ニュース

「FFXIV: 新生エオルゼア」βテストフェーズ3を7月15日で終了

第5回テストは7月10日から15日までの5日連続で実施

8月27日発売予定

価格:
3,300円(PS3通常版)
10,290円(PS3コレクターズエディション)
オープンプライス(Windows PC版)
利用料金:

1,344円(エントリー、30日)
1,554円(スタンダード、30日)
4,347円(スタンダード、90日)

 スクウェア・エニックスは、現在βテストフェーズ3を実施している「ファイナルファンタジーXIV: 新生エオルゼア」において、第5回テストの日程を発表した。この第5回テストを持ってβテストフェーズ3は終了となり、βテストの最後のフェーズで、最初で最後のオープンテストとなるβテストフェーズ4へと移ることになる。βテストフェーズ4の日程は改めて発表するとしている。

βテストフェーズ3 第4回テストより実装されたコンテンツファインダー。開発コメンタリーも公開されている

 「FFXIV: 新生エオルゼア」では、8月27日の正式サービス開始に向けて現在βテストが行なわれている。現在実施中なのが、E3 2013終了直後の6月14日より実施されているのβテストフェーズ3で、文字通りクローズドβテストの3段階目のフェーズとなる。このβテストフェーズ3からプレイステーション 3版でのテストもスタートし、内容的にも3国エリアがすべて実装され、バトルシステムも正式サービスにより近いものを盛り込み、現行版キャラクターの引き継ぎテストも始まるなど、まさに正式サービスが近づいていることを伺わせる内容となっている。

 先週実施された第4回テストでは、プロデューサー/ディレクターの吉田直樹氏が、「FFXIV: 新生エオルゼア」のMMORPGとしての中核的なシステムとして位置づけているコンテンツファインダーが実装され、フォーラムではコンテンツファインダーの使い方や使い勝手についてのディスカッションが盛り上がっている。

 フェーズ3の最終回となる第5回テストでは、これまでで最長となる5日間連続での長期稼働テストとなる。実施期間は7月10日18時から7月15日18時までで、連続稼働状態でのサーバーの安定性を確認する。コンテンツ的には第4回テストまでと同じで、コンテンツファインダーのマッチング負荷検証や、「旧FFXIV」キャラクターの引き継ぎ動作チェック、PS3版の基本動作チェックなどが検証される。

 なお、事前の告知通り、βテストフェーズ3で作成・育成したキャラクターはすべて削除される。キャラクターの外見データのみ、βテストフェーズ4以降に持ち越すことができ、それを希望するユーザーはシステムデータ(詳細はフォーラムを参照のこと)を削除しないように呼びかけている。なお、クライアントデータはβテストフェーズ4では使えなくなるため、βテストフェーズ3が終了し次第、アンインストールを行なって欲しいとしている。

 βテストフェーズ4は、これも事前の告知通り、すべての希望者がプレイできるオープンβテストになる見込みで、キャラクターデータのワイプもなく、原則としてすべてのデータを正式サービスに引き継ぐことができる。βテストフェーズ4のスケジュールや内容については後日発表するとしている。

 なお、第5回テスト実施期間中にあたる7月14日には、ニコニコ生放送にて「"ひろゆき×吉田P対談"『3回目』」の開催が予定されている。βテストフェーズ3を生実況したり、日本マイクロソフトのタブレット PC「Surface Pro」でベンチマークをとる企画などが予定されているが、おそらくβテストフェーズ4に関する話題もこのイベントで発表が行なわれることが予想されるため、注目したいところだ。

【FFXIV 開発コメンタリー2“コンテンツファインダー”編】

【フィールドウォークスルーPart3】

(中村聖司)