【Watch記事検索】
最新ニュース
【11月30日】
【11月29日】
【11月28日】
【11月27日】
【11月26日】

タイトー、往年の名作がいつでもどこでも遊べる
PSP「スペースインベーダー ポケット」

5月 発売予定

価格:3,990円

 株式会社タイトーは、PSP用シューティング「スペースインベーダー ポケット」を5月に発売する予定。価格は3,990円。

 '78年に登場した「スペースインベーダー」は、数多くの人々に支持され爆発的な大ヒットとなり、社会現象にまで発展した。いわばこの「スペースインベーダー」の登場によって日本のTVゲーム史が始まった瞬間であったと言えるほどの名作。

 その名作が20年以上の時を経て、最新携帯ゲーム機であるPSPに登場する。'78年に登場した「スペースインベーダー」はもちろん、その後、次々と登場したインベーダーシリーズも収録。

 収録タイトルは、'78年発売「スペースインベーダー」の「白黒」、「セロハン」、「アップライト筐体」、「カラー」の4タイプと、'79年発売「スペースインベーダー パート2」、'85年発売「リターン オブ ザ インベーダー」、'90年発売「マジェスティック・トゥエルブ スペースインベーダー パート4」、'95年発売「あっかんべぇだぁ〜」の8タイプ。

 また、'78年に発売された「スペースインベーダー」には、プログラムのミス(バグ)を利用した「名古屋撃ち」や「レインボー」などといった数多くのテクニックが存在した。このバグはPSPでも完全に再現されているので、是非1度は体験してもらいたい。

■ 「スペースインベーダー」

 左右にビーム砲(自機)を動かし、頭上より迫り来るインベーダーを全て撃破することでステージクリア。ゲームオーバーは、インベーダーの撃つ弾によりビーム砲が全滅した場合と、インベーダーがビーム砲のある最下段まで迫り侵略された場合の2通りある。

 ゲーム内容は同じであるが、見た目が異なる4つのバリエーションが収録されている。

カラータイプ 白黒タイプ
セロハンタイプ アップライト筐体タイプ


■ 「スペースインベーダー パート2」

 ルールは「スペースインベーダー」と同じ。異なる点は、「キャラクタが増えた(点滅UFOと分裂インベーダー)」、「トーチカに面数を表す数字が描かれた」、「最後に10ptsインベーダーを倒すとボーナス得点が入る」、「クリアデモの追加」、「3面以降にUFOが30ptsのインベーダーを落とす」の5つ。

 細かい変更点であるが、得点に絡む変更が高得点を目指すプレーヤー達の支持を得た。

■ 「リターン オブ ザ インベーダー」

 基本的なルールは「インベーダー」と同じ。大きな変更点は「撃破したUFOからアイテムが落とされ、装着することでビーム砲がパワーアップ」、「敵が回転したりとイレギュラーな動きをする」、「ZICONを最後に残すとチャレンジステージが登場」、「グラフィックの進化」の4つ。

 グラフィックはこれまでのシリーズとは大きく変更された。

■ 「マジェスティック・トゥエルブ スペースインベーダー パート4」

 前作からの大きな変更点は、「パワーアップアイテムの登場」、「ゾーンセレクト」、「ボスキャラとの対決」、「インベーダーの種類が100種類」、「UFOの種類が14種類に」の5つ。

 UFOを倒すとアイテムが出現。アイテムを取ることで自機がパワーアップし、特殊攻撃を行なうことができる。ゾーンは全部で12あり、そのうち5ゾーンをクリアするとゲームクリア。

■ 「あっかんべぇだぁ〜」

 前作からの変更点は、「自機は10種類から選択可」、「ため攻撃が可能」、「UFOに耐久力がついた(1発撃つと落下を始め、2発目で撃破となる、撃破されたUFOは空爆を起こし周囲のインベーダーを巻き込む)」、「BOXを持ったUFOを撃破するとアイテムを落とす、落下したアイテムには様々な効果を発揮」、「自機にパイロットが登場」の5つ。

(C)TAITO CORP.1978,2004
※この画像は開発中のものです。

□タイトーのホームページ
http://www.taito.co.jp/

(2005年2月16日)

[Reported by 志賀康紀]


Q&A、ゲームの攻略などに関する質問はお受けしておりません
また、弊誌に掲載された写真、文章の無許諾での転載、使用に関しましては一切お断わりいたします

ウォッチ編集部内GAME Watch担当game-watch@impress.co.jp

Copyright (c)2005 Impress Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.