」を出演者・来場者全員で大合唱
出演者たちが思い思いのメッセージを書き込んだホワイトボード


(C)2007 AQUAPLUS

□アクアプラスのホームページ
http://www.aquaplus.co.jp/
□「アクアプラスフェスタ2007 IN 横浜」のページ
http://www.aquaplus.co.jp/af07/index.html

(2007年12月17日)

[Reported by 滝沢修]



Q&A、ゲームの攻略などに関する質問はお受けしておりません
また、弊誌に掲載された写真、文章の転載、使用に関しましては一切お断わりいたします

ウォッチ編集部内GAME Watch担当game-watch@impress.co.jp

Copyright (c)2007 Impress Watch Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.