インタビュー

マーベラス、「ブラウザ三国志」運営チーム5周年記念インタビュー

いつまでも愛される作品にするために、新要素や改修には手を抜かない!

【ブショーデュエル】

今夏実装予定

 今年5周年を迎える「ブラウザ三国志」。先日、「ブショーデュエル」の体験レポートをお伝えしましたが、続いてはプロデューサーの五味一郎さんと、ディレクターの勝木洋輔さんに「ブラ三」5周年と、「ブラ三」のリニューアル策のひとつとなる「ブショーデュエル」についてお話を伺ってきました!

 「ブショーデュエル」のアレコレ話はもちろんのこと、5周年を迎えるにあたって、これまでの反省点やこれからも愛されるゲームにしていくための計画についてたっぷり話を伺ってきました! 今後の「ブラ三」をどのように作り上げていくのかお伺いしましたので、ご覧ください。

「ブラ三」の新しい遊びとしてリニューアルさせた「ブショーデュエル」

「ブラウザ三国志」プロデューサー五味一郎氏
「ブラウザ三国志」ディレクター勝木洋輔氏

――まずはじめに、おふたりが「ブラウザ三国志」でどのようなお仕事をされているのか教えてください。

五味氏: 「ブラウザ三国志」のプロデューサーを務めています。基本的な運営方針であったり、プロモーションなどを主に見ています。

勝木氏: 私は企画ディレクターとして、企画メンバーの取りまとめをしています。具体的な仕事で言いますと、カードや新しいガチャ、そして、改修方針といった部分を定める作業をしています。各所からフワッとして出てきたアイディアを実際の形に落とし込む役割ですね。

――今回リニューアルされた「ブショーデュエル」の企画経緯を教えてください。

五味氏: 今回の「ブショーデュエル」は以前あった「デュエル」を大幅にリニューアルしたものなんです。「デュエル」を楽しんでプレイしていただいているプレーヤーの方はたくさんいたのですが、上位プレーヤーの間で戦略が固定化されてきてしまったんです。そのため、積極的に遊んで頂くコンテンツにはならなくなってしまったんですね。プレーヤーのみなさんがモチベーションを高く遊んで頂けるコンテンツにする、という目標が「デュエル」では達成できなかったんです。そこで、もう少し能動的に楽しんで頂けるコンテンツにしたいなという思いがリニューアルに踏み切ったきっかけですね。

――以前の「デュエル」は数値がしっかりしていて、何をどうすればいいのかが解りやすかったですよね。「ブショーデュエル」では、好きなように配置することでデッキの数値が決まるので、なんとなくデッキを組むことでも十分遊びに入り込むことができました。やはり、初心者の方も意識した設計にされたのですか?

五味氏: もちろんそこも強く意識しています。「ブラ三」のメインとなるゲームデザインにどっぷりとはまって頂けるのが1番いいのですが、初心者に対してはハマる前の壁が結構あるゲームなんです。独特の単語もそうですし、最初に何をしていいかわからないという点ですね。そういった障壁で、「ブラ三」が本来持つ面白い部分に到達する前に止めてしまうプレーヤーの方がすごく多いんです。ですので、「ブショーデュエル」では、戦いもそうですが、武将を育てていくという楽しさを感じていただき、「ブラ三」を覚えて頂きたいという側面もあります。

――今回のテストではレベル0のカードでデッキを組み何日か遊んでみたのですが、かなりの速度で武将を育成することができました。今までは武将育成に時間がかかっていたのでこの速さは衝撃的でした(笑)。武将育成のツールとしての側面もあるのかなという印象が強かったです。

五味氏: レベリングツールという面も強く意識しています。ゲームの持つ「遊び」の速度が遅い作品なので、育成の部分の楽しさを感じられる部分が少ないんです。コアなプレーヤーの方は「そういうゲームだ」と納得して楽しんでいただいているのですが、新規プレーヤーの方には非常に敷居が高くなっているなと感じていました。ですので、能動的に遊びながら成長要素も触れることができ、見た目もちょっと楽しいコンテンツに仕上げています。

