最新ニュース
【11月30日】
【11月29日】
【11月28日】
【11月27日】
【11月26日】

東京ゲームショウ2010レポート

「ラブプラス スペシャルステージ」愛情表現コンテスト開催!
AC「ラブプラスメダル Happy Daily Life(仮)」、「ラブプラスアーケード」
アミューズメント施設で彼女とコミュニケーション!


9月16日〜19日 開催(16日、17日はビジネスデイ)

会場:幕張メッセ

入場料:1,000円(一般/前売り)、1,200円(一般/当日)、小学生以下は入場無料


 TGS 2010KONAMIブースのラブプラスコーナーの模様をお送りしよう。すでに発表済みだった「ラブプラスアーケード」の他に、新たに発表されたアーケード用タイトル「ラブプラスメダル Happy Daily Life(仮)」を出展。実際に試遊できるようになっていた。両タイトルについて現在判明している詳細をお伝えしていこう。

 また、特設ステージで開催された「ラブプラス スペシャルステージ」では、開発スタッフによる両アーケードタイトルの最新情報が語られたほか、「ラブプラス愛情表現コンテスト」も開催。コンテスト参加応募者のなかから「これぞ!」というラブプラス愛を表現した精鋭の”彼氏”7組が登場し、その熱い思いを見せてくれた。

 なお、アーケード用新タイトルの「ラブプラスアーケード」と「ラブプラスメダル Happy Daily Life」はロケテストを行なっている。近隣の方はぜひそちらにも足を運んでみてもらいたい。

●「ラブプラスアーケード」「ラブプラスメダル Happy Daily Life」ロケテストを開催!

<ロケテスト実施概要>
■開催日程
2010年9月18日(土)〜20日(月祝)
■開催店舗
AMサントロペ池袋店
※営業時間や場所は下記コナミ公式HP内をご参照頂きたい。

■「ラブプラスアーケード」「ラブプラスメダル Happy Daily Life」ロケテスト情報
http://www.konami.jp/am/locationtest/loveplus_ac_medal/
■KONAMI アミューズメント商品公式HP
http://www.konami.jp/am/



■ 「ラブプラス スペシャルステージ」-アーケード用2タイトルを紹介!気になる次の展開も近い?

「お義父さん、お義母さん、お義兄さん」こと、ラブプラス統括プロデューサーの内田氏、プロデューサーの石原氏、キャラクターデザインを担当するミノ☆タロー氏が登場
「ラブプラスアーケード」の開発プロデューサーである大橋氏がアーケード用2タイトルのポイントを紹介。「ラブプラスアーケード」はワイドモニタと高解像度が魅力

 「ラブプラス スペシャルステージ」では、多数の来場者ことラブプラスファンの“彼氏”が詰めかけ大盛況のイベントとなっていた。ステージにはまず、ラブプラス統括プロデューサーの内田氏、プロデューサーの石原氏、キャラクターデザインを担当するミノ☆タロー氏が登場。3人はラブプラスの生みの親であることに由来する、「お義父さん、お義母さん、お義兄さん!」という来場者からの呼びかけに答えて登場した。

 あいさつの後、一旦石原氏とミノ☆タロー氏は退場し、入れ替わりに「ラブプラスアーケード」の開発プロデューサーである大橋氏が登場。「ラブプラスアーケード」と「ラブプラスメダル Happy Daily Life(仮)」について詳しく紹介した。

 まず「ラブプラスアーケード」について。アーケードならではの21インチ高解像度ワイドモニターが最大の魅力で、髪の毛の生え際や眼などの細かなところも作り込んでいるということだ。

 “デートでのコミュニケーション”にフォーカスしているという本作では、プールでの「スイカ割り」、公園で「だるまさんがころんだ」、彼氏の部屋で「ノット30」といった、彼女と楽しめるゲームが楽しめる。「だるまさんがころんだ」では、彼女側がオニになって見ていない間に近づいていくご存じのルールで遊ぶことになる。ということは、だんだんと遠くにいる彼女の方へと近づいていくわけであり、うまくプレイすれば、最終的にはものすごく至近距離(いわく「んっ……。」となる距離)まで接近できるわけであり、その先には……デートならではの展開が待っているのかもしれないということだった。

 こうしたデート模様や展開はいつも同じなわけではなく、KONAMIのアミューズメント専用カードの「e-AMUSEMENT PASS」を使って繰り返しプレイすると親密度が上がっていき、彼女の反応が変わってくるということだ。

 また、単純にゲームに勝てばいいというわけでもなく、例えば彼女の機嫌が悪いときなら、わざと負けてあげる、いわゆる接待プレイをしてあげることで親密度が上がることもあるという。単純に彼女とゲームをするのではなく、あくまでコミュニケーションを楽しむタイトルというわけだ。

