【Watch記事検索】
最新ニュース
【11月30日】
【11月29日】
【11月28日】
【11月27日】
【11月26日】

家庭用11キャラを追加したシリーズ集大成
SNKプレイモア、PS2「サムライスピリッツ 天下一剣客伝」

2006年1月26日 発売予定

価格:7,140円

正式稼動から半年弱の超スピード移殖を実現!
 株式会社SNKプレイモアは、プレイステーション 2用ソフト「サムライスピリッツ 天下一剣客伝」を2006年1月26日に発売する。価格は7,140円。CEROレーティングは12歳以上。マルチマッチングBBを介したオンラインプレイに対応。初回版には特典として新キャラクタ「いろは」のユージン製・完全版フィギュアが付属される。

 PS2「サムライスピリッツ 天下一剣客伝」は、9月中旬からアーケードで稼動中の2D対戦格闘ゲームに、さまざまな家庭用オリジナル要素をくわえた移殖作品。武器をベースにした戦いがモチーフとなっており、刀、槍、フェンシング剣、銃剣、鎖鎌、弓、番傘、木槌、禅杖、ガントレット、拳(肉弾戦)などなど、キャラクタごとに異なる武器を手に死闘を繰り広げる。

 キャラクタ人気も同シリーズにおける特徴のひとつで、本作にも“一筋縄ではいかない”個性的な面々が多数登場する。なかでも“旦那様”のために戦う「いろは」は、メイドなど流行りの萌え要素を多分に取り入れたキャラクタとしてシリーズのファン以外からも高い注目を集めた。その一方で、(筆者のような)キワモノやイロモノが好きな人向けに、王虎、ズィーガー、幻庵、和狆、アースクエイクといった旧キャラクタが復活している点も見逃せない。

アンドリュー いろは 機巧おちゃ麻呂
祭囃子双六 黒子

マルチマッチングBBに対応。自宅でいつでも熱い対戦が楽しめる。自宅で練習してからアーケードに出撃というのもアリだ


 ゲームシステムは、方向キー、弱、中、強の攻撃、蹴り、特殊移動の5ボタン制。前後ダッシュ、受身といった格闘ゲームではおなじみの要素以外にも、“防御崩し”、相手の攻撃に合わせて強引に隙を作る“弾き返し”、さらにはキャラクタの戦法が大きく変化する“スピリッツセレクト”など、対戦を熱く盛り上げるシステムが多数用意されている。

 スピリッツセレクトは、“怒”、“真”、“斬”、“天”、“零”、“剣”のほかに家庭用オリジナルの“魔”、“獣”、“祭”を追加。アレンジBGM、キャラクタのカラーエディットとあわせて、アーケード版をやりこんだ人も新鮮な気持ちでプレイできるのがいい。なお、追加スピリッツセレクトは特定の条件を満たさないと出現しない。

スピリッツ名主な特徴
【怒】“怒り”ゲージが最大になると全ての攻撃力がアップ。“超斬り”の威力も絶大となる
【真】“武器破壊技”が使える数少ないスピリッツで、唯一キャラクターをぬいぐるみに変えられる。方向キーと特殊ボタンの組み合わせで、伏せ、前後転、下段避けが実行可能
【斬】弱、中斬りボタン同時押しで怒りゲージが溜められる。武器飛ばし技が使える。特殊ボタンはジャンプ中だと空中ガード、地上だと避け、回り込みに変化
【天】弱、中斬り同時押し攻撃から特定の攻撃ボタン連打につなげられる“連斬システム”を搭載。攻撃ボタン3つ同時押しで、 “怒り爆発”が発動し、一撃必殺の“一閃”が使用可能となる。特殊ボタンで避け、回り込みが使える
【零】特定条件を満たすことで、相手の動きを遅くする“無の境地”が使える。持続時間は弱、中斬り同時押しの“瞑想”でゲージを溜めたぶんだけ延長可能。方向キーと特殊ボタンの組み合わせで、伏せ、跳び込みなどが実行可能
【剣】弱、中斬り同時押しで、あらゆる攻撃を無効化する“完全ガード”が使える。武器飛ばし技、秘奥義が使用可能。特殊ボタンの伏せ、避けに成功すると秘奥義ゲージが上昇する“ミキリスライド”システムを搭載
【魔】PS2版オリジナル。攻撃に成功してもダメージを受けてもゲージが増加する。“武器破壊技”が使える。特殊ボタンで前後転が実行可能
【獣】PS2版オリジナル。動物キャラクタ対応スピリッツ。(動物以外のキャラクタでも使用可能。ただし、ネットワーク対戦時のみ動物キャラ専用)ガード不能のかわりに“サムライコンビネーションスラッシュ”、時間差起き上がりの“死んだふり”が使える。“剣スピリッツ”のミキリスライドが実行可能
【祭】PS2版オリジナル。総合ポイントの範囲内でスピリッツ内容を自由にエディットできる

