最新ニュース
【11月30日】
【11月29日】
【11月28日】
【11月27日】
【11月26日】

セガ、「龍が如く4 伝説を継ぐもの」発売記念記者会見開催
新プロジェクト「PROJECT K」も発表


3月16日 開催

【龍が如く4 伝説を継ぐもの】

3月18日 発売

価格:7,980円

CEROレーティング:D(17歳以上対象)


黒田崇矢さんとケイ・グラントさんが司会進行を担当
名越稔洋総監督

 株式会社セガは、都内にて3月18日発売予定のプレイステーション 3向けアクション・アドベンチャー「龍が如く4 伝説を継ぐもの」の発売記念記者会見を開催した。今回も主人公の1人である桐生一馬役の黒田崇矢さんと、同作の発表会ではおなじみのケイ・グラントさんを司会に、セガの名越稔洋総監督をはじめ、メインキャストなどの出演陣、そしてメインテーマを手がけたアーティスト陣らが多数登壇した。

 まず、壇上に立った名越総監督は、「本作で通算5作目となり、今回初めて主人公を4人という設定にし、熱いドラマにさらに磨きをかけた内容になった。何よりシリーズ最大のボリュームと、シリーズ最高のクオリティを実現できたと思っています。今回の発表会を迎えることができたことにホッとしていますし、なによりうれしく、誇りに思っています」と挨拶。

 ここから、本作のキャストを務めた俳優陣が1人ずつ登壇。それぞれの収録体験やキャラクターの感想を述べた。今回、4人の主人公の1人で刑事である「谷村正義」を演じた成宮寛貴さんは「とにかく、セリフの物量が多かった。いろんなイベントがあって想定されるセリフをしゃべらなければならない。麻雀、警察の専門用語が難しかったし、この作品の渋い熱い世界に生きるキャラクターを演じるというのは、ちょっと遊びもあり、決めるところはバシッと決めなければならないという演じわけが難しかった」と感想を述べていた。

 その後、オーディションで選ばれたキャバ嬢役の7人が登場。代表してRioさんが「今はとっても緊張しているが、この場に立てたことをとても光栄に思っています。オーディションに合格できたときから、この日をすごく楽しみにしていましたし、ゲームショウやいろんなイベントに参加できて、私たち自身もすごく成長できたと思いますし、その機会を与えてくださったこととと、この作品に携われたことに、感謝の気持ちでいっぱいです」とコメント。

 さらに、マッサージ店のセラピスト「マリ」役で登場する矢口真里さんも登壇。マリの映像を見ながら照れていた矢口さんは、「自分の人生でこんな言葉を発するのはこのゲームでしかないだろうなというぐらい、本当にセクシーなセリフが多くてめちゃくちゃ恥ずかしかったんですけれども、映像と一緒になったときに、『あたしって、結構セクシーなこともいけるんだな』って思って、自信が付きました」とコメントした。

 次に、本作のメインテーマ「Butterfly City」を手がけた、Zeebraさん、Mummy-D (RHYMESTER)さん、RYO the SKYWALKERさん、DJ hasebeさんが登壇。名越総監督と4人のコラボレートについて説明。CDは17日に発売され、初回仕様は本作とのコラボレーションジャケットとなっている。


【登壇者(登壇順)】
成宮寛貴さん
「この作品の渋い熱い世界に生きるキャラクターを演じるというのは、ちょっと遊びもあり、決めるところはバシッと決めなければならないという演じわけが難しかった」
小沢真珠さん
「裏のある役どころと、声優初挑戦で難しいことも多かったが、ドラマや舞台と違ってとても新鮮で、すばらしい作品に関われたことを光栄に思っている」
桐谷健太さん
「正直戸惑った。何もないところからセリフをしゃべり、相手のいないところでの収録で想像力が必要だった。初日は納得がいかず、志願して2日収録させてもらった」
徳重聡さん
「大きな組織を引っ張る人間ということで、かっこよさと力強さをなんとか演じたいと思っていましたので、演出の横山さんと一緒に何とかそういった人間を作り上げることができたのではないか」
高橋ジョージさん
「気合が入ることは当然として、役どころとしては、野望を捨てきれないという、ちょっとずるいところが出ていれば」
遠藤憲一さん
「もともと自分の顔があまり好きじゃないんですよ。ただ、CGになって、より誇張されたので、自分の素顔が優しいと思いました(笑)」
沢村一樹さん
「すごく男気があって、誠実さというか品のある極道ということで、前日に収録した『セクスィー部長』を忘れるのが大変でした」
北大路欣也さん
「初めて映像をみたが、この映像からいろんなものをもらうんじゃないかと思います。どこに使うかわからない声をたくさん収録したんですが、それがどういった状況にあてはめられるのか楽しみ」
Rioさん 森摩耶さん 水谷望愛さん 愛原エレナさん
斉藤支靜加さん 河崎姫華さん 一木千洋さん 矢口真里さん
Zeebraさん Mummy-D (RHYMESTER)さん RYO the SKYWALKERさん DJ hasebeさん



■ 神室町を舞台にした新たなプロジェクト「PROJECT K」もすでに始動

 発表会の最後に、名越総合監督から、「『龍が如く』というタイトルは、これからもまだまだ新しい進化を私自身続けていけたらな、と心から思っています。そして、その進化の一端として、すでに始めている仕事もありまして、今日はほんの少し、その一端というものをお見せしたい」ということでプロモーション映像とともに発表されたのが、神室町を舞台にした新たなプロジェクト「PROJECT K」。以前から始動していたそうだが、現状はまだプロジェクト名もコードネームのままとなっている。「龍が如く 見参!」のようなスピンアウト的なタイトルのようだが、主人公は少年。それ以外の情報は明らかにされなかった。


神室町を舞台とした新たな物語「PROJECT K」。少年が主人公であることが明らかにされたが、プラットフォームなどは不明

(C)SEGA

(2010年 3月 16日)

[Reported by 佐伯憲司]