【Watch記事検索】
最新ニュース
【11月30日】
【11月29日】
【11月28日】
【11月27日】
【11月26日】

セガ、AC「三国志大戦」稼動開始
全国対戦モードを搭載したリアルタイムカードゲーム

3月15日 稼動開始

料金:300円(プレイ料金)
   500円(スターターパック)
   300円(ICカードのみ)


 株式会社セガは、アーケード用リアルタイムカードゲーム「三国志大戦」の稼動を3月15日より開始する。プレイ料金は1プレイ300円で、1プレイごとに1枚のカードが払い出される。

 AC用「三国志大戦」は、三国志の世界を舞台にしたリアルタイムシミュレーションゲーム。同社のAC用サッカーゲーム「ワールドクラブ チャンピオンフットボール(WCCF)」シリーズと同じフラットリーダー型筐体を用い、武将の書かれたトレーディングカードを操作する。

 ゲームプレイには、ゲームデータを記録するICカード「君主カード」と、武将のデータが書き込まれたトレーディングカード「武将カード」を使用する。スターターパックには、「君主カード」1枚と「武将カード」4枚が封入されているので、初めてプレイする際にはこちらを購入する必要がある。スターターパックは500円。また「君主カード」の使用回数が切れた際は、300円で単品販売される「君主カード」を使用する。

 「武将カード」には1から3までのコストが設定されており、合計値が8以下になるように使用するカードを決める。ゲームはシミュレーション形式で、画面に表示された軍勢を、パネルに配置した「武将カード」を動かして操作する。武将には騎兵、弓兵、槍兵などのタイプがあり、それぞれの長所を生かした操作が要求される。

 各武将は必殺技の「計略」を持っており、使用すると通常戦闘とは異なるさまざまな効果が発動する。またプレーヤーには、戦況を一変させるほどの効果を持つ「兵法」が用意されており、各戦闘ごとに1回のみ使用できる。

 対戦はCPUや店内のプレーヤーだけでなく、他の店舗でプレイしている相手ともネットワーク対戦が可能。全国のプレーヤーから、レベルの近いプレーヤーが自動的にマッチングされるので、初心者から上級者まで安心してプレイできる。

【スクリーンショット】
俯瞰視点で表示される武将をリアルタイムに操作して戦う 敵陣の最奥にある城を攻め落とせば勝利。逆に自軍の城を落とされれば敗北となる
戦闘中に一騎打ちが発生。勝利すれば相手の軍隊を撃破できる 敵軍に火のついた矢を放つ計略「火計」

【武将カード】
武将のデザインには人気漫画家を多数起用。上段左は「修羅の門」などの川原正敏氏による「劉備」、上段右は「RAVE」などの真島ヒロ氏による「曹操」


(C)SEGA, 2005

□セガのホームページ
http://sega.jp/
□「三国志大戦」のページ
http://www.sangokushi-taisen.com/
□関連情報
【2月18日】「AOU2005 アミューズメント・エキスポ」ブースレポート 〜セガ編〜
カード、ビデオ、メダルと多彩なラインナップ
http://game.watch.impress.co.jp/docs/20050218/aou_sg.htm
【2004年11月2日】セガとサミー「プライベートショー 2004“Autumn”」を開催
「三国志大戦」、「ネオジオ バトルコロシアム」などを出展
http://game.watch.impress.co.jp/docs/20041102/ss.htm

(2005年3月15日)

[Reported by 石田賀津男]


Q&A、ゲームの攻略などに関する質問はお受けしておりません
また、弊誌に掲載された写真、文章の無許諾での転載、使用に関しましては一切お断わりいたします

ウォッチ編集部内GAME Watch担当game-watch@impress.co.jp

Copyright (c)2005 Impress Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.