【Watch記事検索】
最新ニュース
【11月30日】
【11月29日】
【11月28日】
【11月27日】
【11月26日】

アルケミスト、DC「プリンセスホリデー」を5月29日に発売

5月29日 発売

価格:6,800円(通常版)
    7,800円(限定版)


限定版に同梱される「声の出るカード」
 株式会社アルケミストは、ドリームキャスト用アドベンチャーゲーム「プリンセスホリデー 〜転がるりんご亭千夜一夜〜」を5月29日に発売する。価格は通常版が6,800円で、限定版が7,800円。VGAボックス、ぷるぷるぱっく、ビジュアルメモリに対応。限定版には、ヒロインのメッセージを収録した「声の出るカード」が同梱される。

 DC「プリンセスホリデー」は、世間知らずのお姫様の教育係となって、さまざまな出来事を体験するファンタジックお姫様アドベンチャーゲーム。物語の舞台は「シンフォニア王国」という小国の城下町。吟遊詩人として諸国を放浪していた主人公(プレーヤー)は、王都の教会でシスターを務める妹から一通の手紙を受け取る。3年ぶりに戻った街で、主人公はお城を抜け出したお姫様「レティシア」を偶然かくまい、そのままお姫様の教育係を引き受けることになる。

 お姫様の世間知らずな行動に、姫の護衛役を務める幼なじみ、妹、酒場の看板娘、博識な魔法使いの少女らが、よってたかってお姫様をかまいはじめる、といったストーリー。

 ゲームは、「転がるりんご亭」という酒場兼宿屋を中心に展開。お姫様の社会勉強(修行)が終わる約1カ月間を通してプレイする。ストーリーの前半部分は、1日単位で進行する。移動はMAPでポイントを指定するシステムで、画面には女の子のチビキャラアイコンが登場する。移動したポイントでは選択肢が発生する場合があり、選択した結果がストーリー後半の展開に大きく影響する。

 本作はPC版をベースに、DCならではのさまざまな新要素を追加。選択肢を選ぶシーンでは「おたすけナビ」が登場。これは、選択肢がどのキャラクタの好感度を上げるのかを、見た目でわかりやすく教えてくれるシステム。環境設定でON・OFFが可能。

 シナリオ、エンディングは、PC版を大幅に追加修正したといい、エンディングは各キャラ2パターンずつ、計12通りを用意。PC版では1シーンしか登場しない宰相令嬢「ディアナ」にも、専用のシナリオおよびエンディングを追加。PC版で好評を博したクリア後の「おまけシナリオ」も収録されている。なお、インストだったエンディング曲にはヴォーカルが追加されている。

【スクリーンショット】


(C)AUGUST/Alchemist/HuneX

□アルケミストのホームページ
http://www.alchemist-net.co.jp
□製品情報
http://www.alchemist-net.co.jp/products/princess_holiday/

(2003年4月11日)

[Reported by 北村孝和]


Q&A、ゲームの攻略などに関する質問はお受けしておりません
また、弊誌に掲載された写真、文章の無許諾での転載、使用に関しましては一切お断わりいたします

ウォッチ編集部内GAME Watch担当game-watch@impress.co.jp

Copyright (c) 2003 Impress Corporation All rights reserved.