【Watch記事検索】
最新ニュース
【11月30日】
【11月29日】
【11月28日】
【11月27日】
【11月26日】

マーベラスインタラクティブ、“コスプレ”を集めてバトルに打ち勝て!
DS「ネギま!? 超 麻帆良大戦 かっとイ〜ン☆契約執行でちゃいますぅ」

10月 発売予定

価格:5,040円

イメージビジュアル
 株式会社マーベラスインタラクティブは、ニンテンドーDS用アドベンチャー+戦略コスプレシミュレーションゲーム「ネギま!?(仮題)」を10月に発売する。価格は5,040円。

 DS「ネギま!?(仮題)」は、週刊少年マガジンに連載中の人気コミック「ネギま!」をモチーフにしたアドベンチャー+戦略コスプレシミュレーション。ゲームの舞台は“大阪”で、ストーリーは原作の京都編(単行本:第8巻)と麻帆良祭(同:第9巻)の間をつなぐ完全オリジナルとなっている。

 京都での激闘を終え、再び平和な日常が戻った麻帆良学園。そんななか、本山の長から即刻戻り報告するよう命じられた小太郎が「京都へ帰る」と言い出す。学園長からの要請もあり、ネギは小太郎と共に京都へ旅立つ。が、3-A生徒一同が黙って行かせるはずもなく、ネギ、小太郎、3-A生徒一行は揃って京都に向かう。

 ネギ一行は、総本山の関西呪術協会の長に、現在大阪で起こっている魔物出没事件を調べるように依頼される。大阪に向かった一行は地下にある不思議な施設にたどり着く。呪術師が服の裏に呪術を書いた“呪術洋服”なる戦闘用具が落ちていたりと、謎は深まる一方。ちょうどその頃、探索に出た生徒たちが次々に失踪。ネギたちの前には、以前戦った封眼派の千草と月詠が現れる。彼女らによれば、ここは以前、関西呪術協会の一派が麻帆良学園を参考につくった施設で、建設計画は途中で頓挫し廃墟だけが残されたが、一派の子孫たちがまた活動し始めたという。

 敵の狙いは、エヴァンジェリン。ネギたちは敵を打ち破り、捕らえられたエヴァを救出することができるのか……といったストーリーになっている。

本山の長から急ぎ帰還して報告するよう命じられた小太郎。物語は京都から一気に加速していく


 ゲーム本編は、「アドベンチャーパート」と「バトルパート」のふたつで構成されており、各パートを交互に繰り返しながらエンディングを目指す。アドベンチャーパートでは“タッチパネル”を使って生徒たちとスキンシップをはかり、好感度を上げていく。会話しながらタッチペンで触れ合うのだが、非紳士的な振る舞いをすると、逆に好感度が下がってしまうかもしれない。好感度が上がれば、生徒たちは大好きなネギのために頑張って戦うようになる。色々な場所に出かけて生徒たちの願いをかなえてあげれば、バトルパートで役立つ“コスプレ”が獲得できるなど、様々なメリットが得られる。

タッチペンでスキンシップ♪ でも変なところを触ると好感度が下がってしまう
生徒たちと色々な場所に出かけるべし。日々仲良くしていれば、いつの日か(コスプレ)道は開かれん!


 バトルパートでは、戦闘に参加する生徒たちの“コスプレ”を選んでミッションに突入し、敵を撃破していくことになる。戦闘はターン制でキャラクタ(生徒)を動かし敵を攻撃する。戦闘に参加できる生徒は6人までで、一般生徒でもコスプレを着用させればネギをサポートさせることが可能。

バトルパートはターン制SLG。マスで仕切られたマップ上でキャラクタを移動させて敵を攻撃する
戦闘アニメーションではディフォルメされたキャラクタが、可愛くも激しいアクションを見せてくれる


 コスプレは、ひらたくいえば“武器”のようなもの。それぞれ着用させることで、戦闘時の攻撃手段が「セーラー服」なら回し蹴りに、「メイド服」ならモップに、「ナース服」なら十字架に、「麻帆良学園制服」ならハリセンなど、それぞれ変化する仕組みになっている。各攻撃は、タイミングよくボタンを押せばコンボ攻撃に変化して大ダメージが与えられる。また、クリアしたときの状況によっては、通常では入手できないものが獲得できるといったボーナスがつくときもある。

魅惑のコスプレ。見た目だけでなく実益も兼ね備えたスグレモノ。たくさん集めてバトルパートを有利におしすすめたい
コスプレによる攻撃変化の一例。アスナの強烈なハリセンチョップが炸裂!


 ネギの生徒「3-A」のメンバー全員のほか、小太郎、月詠・千草なども登場。ファンはもちろんのこと、知らなかった人もこの機会に原作ともどもチェックしてみてはいかがだろうか。

【スクリーンショット】


(C)赤松健・講談社/関東魔法協会・テレビ東京
(C)2006 Marvelous Interactive Inc.

□マーベラスインタラクティヴのホームページ
http://www.mmv-i.net/

(2006年7月28日)

[Reported by 豊臣和孝]



Q&A、ゲームの攻略などに関する質問はお受けしておりません
また、弊誌に掲載された写真、文章の転載、使用に関しましては一切お断わりいたします

ウォッチ編集部内GAME Watch担当game-watch@impress.co.jp

Copyright (c) 2006 Impress Watch Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.