ニュース

【連載】「艦これ」北上さま推し提督が挑む「鉄底海峡」全力日記・その2

「サンタクロース諸島海域」で繰り広げる消耗戦。地味で手強いルート進行

11月1日〜11月27日 「鉄底海峡」実施(1週間延長)

シンプルに見える「サンタクロース諸島海域」のルート

 あっさりボスまで到達したかと思えば、あっちへこっちへフラフラと変なルートへ進んだりする。通常戦なのに、なんだかクセがあって掴みづらいのが第3海域「サンタクロース諸島海域」の印象だ。

 筆者から見ても役立ちすぎるプレイガイドと2本立てでお送りしている「艦隊これくしょん -艦これ-」秋イベント「鉄底海峡」連載。北上さまに続き大井っちもハイパーに昇格した筆者の艦隊が、この第3海域に挑んでいきたい。

 なおイベント期間についてだが、「艦これ」運営スタッフによって1週間の延長が発表されて11月27日までとなった。時間が足りない、という提督にはラッキーなニュースと言えるので、プレイガイドと合わせて本連載がイベント進行の役に立てれば嬉しい。

 さて第3海域だが、上で紹介したプレイガイドにあるように通常戦から入る。夜戦突入に比べて慣れているということで、正面からぶつかるようにトライしていった。

ボスエリアまであっさり到達。そしてすぐにクリア……できなかった!

最初はこんな感じでスタート。ちなみに北上さま推しではあるが、北上さまは旗艦以外でこそ光ると信じているので大体この位置にいる
なるべく使いたくないが、戦力ゲージが回復するということで高速修復材をやむを得ず使用

 最初に構成した艦隊は、戦艦×2、正規空母×1、軽空母×1、重雷装巡洋艦×1、駆逐艦×1というラインナップ。火力は低めだが、突然飛び出してくる潜水艦にも対応できるよう対策をした(ビビった)構成だ。なおスタートしたのは0時すぎだ。

 レベルは下38から上61までというもので、ボッコボコにされる可能性も覚悟していたが、これが普通に戦える。出撃ではマップの北側を通るようなルートを進み、ボス手前で北に逸れてしまった。最初はこんなものということで、途中中破による撤退もはさみつつ、色々試す意味で今度は軽空母と重雷装巡洋艦を重巡洋艦と軽巡洋艦に変えてみた。

 すると、南ルートを通ってあっさりボスまで到達! 夜戦まで突入して旗艦「装甲空母姫」をきっちり撃破し、順調な滑り出しとなった。同じ編成で出撃するとどうもルートの調子が悪いので、今度は最初の編成の戦艦を正規空母に変えてみた。すると、これがまたボスまで一直線、ボスの戦力ゲージもすぐに半分以上減らすことに成功した。これは1時間かからないでのクリアもあり得るではないか……。

 と思ったら、ここからが長かった。第3海域での理想ルートとなっているのは、南ルートを通る直線ルートになる。ボスの手前は「気のせいだった」ということで戦闘を回避できるので、実質2回の戦闘でボスまでたどり着ける。

 このルートに入れれば、筆者の艦隊ではボスの旗艦撃破まで非常に高い確率で行ける。ところが「サンタクロース諸島海域」では、同じ艦隊でもどうもルートがぶれるぶれる。北を通ってさらにボスから遠ざかってみたり、南に入っても途中で行き止まりに進んでみたり、南から突然北へ針路を変更し戦闘の回数を増やしてみたりとやりたい放題だ。

ランダムにルートが逸れる。ボスルートへ行かないと「装甲空母鬼」が待っている
ボスまでたどり着ければこっちのもの。姫もそんなに手強い印象はない
夜戦で追い打ちは基本か。しかし返り討ちの可能性も……

燃料と体力の消耗戦に突入。資材状況がピンチ!

撃破!
高速修復材以上に、燃料の消費が手痛い

 当初簡単だと思われた海域は、いつの間にか根性がひたすら試される海域へと変貌していた。まったくパターンが読めないため、今度こそ行ける! と思った途端にルートが逸れて嘆いたことは数知れない。

 またこの海域では、時間経過によって戦力ゲージが回復していく。後から聞けばゲージの回復量は非常に遅いので2日間に渡るくらいでもまったく問題なかったのだが、初めての回復ゲージ挑戦ということでこの時はとにかく急ぎの気持ちでのプレイとなった。

 根気が試されるもう1つの要因となっていたのが、出撃の度にいわゆるキラキラを付ける作業を繰り返していたことだ。少しでもボスにたどり着く可能性を上げるためではあったが、ボスまで確実ではない出撃に対してキラキラを付け続けるのはなかなかにツラい。

 一時はキラキラもおざなりにして出撃してみたこともあったが、キラキラのない艦娘が見事に大破していくので、手堅く行くならキラキラだなと思い直した。

 何回かに1回はボスに行けるような状態が続いていたが、そうこうしているうちに1時間、2時間、3時間と経ち、気づけば午前4時過ぎ。画面の前で居眠りする瞬間も挟みながら、ついに「装甲空母姫」撃破の瞬間がやってきた。昼戦で追い込み、夜戦に突入して旗艦に止めを刺す! 途中から艦隊の構成はほぼ変わらず、高速修復材を20から30くらい消費してのクリアとなった。1番手痛かったのは燃料で、5,000以上の消費で残った数は約6,000。

 クリアしたのはいいものの、この状況では次の海域は厳しいと思われるため、なんとかしなければならない。これで艦娘をゲット! と思いきや、特注家具職人や53cm艦首(酸素)魚雷などのレアアイテムがクリア報酬となっている。潜水艦欲しかったな。

 というわけで今回はここまで。次回はいよいよ最後に鎮座する大きな海峡「アイアンボトムサウンド」に挑んでいく。地獄の海峡を超えられるのか、それとも鉄底に艦隊ともども沈んでいくのか。この週末で一気の大勝負をかけたいと思う。ここまで来たら目指せ武蔵!

クリア報酬はレアアイテムがズラリ。気になる家具があったので特注家具職人は何気に嬉しい

(安田俊亮)