ニュース

【E3 2013】スクエニ、「E3」会場から「出張FFXIVプロデューサーレターLive」を開催

北瀬氏乱入でライトニングがミコッテコスプレに!

6月11日〜13日開催(現地時間)

会場:Los Angeles Convention Center

左から「FFXIV: 新生エオルゼア」のプロデューサー兼ディレクター、吉田直樹氏、新社長の松田洋祐氏、室内俊夫氏

 「E3 2013」初日のスクウェア・エニックスブースに作られた特設スタジオで、「ファイナルファンタジーXIV: 新生エオルゼア」のプロデューサー兼ディレクター、吉田直樹氏と室内俊夫氏による「出張プロデューサーレターLive」の第1回目放送が行なわれた。

 「E3」の開催中には他にも、13日の2時から3時までの「スクエニChan! in E3 その2」、13日の16時から17時までの「新生FFXIVバトルイベント紹介」、そして14日の朝6時から7時までの「出張FFXIVプロデューサーレターLIVE Part 2」で「FFXIV: 新生エオルゼア」の情報が公開される予定だ。

 特に、同時通訳を入れての英語版放送となる14日早朝のプロデューサーライブでは、新ジョブの学者や新クラス巴術士の詳細が発表される予定なので、気になる人はがんばって早起きしよう。

次々に現われるゲスト。ライトニングがミコッテに!

ゲストの北瀬佳範氏(中央)
ミコッテ姿のライトニング
ひろゆき氏も乱入

 今回のプロデューサーライブは、スクウェア・エニックスの新代表取締役社長の松田洋祐氏の挨拶から始まり、「ライトニングリターンズ ファイナルファンタジーXIII」のプロデューサー北瀬佳範氏、さらにひろゆき氏までが次々とゲストに現われる異例の展開となった。

 番組がスタートすると、最初に松田氏が挨拶をした。これまで、吉田氏が「ヘッドショットおじさん」という愛称で何度も紹介はしてきたが、実際にプロデューサーレターLiveに本人が登場するのはこれが初めて。「FFXIV: 新生エオルゼア」については「開発もすごく力を注いでいます。ユーザーからの反響も非常に大きく、ローンチに向けて間違いなく全力で開発しています。皆さんの期待を裏切らないローンチができるとおもいます」と太鼓判を押した。

 「ヘッドショットおじさん」という愛称は松田氏がFPSゲームのコアプレーヤーであることから吉田氏がつけたあだ名だが、今回どんなゲームで遊んでいるのかを聞いたところ「Blacklight Retribution」(Zombie Studios)や「waframe」(Digital Extremes)などのタイトル名が挙がり、噂通りのコアゲーマーっぷりを披露した。

 次に現われたゲストの北瀬氏は、「ライトニングリターンズ ファイナルファンタジーXIII」は一緒に盛り上げていきましょうと、ミコッテの衣装を着たライトニングのスクリーンショットを持参。「ライトニングリターンズ ファイナルファンタジーXIII」にある着せ替え要素の中に、ミコッテの衣装を入れてもいいかどうかを吉田氏に確認した。

 吉田氏は快諾したうえで、「投げられたボールは全力で打ち返すのが『FFXIV』チームだ」と、「FFXIV: 新生エオルゼア」の中にも「ライトニングリターンズ ファイナルファンタジーXIII」に関連した何かを実装することを確約した。

 また、ひろゆき氏には、7月ごろにまたニコニコ生放送で番組を行なうので、それに出演して欲しいと依頼。こちらも、「E3」終了後に情報が出てきそうだ。



PS4版やワールド移転など、最新情報への質問に吉田氏が回答

吉田氏がファンからの質問に答える恒例のコーナー

 ゲストとの雑談の合間には、ユーザーから寄せられた質問に答えるQ&Aコーナーがあり、室内氏が読み上げる質問に、吉田氏が回答していった。フェーズ3のスタートを間近に控えて、質問もかなり具体的で詳細な内容に関わるものが増えてきている。

―― PS4で遊ぶためにはWIN版、PS3版とは別のレジストレーションコードが必要になるのでしょうか?