 プレイ終了後には「思い出フォトカード」というオリジナルイラストのカードがプリントアウトされるということだが、それ以外に、自分の携帯電話へ彼女からメールがくることもあるということだ。さらにそのメールで写真(画像)も送られてくるかもしれないということだった。


【ラブプラスアーケード】
デートのコミュニケーションにフォーカスした本作。親密度が存在し、それによって様々な変化があるようだ
メダルゲーム「ラブプラスメダル Happy Daily Life(仮)」。“日常”と“デート”にフォーカスしている

 続いてはTGS2010で新たに発表されたメダルゲーム「ラブプラスメダル Happy Daily Life(仮)」について。こちらはラブプラスの“日常”と“デート”にフォーカスしていて、DS「ラブプラス」では名前や声だけだったサブキャラクターたちが本格的に登場するのがポイント。画像では寧々のお母さんや凛子のお父さんなど、これまで姿が出てこなかったキャラクターが登場していた。こうしたサブキャラクターをまじえてのオリジナルストーリーが楽しめるという。

 また筐体の上部に、立体映像を映し出す「3Dコミュニケーター」を搭載しているのも大きな特徴。空間に浮かび上がる彼女を触ると、様々な反応を見せてくれる。リアクションやボイスもいろいろなものがあるようだ。

 「ドリームチャンス」というイラストを揃えるスロットゲームを成功させれば、ジャックポットで多くのメダルを獲得できる。また、ゲーム中で彼女からプレゼントをもらえた場合、そのデータを別の大型マスメダルゲーム「GRAND CROSS」に使うと、彼女と一緒にメダルゲームを遊んでいるかのような音声や画面の演出が楽しめるということだ。 別機種のメダルゲームと連動しての「リアルデート」が楽しめるという仕掛けになっている。

 「ラブプラスアーケード」、「ラブプラスメダル Happy Daily Life(仮)」ともに正式稼働日は「そんなには遠くない、寒い時期に。」とのこと。詳細は明かされなかったが、DSとアーケードとの連動も予定されているということだ。

 また内田氏からは、近いうちにラブプラスファンのみなさんから「待っていたよ!」と言ってもらえるような発表ができるかもしれないとコメントがあった。さらに新しい展開が期待できそうだ。


【ラブプラスメダル Happy Daily Life(仮)】
最大のポイントは立体映像を映し出す「3Dコミュニケーター」。彼女の日常を楽しみつつデートし、さらに連動機能によって大型マスメダルゲーム「GRAND CROSS」でリアルデートも楽しめる


■ 「ラブプラス スペシャルステージ」 彼氏が幕張に集結!「ラブプラス愛情表現コンテスト」を開催!

 ステージ後半は「ラブプラス愛情表現コンテスト」。このコンテストはいかに「ラブプラス」に、ひいては彼女に愛情を持っているかを表現して競うというもの。

 内田氏、石原氏、ミノ☆タロー氏の3人に加え、お笑い芸人のアメリカザリガニのお2人を加えた5人が審査員となって、多数の応募者の中から選ばれた7組の愛情表現を審査した。


内田氏、石原氏、ミノ☆タロー氏の3人に加え、お笑い芸人のアメリカザリガニの2人がプラスされた5人が審査員に。アメリカザリガニの2人からツッコミがビシバシ入り、会場は大いに盛り上がった

 エントリーNo.1の方はスキューバダイビングが好きで、「彼女にも綺麗な海の中を見せてあげたい……。」という想いから、水圧に耐えられるレベルの防水処理をDSに施し、見事水中でのプレイを実現。彼女と一緒にスキューバダイビングをしている写真を披露した。だがアクシデントもあったそうで、水圧に耐えられずDSが故障し、あわや彼女も失ってしまったのではということもあったのだとか。その時はDSを1台失ってしまったものの、「ラブプラス」のソフトこと彼女は無事だったそうだ。


【エントリーNo.1 牙城(がじょう)さん】

 エントリーNo.2の方は凛子の絵描き歌を披露。曲にあわせてオリジナルの絵描き歌で凛子の似顔絵ができあがっていくまでを、歌いながら披露した。


【エントリーNo.2 ユイグレンさん】

 エントリーNo.3は2人組。1人はリーゼントに特攻服で木刀を所持、もう1人はマスクに特攻服という暴走族スタイルというインパクト抜群の姿で登場。予想外の姿だったが、2人の背中見事な、寧々と愛花の似顔絵が。さらに「高嶺愛花命」、「姉ヶ崎寧々命」というお決まりの言葉が刺繍されていた。

