【作品紹介】アスキー「TECH SATURN」の連載コミック「メガドラ兄さん」を経て1997年9月の同誌の休刊により「セガサターンマガジン」へと移籍し、「コミックサタマガ」の枠で「セガのゲームは世界いちぃぃぃ!」のタイトルで'97年12月12日号より連載開始。メガドラ兄さん(メガドライブ)、キャス子(ドリームキャスト)、サタ郎(セガサターン)、ギア夫(ゲームギア)、ナオミ(NAOMI)など、セガハードを擬人化したキャラクターを中心に、ゲーム業界のリアルタイムな話題を自虐的に描く。連載は「ドリームキャストマガジン」から「ドリマガ」まで続き、その終了後も「週刊プレイボーイ」や「CONTINUE」などで復活する。単行本は3巻が発売

【作品紹介】アスキー「TECH SATURN」の連載コミック「メガドラ兄さん」を経て1997年9月の同誌の休刊により「セガサターンマガジン」へと移籍し、「コミックサタマガ」の枠で「セガのゲームは世界いちぃぃぃ!」のタイトルで'97年12月12日号より連載開始。メガドラ兄さん(メガドライブ)、キャス子(ドリームキャスト)、サタ郎(セガサターン)、ギア夫(ゲームギア)、ナオミ(NAOMI)など、セガハードを擬人化したキャラクターを中心に、ゲーム業界のリアルタイムな話題を自虐的に描く。連載は「ドリームキャストマガジン」から「ドリマガ」まで続き、その終了後も「週刊プレイボーイ」や「CONTINUE」などで復活する。単行本は3巻が発売