吉田氏: まだ詳細が確定していません。まさに今SCEさんと詰め始めているところなので、まだ少し時間がかかるので細かいところはアナウンスをお待ちいただければと思います。

―― PS3版をローンチすることが最優先だと過去のレターライブで言っていましたが、このタイミングでPS4版を発表した理由を教えてください

吉田氏: これだけ世界中からメディアさんが集まっている中で発表しないのはあまりにももったいない。マイナスになってしまうので。PS3版が全力なのは、まもなく始まるフェーズ3で触っていただければすぐにわかるので、次の手をどんどん打って全力で前に進みますというアナウンスをこのタイミングですることで、「FFXIV: 新生エオルゼア」は単にローンチして終わりではないというメッセージを全世界に発信させていただきたかったというのが1番大きな理由です。

―― PS4版が発表されましたが、WIN版やPS3版とは違う印ゲームアイテムが付くのでしょうか?

吉田氏: つきません。たぶん、そうするとPS4を待ったほうがいいのとか、またミニオン商法かよと言われかねないので(笑)。それはローンチした後の対応になっていくので、あくまでも遊べる環境が増えていく中の一環だと思っていただければと思います。

―― PS4はオンラインプレイがPlayStation Plus(PS Plus)で有料なのですが、「FFXIV: 新生エオルゼア」をプレイするうえでPS Plusは必須ですか?

吉田氏: 昨日SCEさんのカンファレンスの直前にSCEさんの担当者から、日本に戻ったら打ち合わせしたいことがあるといわれたので、日本に戻ってからいろいろお話をすると思います。

「E3」で公開された最新トレーラーの最後には、2014年にPS4版が出るとの告知があった

―― PS4版の発売日はいつですか?

吉田氏: 「XIV」なので2014中には出したいなと。プレーヤーの皆さんが思っているよりは意外と早いかもしれません。

―― PS3版からPS4版に廉価で乗り換えられるサービスはありますか?

吉田氏: それもなるべく喜んでいただけるキーワードを連発させていただいているので、詳細はちゃんとお伝えしまう。でもPS4を待たなくてもぜんぜん大丈夫ですよ。安心してPS3からプレイしていただければ。

―― レガシーワールドの移転方式は現在アナウンスされている方法から変更される可能性はあるのでしょうか?

吉田氏: 今回5つのレガシーワールドが海外のデータセンターに移ってしまうことで、どうしても移転を考えなければいけないプレーヤーの方には本当に申し訳ないと思っています。本当にあらゆるパターンを考えた上で、相当前準備もしてとった施策なので、申し訳ないのですが、これに関しては今後もできるだけアナウンスをしっかりして取り残されたりしないように。仮にローンチのタイミングで取り残されてもできる限りのフォローができるような体制を作っているので、移動される方はフェーズ3の間にコミュニティの方とお話し合いをしていただければと思います。

―― 新たに始める友人と引き継いだキャラクターで始めたいのですが、ローンチ時に引き継いだキャラクターで始めることはできますか?

吉田氏: 可能です。基本的に新規キャラクターはどのワールドにでも誰でも作れます。

プレーヤーは最初は一介の冒険者だが、多くの人物と知り合いながら、その中で信頼を得て次第に重要な仕事を任されるようになる
レベル15まではスタートした都市で過ごし、その後3国をめぐる冒険へと続いていく

―― 「E3」での「FFXIV: 新生エオルゼア」の反響を教えてください。

吉田氏: 結構大きかったです。すごく堂々とFFだねと言ってくださるメディアの方が多いですし、今回は「FXIV: 新生エオルゼア」だけではなく「FFXV」や「ライトニングリターンズ ファイナルファンタジーXIII」の発表もあって、「FF」全体ですごく連携をとってここまで準備をしてきたので、そういう意味だとスクエニが盛り上がっている感じが出せたと思っています。でっかいモニターで見てくださっているお客様も、去年までとは違って非常に食い入るように見てくださっているので。上々です。