 2人はこの暴走ラブプラス族スタイルで熱海にて撮影を行なったそうで、ラブプラス仕様のペイントを施したバイクにまたがっていたり、海を眺めていたりといった、ユニークな写真の数々を披露した。さらに最後に、審査員こと、お義父さん、お義母さん、お義兄さんに向かって、「娘さんを僕にください!」と土下座。いわゆる両親の許しを得ようとしたのだが、「娘はまだ高校生だから。」と納得の返答で断られ撃沈した。


【エントリーNo.3 夜猫(よねこ)&ジャック“十羽野連合”さん】

 エントリーNo.4も2人組だったのだが、なんとこちらは女性のペア。ラブプラスの制服を着てコスプレ姿で登場した。2人は熱海に行ってゲーム中のCGシーンを自分たちで再現。ARコードを使って、自分たちとキャラクターで鏡に写っているような写真を撮ったりと、凝ったアイデアも披露していた。


【エントリーNo.4 あやと&まなさん】

 エントリーNo.5の男性は寧々さんとの交際の日々を赤裸々に告白。彼女と旅行に行き、旅先で道行く人に撮影をお願いして2ショットの記念写真を撮ったりと楽しく過ごす中、「彼女にふさわしい立派な男になろう。」と決意を固めていったという。ラブプラスで彼女もプラス、彼氏もプラス。自分の心境に今までになかったプラスがあったと語った。そして最後に、DSi LLこと彼女と熱いキスを披露した。


【エントリーNo.5 まことさん】

 エントリーNo.6の方は、熱海旅行を思わせる浴衣姿で登場。手にはもちろんDSi LLを持っていて、今もまさに熱海旅行の真っ最中だという。彼は、ARコードの彼女との2ショット写真の数々を披露。最後にステージで愛のメッセージを叫ぼうとしたのだが、緊張があったのか言い淀んでしまい、会場中から「がんばれ!」という応援の声が。応援を受け「愛花ー! 愛してるぞー!!」と見事、幕張メッセに響き渡るような愛のシャウトを披露した。


【エントリーNo.6 勇輝(ゆうき)さん】

 最後のエントリーNo.7は女性の方で、コンテストの日が愛花の誕生日に近いということから、手作りの豪華なケーキを持参。作成に20時間ほどかかったというそのケーキは見事なもので、会場中を沸かせた。来場者とともにハッピーバースデイの歌を合唱し、誕生日をお祝いした。


【エントリーNo.7 山下泉さん】

 こうして7人全員の愛情表現が出そろい、いよいよ審査へ。結果、アメザリ賞にはの暴走ラブプラス族スタイルな2人が、ミノ☆タロー氏が選ぶミノ☆タロー賞には7人目のケーキの方が、石原氏の石原賞には4人目の女性ペアが、内田氏の内田賞には5人目の自分にプラスがあったと語った男性が選ばれた。

 ステージの最後は内田氏の締めの言葉。昨年のTGSでは「ラブプラス」が発売直後だったこともあり小規模なブースだったが、今年はこんなに大規模なものになってたくさんの方が詰めかけてくれたことに感謝を述べた。そして最後に、お義父さんの立場として「高校生らしいお付き合いをしてください!」と締めの一言。「はい!」と会場中が答え、イベントは幕を閉じた。


最後はお義父さんこと内田氏の言葉で締めくくり。1年で大きく成長した「ラブプラス」のシーンに、感慨深くコメントした


■ ラブプラスコーナーで「ラブプラスメダル Happy Daily Life(仮)」と「ラブプラスアーケード」をプレイ!

「ラブプラスメダル Happy Daily Life(仮)」

今冬稼働予定


試遊コーナーの「ラブプラスメダル Happy Daily Life(仮)」。筐体の基本的なデザインは「ラブプラスアーケード」に近い
筐体の上部にある「3Dコミュニケーター」。彼女の姿が浮かび上がって見える。触るとリアクションもしてくれる
連動予定の大型マスメダルゲーム「GRAND CROSS」

 東京ゲームショー2010にて新たに発表されたのが、「ラブプラスメダル Happy Daily Life(仮)」。これはアーケード用メダルゲームで、今冬の稼働開始に向けて現在鋭意開発中とのこと。

 筐体は愛花、凛子、寧々の3人をイメージした3カラー。画面はタッチパネルになっていて、画面の上には本作の大きな特徴である「3Dコミュニケーター」が搭載されている。この3Dコミュニケーターが最大のポイントだ。

 「3Dコミュニケーター」は立体映像で愛花、凛子、寧々が表示される装置で、なんと実際に手で触ってのコミュニケーションができる。空中に浮かび上がっている彼女に触ると、それに反応して動き、セリフもしゃべる。触る箇所によってセリフや動きの反応が変化していた。

