【Watch記事検索】
最新ニュース
【11月30日】
【11月29日】
【11月28日】
【11月27日】
【11月26日】

スクウェア・エニックス、DS「ドラゴンクエストIX 星空の守り人」発表
Wi-Fiで4人同時プレイに対応したオンラインアクションRPG

2007年 発売予定

価格:未定

エグゼクティブプロデューサーの三宅有氏
 株式会社スクウェア・エニックスは、同社のRPG「ドラゴンクエスト」シリーズの最新作「ドラゴンクエストIX 星空の守り人」を、ニンテンドーDS用として2007年に発売すると発表した。価格は未定。

 これは12日に開催された、シリーズ生誕20周年記念の新作発表会の中で発表されたもの。発表会では、12月28日発売予定のDS用RPG「ドラゴンクエストモンスターズ ジョーカー」、2007年春発売予定のWii用体感RPG「ドラゴンクエストソード 仮面の女王と鏡の塔」が紹介された後、続いてアーケード用カードゲーム「ドラゴンクエスト モンスターバトルロード」と、DS用RPG「ドラゴンクエストIX 星空の守り人」の2タイトルが発表された。

 発表会の開催にあたり、「ドラゴンクエスト」シリーズのエグゼクティブプロデューサーを務める三宅有氏は、「'86年に『ドラゴンクエスト』が発売され、今年で20周年を迎えます。20年という時間は1つの区切りにしかすぎません。全てのユーザーの皆様への感謝の気持ちを忘れずに、皆様の期待を超える、面白い『ドラゴンクエスト』を引き続き提供できるよう頑張っていきたいと思います」と挨拶した。



■ DS「ドラゴンクエストIX 星空の守り人」

 発表会では、「ドラゴンクエスト」シリーズのシナリオとゲームデザインを担当している堀井雄二氏がステージに上がり、4つのシリーズタイトルを順に紹介した。「今日はびっくりするような情報を持ってきました」と開口一番で期待を持たせるコメントをしながら、「ドラゴンクエストIX 星空の守り人」の発表を最後に持ってきたが、会場では早くもDSの実機を使ったデモプレイを行なうなど充実した内容になった。

 制作スタッフは、シナリオとゲームデザインを堀井雄二氏、キャラクタデザインを鳥山明氏、音楽をすぎやまこういち氏が担当するという、今回も変わらない布陣で臨む。開発は前作「ドラゴンクエストVIII 空と海と大地と呪われし姫君」に続き、株式会社レベルファイブが担当する。

 ゲーム内容は、俯瞰視点でのアクションRPGで、これまでのコマンド選択による戦闘とは大きく異なる。またニンテンドーWi-Fiコネクションにも対応予定で、4人でのオンラインプレイにも対応する。携帯ゲーム機でナンバリングタイトルの最新作が登場するのも今回が初めてで、かなり大胆な路線変更をとった作品といえる。

堀井雄二氏(左)とすぎやまこういち氏(右)
 プラットフォームにDSを選んだことについて堀井氏は、「以前からネットワークゲームに興味がありました。自分たちが冒険している世界に、違う人がいるというのが、すごく楽しいんです。そういったオンラインゲームは既にかなりありますが、接続が難しかったりして、一般の人にはまだまだ敷居が高い。DSなら、電源を入れるだけで簡単にネットワークにつながります。誰とでも一緒に冒険できる『ドラゴンクエスト』を作りたかったんです」と説明。誰でも手軽にネットワーク機能を利用できるという点から、DSを選ぶことになったようだ。

 開発については、「1年近く、超極秘で開発してきました。今日ようやく発表できて本当に嬉しいです」と語った堀井氏。屈指の人気タイトルの最新作を、どこにも情報を漏らすことなく、既にゲームとしてプレイ可能なレベルまで開発するという、機密を徹底した状態で進められていた。

 大きく変わったゲーム内容は、あえて1人プレイについて言及し、「1人で遊んでも十分楽しめる大作にしようと思っています。それがこのゲームを外伝ではなく、『IX』という紛れもない本編にした理由です。詳しいゲーム内容はまだ言えませんが、『IX』と付く限りは、それに値するゲームに仕上げていきます」と、ネットワークプレイだけのゲームにならないことを強調した。

 堀井氏に続いてステージに上がったのは、すぎやまこういち氏。「今や、『死ぬまでこのゲームの曲を作っていこう!』というライフワークになりました。常々、自分のPRで言っているのは、音楽業界でゲームに一番強い男、ゲーム業界で音楽に一番強い男、ということ。このタイトルを頑張って守っていきたいと思います」と、更なる意気込みを示した。

 鳥山明氏は、現在本作のキャラクタデザインの真っ最中とのことで、会場には直筆のメッセージが届けられた。鳥山氏もDSというプラットフォームには驚かされたようで、「携帯ゲーム機ということで、刺激の薄れかけていたボクとしては、なんだか原点に一度立ち戻れるような気がします。『これぞゲーム!』と自慢できるような、楽しく、シンプルで、インパクトのある新しいデザインを目指して張り切りたいと思います」と意欲を燃やしていた。

