ニュース

「PS Awards 2013」にてPS4版「FFXIV: 新生エオルゼア」を初公開

正式サービスは4月開始! PS4版の高解像度表示やPS Vitaのリモートプレイを披露

12月3日発表

PS4の紹介に合わせて「ファイナルファンタジーXIV: 新生エオルゼア」について触れたSCEJA河野弘プレジデント
PS4版の正式サービスは4月と発表
グラフィックスの美しさはストリーミング映像のキャプチャではわからなかったが、PS3版を上回る高解像度とディテール豊かな描写が確認できた

 スクウェア・エニックスは、12月3日に実施されたソニー・コンピュータエンタテインメントジャパンアジア主催のプレイステーションプラットフォームの祭典「PlayStation Awards 2013」において、本邦初となる「ファイナルファンタジーXIV: 新生エオルゼア」プレイステーション 4版を初公開した。「FFXIV: 新生エオルゼア」は本アウォードにおいて「PS Awards特別賞」を受賞した。

 今回公開されたのは、実機から収録した数分の短いトレーラー。グループによるフィールドでのチョコボ疾走シーンに始まり、比較的処理が重くなる紅蓮の炎に包まれた真イフリートとのバトルシーン、そしてPS4オリジナル機能となるPlayStation Vitaを使ったリモートプレイなどをテンポ良く見せるデモだった。トレーラーではPS3版を上回る豊かなグラフィックス表現と1080p/30fpsによる高解像度かつ滑らかなゲームプレイ、そしてPS Vitaを使ったリモートプレイによって、新しいエオルゼアの魅力をアピールしてくれた。

 また、トレーラー再生後には、PS4版の正式サービス開始時期を4月と発表。2月22日のβテストから1カ月余りで正式サービスに移行することが明らかになった。PS4版は現行サーバーと同じ環境でプレイする事ができ、現在のキャラクター等はすべて引き継げる。すでに発表済みのように、PS3版のユーザーは、無料でPS4版のクライアントを手に入れることができる。

 なお、トレーラーの公開に留まったが、12月14日に予定されている「第11回プロデューサーレターLIVE」では、PS4の実機を使ったデモンストレーションのほか、PS Vitaによるリモートプレイの実演なども行なわれる予定となっている。

【PS4ローンチタイトル】
PS4の日本ローンチタイトルは25タイトル。「FFXIV: 新生エオルゼア」β版もローンチタイトルに含まれている

【真イフリート戦】
真イフリートのバトルシーンでは、PC版限定だった1080pによる高解像度で画面をたっぷり使ったゆとりのある画面でゲームパットモード、キーボード/マウスモードで真イフリートと戦うシーンを見ることができた

【PS Vitaリモートプレイ】
PS Vitaを使ったリモートプレイでは、PS Vitaを接続するシーンから始まり、ウルダハを舞台にPS Vitaでクラフターを操作するという簡単なデモが行なわれた。PS Vita側でメニューやUIがどうなるのかはまだわからない

(中村聖司)