※ 【祭】【獣】【魔】は、特定の条件をクリアすると選択可能になる

スピリットをエディットできる「祭」など家庭用オリジナル要素が盛りだくさん。色々な組み合わせを試してみよう



 ゲームモードは、アーケード、バーサス(対戦)、プラクティス、ネットワーク対戦、オプションの6種類。その他、特定の条件をクリアすることでサバイバル、スピリッツエディット、ギャラリーといった隠しモードが出現する。

 登場キャラクタは、アーケード版の41人にコンシューマオリジナルの11人が追加され、総勢52人というボリュームを誇る。デフォルトで登場するキャラクタとは性能が異なる“EXキャラクタ”については、新スピリッツセレクト同様に特定条件を満たさないと出現しない。

    【追加キャラクタ】
  • 羅刹ガルフォード、キム・ウンチェ、パピー、シクルゥ&ママハハ、チャンプル、パクパク、黒子

    【EXキャラクタ】

  • EX徳川慶寅、EX劉雲飛、EX妖怪腐れ外道、EX真鏡名ミナ
 これだけの要素を詰め込んだ作品が、アーケードでの正式からわずか半年弱で“自宅で遊び放題”になるのは驚きのひとこと。シリーズのファンはもちろん、対戦格闘ゲームが好きな人ならぜひともチェックしていただきたい。

1日1キャラをプレイするだけでも単純計算で52日。さらに充実のゲームモード。ファンは毎日「サムスピ」漬けになること間違いなし
【羅刹ガルフォード】
【キム・ウンチェ】
【パピー】
【シクルゥ&ママハハ】
【チャンプル】
【パクパク】
【黒子】
【EXキャラクタ】


(C)SNK PLAYMORE
※「サムライスピリッツ」は株式会社SNKプレイモアの登録商標です

□SNKプレイモアのホームページ
http://www.snkplaymore.jp/
□「サムライスピリッツ」総合公式サイト
http://www.samuraispirits-official.com/
□製品情報
http://www.snkplaymore.jp/game/consumer/title/samurai_tenkaichi.php
□関連情報
【11月21日】SNKプレイモア、「サムスピ」の横スクロールアクションゲーム
iモード「侍魂〜四面楚歌〜」を配信
http://game.watch.impress.co.jp/docs/20051121/soka.htm
【9月17日】東京ゲームショウ2005、SNKプレイモアブースレポート
http://game.watch.impress.co.jp/docs/20050917/snkb.htm
【9月16日】東京ゲームショウ2005、SNKプレイモアプレスカンファレンス
http://game.watch.impress.co.jp/docs/20050916/snkpre.htm
【9月9日】ユージン、SNKプレイモアの「サムスピ」カプセルフィギュア
「SR サムライスピリッツ」を発売
http://game.watch.impress.co.jp/docs/20050909/srss.htm

(2005年12月14日)

[Reported by 豊臣和孝]



Q&A、ゲームの攻略などに関する質問はお受けしておりません
また、弊誌に掲載された写真、文章の転載、使用に関しましては一切お断わりいたします

ウォッチ編集部内GAME Watch担当game-watch@impress.co.jp

Copyright (c) 2005 Impress Watch Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.