 開発を担当するレベルファイブからは、代表取締役社長の日野晃博氏が来場した。「私自身が『ドラゴンクエスト』のファンなので、『VIII』に続いて『IX』も開発を担当できて非常に嬉しいです。『VIII』で見た目が変わったのに対して、『IX』は内容が変わりそうな感じで、私もワクワクしています」と語った。開発現場にいる日野氏は、さらに色々な可能性を思い描いているようだ。

 ゲームの舞台設定やストーリーについては語られなかったが、プロモーション映像では、「そして、僕たちは天使と呼ばれていた」というセリフや、タイトルロゴにも使われている果実が空から落ちていくシーンなど、意味深なものもいくつか見られた。またサブタイトルが「星空の守り人」とされていることから、過去のシリーズにあった「天空城」のような、空をテーマにしたストーリーが用意されているのかもしれない。

鳥山明氏からは、直筆のメッセージが届けられた レベルファイブ代表取締役社長の日野晃博氏

 開発陣からのコメントが一通り終わったところで、特別ゲストとしてアイドルグループのSMAPのメンバーである草g剛さんがステージに上がった。自らゲーム好きという草gさんは、「『ドラゴンクエスト』は小学校5、6年の頃で、ずっと遊んでいました。今回は移動中とかにもDSで遊べるのでチャンスですね」と、早くもゲームへの期待を寄せた。

 続いてステージ上では、草gさんと、堀井氏、すぎやま氏、日野氏の4人で、実機を使ってオンラインプレイのデモが行なわれた。既に1年開発しているというだけあって、4人が集まって行動したり、フィールドに見えるモンスターに攻撃して倒したり、さらには装備を変えると外見が変わったりと、基本的なシステムはゲームの形になっていた。初めてプレイした草gさんも驚いた様子で、「もうできてるじゃないですか! 今年のクリスマスに発売じゃないんですか?」と興奮気味に話していた。

 デモプレイは、スタート地点の街で4人が集合し、フィールドを歩いてダンジョンへ向かい、中を探索するという流れで進められた。プレイ中は堀井氏が「ダンジョンの前に集まりましょう」などと4人をまとめようとしていたが、草gさんはモンスターを倒すのに大喜びで、すぎやま氏も黙々と画面内のモンスターを退治。日野氏は街に戻っていて、「せっかく作った街を皆さんにお見せしたいと思って……」と、それぞれが思い思いに動き回り、その都度会場から笑いが起こっていた。操作については、フィールドに見えるモンスターに直接攻撃するというシンプルなもので、初プレイの草gさんも操作面では難なくゲームに入り込んでいた。

 最後に堀井氏は、「携帯機でこのゲームを作ることには、色々な制約があると思いますが、その制約を越えてもやってみたいんです。『ドラゴンクエスト1』を作っているような気持ちになっています」と制作の意気込みを語った。またすぎやま氏からは、「堀井さんはゲームの改革者です。『ポートピア連続殺人事件』でアドベンチャーゲーム、『ドラゴンクエスト』でRPGと、それまで敷居が高かったゲームをとても遊びやすいものに大改革しました。今度はネットワークゲームという敷居の高いゲームを、誰でも遊べるものにします。すごい改革だなと思いますし、そのスタッフの一員としてやれることがとても大きな喜びです」と堀井氏への激励の言葉が送られた。

会場で行なわれたデモプレイの様子。左から、日野氏、すぎやま氏、草gさん、堀井氏の画面。戦闘に夢中になってはぐれたりと、かなり賑やかに喋りながらプレイしていた。ワンタッチで魔法を使えたり、着替えると3Dのキャラクタの外見が変わったりと、システムの基本部分はできあがっているという印象を受けた

【スクリーンショット】
3Dで細かく描きこまれたグラフィックスも、既にDSとは思えないほどクオリティが高い。発売はまだ先になりそうだが、どこまで作りこまれるのか楽しみだ



■ AC「ドラゴンクエスト モンスターバトルロード」

プロデューサーの市村龍太郎氏。初公開となる「ドラゴンクエスト モンスターバトルロード」の内容を紹介した
 発表会でもう1つ新作として発表されたのが、AC用カードゲーム「ドラゴンクエスト モンスターバトルロード」。ここ最近かなりの人気を集めているキッズ向けカードゲームに似た筐体を使った、対戦型のカードゲームになっている。1プレイ100円で、プレイごとにモンスターカードが1枚排出される。稼動時期は2007年夏の予定。

 3体のモンスターが1つのチームとなり、3対3でバトルが展開される。使用するモンスターは、モンスターカードを読み込ませることで決定する。操作は2つのボタンを使ったシンプルなもので、各モンスターに使わせたい必殺技を選ぶだけ。3対3のチーム戦による駆け引きと、多彩なモンスターカードのコレクションの2つが楽しめるゲームになりそうだ。

 筐体のデザインを見る限り、かなり低い位置にボタンがあり、キッズ向けにデザインされているのは間違いない。ただゲーム画面を見ていると、3Dグラフィックスによるアクションはこれまでになく派手で、かつ凝って作られているので、シリーズのファンならば素直に楽しめそうな印象も受けた。また筐体中央にデザインされた「王者の剣」にも、何らかのギミックが搭載されるという。