 3Dコミュニケーターの左右にフレーム枠が3段あるが、この3段に奥行きがついていて、3Dの彼女は2段目手前あたりの空中に浮かび上がっているように見える。非常に不思議な感覚で、一見するとスクリーンに彼女が映し出されているだけにも見えるのだが、手を伸ばしてみると、見た目よりも手前の何もない空間に姿が映し出されているように思える。立体映像で動く彼女の姿は、ファンならずとも一見の価値あり。

 ゲーム内容はラブプラスの世界観の「日常」と「デート」にフォーカスした内容で、日常モードでは、「ラブプラス」の舞台であるとわの市のマップで、彼女を目的地へと導いていく。ランダムに出現する矢印のパネルをタッチ操作で選択して移動させていくという、ボードゲームのような形式だ。

 スペシャルステージでも紹介されたように、イベントシーンに名前や声だけだったサブキャラクターたちが本格的に登場するのがポイントで、オリジナルストーリーが展開されるということもあり、ラブプラスの世界観をより充実させるものになりそうだ。

 連動により、アミューズメント施設内の本物のゲームマシンでデートができるのもポイント。大型マスメダルゲーム「GRAND CROSS」(連動対応は次回作より)を、音声や画面の演出によって彼女と一緒に遊んでいるかのように楽しむことができる。一緒に遊ぶには「ラブプラスメダル Happy Daily Life(仮)」のプレイ中に彼女からプレゼントをもらわないといけないということだが、このプレゼントも、「3Dコミュニケーター」の彼女が手渡しするかのように渡してくれるという。それを自分で手を伸ばして受け取るというわけだ。

 単体でも楽しめるだけでなく、連動機能によってアミューズメント施設におけるカップルの定番的ゲームであるメダルゲームも彼女と一緒に楽しめる。ユニークで新しい試みだ。


【「ラブプラスメダル Happy Daily Life」スクリーンショット】


「ラブプラスアーケード」

今冬稼働予定


高解像度ワイドモニターで彼女とのコミュニケーションを楽しめる「ラブプラスアーケード」
プレイ後にプリントアウトされる「思い出フォトカード」も展示されていた

 「ラブプラスアーケード」は、DS「ラブプラス」の世界観を基に“デートでのコミュニケーション”にフォーカスしたアーケード用タイトル。今冬の稼働に向けて制作中だ。

 最大の特徴はアーケード機ならでは21インチの高解像度ワイドモニターと高いグラフィック性能。実際に筐体に座ってみるとかなり迫力があって、映し出された彼女が等身大に近いようなスケールで迫ってくる。

 会話の中で、入力した自分の名前を呼んでくれるのだが、これもDS版と比べてより自然な発音になっているように感じた。ただ、周囲に人がいる環境で自分の名前を呼んでもらえるのは、なかなかに難易度の高い照れくささがある。実際は左右のしきりがしっかりとしていて横の人の存在は気にならないし、音も画面の前にいる自分にしかほとんど聞こえない。徹底するなら筐体にヘッドホン端子を搭載しているので、ヘッドホンを使うのもありだ。コンパクトな筐体ながらコミュニケーションに集中できる。

 一緒に学校から帰っているときの会話などを楽しんだ後、デートの約束をし、後日にデートシーンへ。デートではプールでの「スイカ割り」、公園で「だるまさんがころんだ」、彼氏の部屋で「ノット30」といった、彼女と一緒に楽しめるゲームがプレイできる。

 「スイカ割り」は目隠しした彼女がプールの上の狭い足場を進んでいきゴール地点にあるスイカを割るというもので、こちらはまっすぐやストップの指示をタッチパネルで、画面左右にあるボタンで左右に曲がる指示を出す。

 「だるまさんがころんだ」は誰もがご存じのおなじみのルールで、彼女がオニとなって「だるまさんがころんだ!」と発音している間に左右のボタンを押して近づいていく。発声はフェイント混じりだったり、ものすごく早口になったりと本格的。

 「ノット30」は数字を交互に数えて、最後に30を選んでしまったほうが負けというルールの頭脳ゲーム。タッチパネルで画面上の数字を押していく。

 今回の試遊は10分あるかないか程度で1ゲームが終了。彼女との会話や、ゲームを遊んでいるときの反応などがかわいらしく、手軽ながらにコミュニケーションが楽しめた。正式稼働時にはプレイ後に「思い出フォトカード」がプリントアウトされるとのこと。

 1度試遊しただけだと非常にシンプルな印象を受けたのだが、スペシャルステージで紹介されたように本作には親密度があって、繰り返しプレイすることでコミュニケーションに変化が生まれる。時にはわざとゲームに負けてあげたりも必要ということで、そのあたりが本作のポイントになっているはずだ。


【「ラブプラスアーケード」スクリーンショット】


※画面は開発中のものです

(C)2010 Konami Digital Entertainment

(2010年 9月 19日)

[Reported by 山村智美]