―― 大規模PvPと言われているフロントラインの詳細を教えてください。

吉田氏: パッチ2.2から3の話のどちらかだという話をしています。おそらく3になる可能性が高いですが。ゾーン全体を丸ごと使ったPvPで、そのエリアに侵入する時点で、この先は戦闘状態だけど行きますかというメッセージが出て、入るとそれぞれ所属しているグランドカンパニーによってスタートする場所が変わるので、そのバトルフィールドの中で城の取り合いだったり、とあるものの奪い合いをやってもらいつつPvPをしてもらうのが結構大規模ですね。バリスタのような攻城兵器も今作っている最中です。クラフターがそんなものを作って活躍する部分もあるのかなと。

室内氏: 最近2.1とか、2.2とか先の話が出始めましたけれど、計画は結構立ってきているのですか?

吉田氏: そうですね。個別に結構話はしています。ただ、僕の時間がなくて個別に指示出しをしていて、ちゃんとした仕様にしろと怒られてます(笑)。「旧FFXIV」のアップデート計画ってすごく細かいものがあったのですが、あれをもう1度作れといわれてます。ただ結構細かく、美容室は2.1ですよとか、型紙と呼んでいる仕組みを2.2かね、と具体的に詰めていますし、発注も進んでグラフィックスリソースを作り始めているものは結構先のものまで作り始めています。むしろデザイナーから早く次の発注を寄こせと怒られている状態です。

―― PvPコンテンツは24時間いつでも参加できますか? それとも1日の参加回数に制限はあるのでしょうか?

吉田氏: 24時間熱い戦いが繰り広げられています。時間制限や回数制限もないので、思う存分コロセウムに通っていただくもよし、フロントラインが実装されたらそちらに入り浸るもよしです。

―― 敵視リストは色だけの表示になるのでしょうか? それとも色と共に数字を表示させる予定はあるのでしょうか?

吉田氏: 最終的にはカラー明滅に落ち着きました。ぱっと見た視認性がそのほうが高かったので。

―― コンテンツファインダーで、クラフターで製作をしながらファイターで登録といった現在のクラスとは別のクラスで登録することができますか?

吉田氏: ファインダーに登録する時にはまずちゃんとそのクラスやジョブになってください。そうするとそのクラスやジョブでキューが詰まれるので、後は好きなようにジョブチェンジしたりクラスチェンジして、クラフトやっててもいいし、ギャザリングしててもいいです。そうすると、パーティーが決まりましたとお知らせが来ます。その時に、さっき申し込んだ時と違う状態なので戻してくださいというアナウンスが出るので、その時点で戻してからファインダーにOKすればいいです。

―― 美容室でフェイスペイントや傷も変更できるようになりますか?

吉田氏: フェイスペイントはできます。傷はまだ迷っています。あまり肉体的なところを作り変えてしまうのはやめようかなとは思っています。目の色なんかは大丈夫にしようかなと。開発からは吉田さんのさじ加減1つですと投げられているので。

―― DirectX 11にはいつごろ対応予定ですか?

吉田氏: PS4の対応とDX11の対応を平行してやるのでそれほど遅くはならないと思います。ただDX11とDX9はまったく違うものなのでクライアントが2つに別れることになるため結構コストがかかるのです。ただ1年とか2年とか先みたいなレベルではないです。できるだけ早めにやっていきます。

―― 開始クラスによって開始都市が決まるようですが、開始都市によってストーリーが異なるのでしょうか? それとも所属するグランドカンパニーによって変わるのでしょうか?

吉田氏: まもなく始まるフェーズ3ですぐにプレイして確かめていただけるのですが、レベル15までは“立身出世編”と呼んでいます。最初は一介の冒険者なので、それほどいきなり王様に謁見したりといった感じではないのです。まずは地域の特色だったり人間関係を知ってもらって、活躍をして、徐々に功績を認められて信頼を得るといよいよ旅立ちがあり、3国を回って話が1つになっていくという感じです。

(石井聡)