ニュース

アキバでPCゲームイベント「Intel Club Extreme GAMERS WORLD」開幕!

PC版「METAL GEAR ONLINE」初出展などビッグタイトルを体験可能

展示ブースイメージ
12月12日〜13日 開催

会場:ベルサール秋葉原

開場直前の1階の様子。オープンな作りで空間が広く取られており、ゆったりとゲームをプレイできる
地下1階のステージの様子。各種タイトルの大きなステージやゲーム大会なども行なわれる

 PCオンラインゲームを中心としたインテル主催のイベント「Intel CLUB EXTREME GAMERS WORLD」が12日、秋葉原のベルサール秋葉原(1階/地下1階)で開幕した。開催時間は11時より19時まで。

 「Intel CLUB EXTREME GAMERS WORLD」は、PCオンラインゲームを中心にe-sportsの楽しさなどを紹介するイベントで、「ファイナルファンタジーXIV」や「機動戦士ガンダムオンライン」等のビックタイトルの特別ステージが行なわれるほか、1階では各種ゲームの体験スペースで自由にプレイすることができる。

 注目タイトルの1つは、NVIDIAブースに出展されたKONAMIのWindows PC用「METAL GEAR SOLID V: THE PHANTOM PAIN」のマルチプレイモード「METAL GEAR ONLINE」のプレイアブルバージョンのお披露目だろう。すでにコンシューマーバージョンではサービスが開始されているが、より美しい画像で楽しめるPCバージョンのサービスが本命とみられ、1月のサービス開始を予定している。

 今回は、ビデオカード「GeForce GTX 980 Ti」を2枚使用したSLI構成のゲーミングPC4台を接続し、4Kモニター使用した高精細な画像で楽しめる。さらには、コンソールに先駆けて次期アップデートが反映されているので、コンソールユーザーも楽しめる出展内容となっている。

 会場は秋葉原の中央通りに面しており視認性抜群。会場内も広めのオープンな作りになっており、各種タイトルを楽しめるようになっている。出展タイトルは、以下の通り。

・「LORD of VERMILION ARENA」(スクウェア・エニックス)
・「ファンタシースターオンライン2」(セガゲームス)
・「CLOSERS」(セガゲームス)
・「機動戦士ガンダムオンライン」(バンダイナムコオンライン)
・「LEAGUE OF LEGENDS JAPAN LEAGUE」(e-Sports SQUARE)
・「World of Tanks」(ウォーゲーミングジャパン)
・「World of Warships」(ウォーゲーミングジャパン)
・「Alliance of Valiant Arms」(Pmang)

 さらにはインテルのコーナーでは「Oculus Rift Development Kit 2」が出展されており、VRを体験できるほか、3画面を使用しステアリングコントローラーを設置された本格的なレーシングゲーム体験コーナーなども用意されている。なかなか家に設置できない豪華なゲーミング環境なので、この機会に体験しておきたいところ。

 さらに地下では、12日には「『ファイナルファンタジーXIV』出張FF14チャンネル in 秋葉原」と「『ロード オブ ヴァーミリオン アリーナ』ろばかす出張版 in 秋葉原」が、13日には「League of Legends 最強ソロレーナ―決定戦」、「機動戦士ガンダムオンライン 特別ステージイベント」の2つのイベントが予定されている。特に「League of Legends 最強ソロレーナ―決定戦」はトップゲーマーを決める大会とも言えるので、大きな注目を集めている。結果もだが、対戦内容も楽しみなところだ。

 会場では、キヤノンのデジカメやJTBの旅行券10万円分、ロジクールのヘッドセット「G633」、インテルのCompute Stickなど豪華な賞品が当たるスタンプラリーも開催されているので、参加してみるといいだろう。

NVIDIAブースに設置されたKONAMIの「METAL GEAR ONLINE」。4人揃わなければプレイできないと言うことだが、注目タイトルなだけに行列必至だろう。最強の環境でプレイできるという点でも注目のブースだ

1階の各社のゲームブース。自由にゲームをプレイすることができる

インテルコーナーの1つ「Oculus Rift Development Kit 2」が出展されており、VRを体験することができる
3画面を使用しステアリングコントローラーでレーシングゲームを体感できる。これまたPCゲームならではと言えるだろう
会場内ではその場で「INTEL CLUB EXTREME」に登録することができる

協賛各社のブース。ASUSブースでも3画面を使用した環境を披露
最新のディスプレイを展示しているBenqのブース

(船津稔)