 制作スタッフは、ゼネラルディレクターに堀井雄二氏、キャラクタデザインに鳥山明氏、音楽にすぎやまこういち氏と、本編同様の陣営になっている。ゲームの開発は株式会社ロケットスタジオが担当している。取り扱い会社は株式会社タイトーとなる。

 「ドラゴンクエスト」シリーズでキッズ向けカードゲームに進出するのはもちろん初めて。さらに幅広い展開を見せるシリーズ作品について堀井氏は、「僕自身はあまりこだわりがないんです。面白ければ何でもありだと思っているので、これからも色々な『ドラゴンクエスト』を楽しみにしてください」とし、多彩な展開を積極的に進めたいという考えを示した。

稼動はまだ半年以上先になりそうだが、既に筐体やモンスターカードも作られており、会場にも展示されていた

こちらはプロモーションムービーの映像。「ドラゴンクエストVIII」の「モンスター・バトルロード」を元に制作されており、「VIII」の主人公も登場するようだ。「ゆうきポイント」や、筐体中央の「王者の剣」など、気になる要素も多い

【スクリーンショット】
基本的には2つのボタンを使い、3体のモンスターに指示を出して戦うというシンプルなシステム。3Dグラフィックスによる派手なビジュアルにも注目していただきたい



■ Wii「ドラゴンクエストソード 仮面の女王と鏡の塔」

 既に2007年春発売と発表されているWii用体感RPG「ドラゴンクエストソード 仮面の女王と鏡の塔」だが、会場では新たに声優陣を起用することが明らかにされた。「ドラゴンクエスト」シリーズでは、海外版の「ドラゴンクエストVIII」で音声が収録されたことはあったが、日本国内向けに発売されるものでは、今回初めて音声が使われることになった。

 声優には、木下あゆ美さん、小西大樹さん、松田賢二さんといった俳優を起用している。プロデューサーの市村龍太郎氏は、「ドラマや映画のような雰囲気を狙った作品なので、俳優の方にお願いしようと考えました。さらに過去に特撮の出演経験のある方で探しましたので、戦闘の「おりゃっ!」というボイスなども臨場感あるものになっています」と起用に至る経緯を説明した。

 会場で初めて公開されたプロモーション映像では、これまでイベントなどに出展された試遊台のものとは異なり、他のキャラクタと一緒に冒険するといったイメージで進行していた。Wiiリモコンを剣に見立てた操作が最大の魅力であることは間違いないが、「ドラゴンクエスト」らしいストーリーもきちんと盛り込まれているようだ。さらに堀井氏からは、「寝転がっていても遊べるようにしたい」というコメントが聞かれるなど、今後さらに内容が煮詰められていくようだ。

会場で初公開となったプロモーションムービーでは、3人のキャラクタが紹介されている。アクションシーンにも姿を見せており、ゲームプレイに直接的に関わってくる存在のようだ

【スクリーンショット】
Wiiリモコンを振って戦うというのがゲームの基本にはなるが、そこからどのようにゲームが広がっていくのか、今後の展開にも期待したい



発表会の締めには、スクウェア・エニックス代表取締役社長の和田洋一氏が挨拶。「IX」をDSで発売することについて、「『ドラゴンクエスト』の思想は一貫していて、少しでも多くの方に楽しんでいただきたいという気持ちから、いつも新しいチャレンジをしている」と語った 会場には、任天堂株式会社代表取締役社長の岩田聡氏も来場。「携帯ゲーム機に『ドラゴンクエスト』の本編が来たことに感慨を覚えている。我々が以前から繰り返し申し上げている、ゲーム人口拡大の考え方に賛同いただけたという手ごたえを感じた」と述べた

会場の外には、過去の8作品のパネルや「王者の剣」の模型、「ドラゴンクエストソード」の試遊台などが置かれていた


「ドラゴンクエストIX 星空の守り人」(C)2007 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/LEVE-5/SQUARE ENIX All Rights Reserved.
「ドラゴンクエスト モンスターバトルロード」(C)2007 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved.
「ドラゴンクエストソード 仮面の女王と鏡の塔」(C)2007 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/GENIUS SONORITY INC./SQUARE ENIX All Rights Reserved.

□スクウェア・エニックスのホームページ
http://www.square-enix.com/jp/
□レベルファイブのホームページ
http://www.level5.co.jp/
□ロケットスタジオのホームページ
http://www.rocketstd.co.jp/
□関連情報
【12月12日】スクウェア・エニックス、「ドラゴンクエスト」シリーズ本編新作を発表
「ドラゴンクエストIX 星空の守り人」、プラットフォームはニンテンドーDS【速報版】
http://game.watch.impress.co.jp/docs/20061212/sqex.htm

(2006年12月12日)

[Reported by 石田賀津男]



Q&A、ゲームの攻略などに関する質問はお受けしておりません
また、弊誌に掲載された写真、文章の転載、使用に関しましては一切お断わりいたします

ウォッチ編集部内GAME Watch担当game-watch@impress.co.jp

Copyright (c) 2006 Impress Watch Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.