――「ブショーデュエル」を使用するとレベルの上がりがかなり早く、本来のゲームバランスを崩してしまうんじゃないのかな、という心配も感じましたが……。

五味氏: そのご意見はお問い合わせでバンバンといただいています(笑)。デュエルのデッキに使っている武将は同時にメインで使用することはできないという仕様は、そこから来ているんです。双方に使えないジレンマというか足枷を今のところ設けてテストをしています。長く遊んで頂いているプレーヤーさんにテストに参加していただいているのですが、かなり不評ですね……(苦笑)。

――どの辺が不評なのですか?

五味氏: 「ブショーデュエル」を遊びながら、戦争にも使いたいという双方で同時に使いたいという意見ですね。

勝木氏: 昔からプレイされているプレーヤーの方は、武将の育成を攻撃と速度に集中して育成されてる方が多いんです。そうして育てたカードを「ブショーデュエル」にデッキとして使用すると強すぎるので調整してほしいというご意見も頂いています。私どもとしては、知力や防御のステータスをかなり強めてリリースしたのですが、確かにプレーヤーのみなさんが使っているカードに当てはめると、我々が予想していたコンテンツのバランスには当てはまらない部分があるんです。テストに参加していただいているプレーヤーのみなさんに、ゲームバランスの調整が必要なのではないかと思わせてしまったなと感じています。

――今までのゲームバランスでは、速度と攻撃のステータスが重要だというお話がありましたが、今回の「ブショーデュエル」では、知力の高さによってスキル発動率が変化したりとこれまでと違ったステータスの振り方が必要になりますよね。「ブショーデュエル」は経験値のボーナスが美味しいので、お気に入り武将を勝たせ成長させるには、今まで通り成長させていくのか、それとも「ブショーデュエル」で勝てるスキルを伸ばしていくのかというジレンマも生まれると思います。

勝木氏: ジレンマを感じてもらえるように設計をした部分もあります。コンセプトとして「ブショーデュエルは独自のバランス」として作っていますので。

――今回のテストではどのくらいのプレーヤーさんが参加されているんですか?

五味氏: テストには多くの方に参加していただいています。中には、1度お休みされているプレーヤーも多く戻ってきていただいています。

――やはり、コアな方は気になるでしょうしね。テストにはみなさん時間をかけて参加されてますか?

五味氏: それがですね、戦争が起きてしまいまして。戦争が忙しくて「ブショーデュエル」に集中できないという方が結構いらっしゃって(笑)。本当に想定外でした。戦争が落ち着くまで片手間でプレイしていただく形になってしまうのかなと。戦争中は、メインの武将を戦争に使い、「ブショーデュエル」には2軍3軍の武将を使用されている方が今は多いです。

――早く平和が訪れてテストにみなさん参加してもらいたいところですね(笑)。現在はもうバランスの調整という部分がメインになりつつあるんですか?

勝木氏: 「ブショーデュエル」でしか効果を発揮しないカードとか用意したいなと考えています。今の「ブラ三」はスキルを平均的に振ってしまうと「初心者乙」というふうになってしまうので(笑)。そういったカードも「ブショーデュエル」では使えるようにしていきたいです。

――「ブショーデュエル」の置かれる“位置”は今までの「デュエル」とは違った場所になるのですか?

五味氏: そうですね。以前の物よりも幅広く遊んで頂ける位置のコンテンツにする予定です。メインとは違った対戦の面白さやテンポの良さを味わってもらえたらなと思います。 夏までには実装したいと頑張っています。

――「ブショーデュエル」をこうやって遊んでもらいたいといった希望はありますか?

勝木氏: 最近、ステータスポイントを振りなおすアイテムをお配りする機会が良くあるんです。そのアイテムを利用して、色んなステータスで「ブショーデュエル」を楽しんで頂きたいと思っています。たぶんみなさん戦争で利用されちゃうとは思うのですが(笑)。

五味氏: 報酬をもう少し良いものにしてもいいかなと個人的には思っています。

(たて りょうた)