PS4・PS3・PCゲームレビュー「信長の野望・創造 with パワーアップキット」

信長の野望・創造 with パワーアップキット

もはや別ゲー!進化がすごすぎた。
会戦モードの進化がハンパないので、関ヶ原で石田三成を勝たせてやりたい!

ジャンル:
歴史シミュレーション
発売元:
コーエーテクモゲームス
開発元:
コーエーテクモゲームス
プラットフォーム:
PS4 / PS3 / Windows PC
価格:
10,584円 (PS4 / PS3)
11,664円 (Windows PC)
15,984円 [TREASURE BOX] (PS4 / PS3)
17,064円 [TREASURE BOX] (Windows PC)
発売日:
12月11日

 みんなー! やってる?「信長の野望・創造」。ボクももちろんやってるよー、「信長の野望・創造 with パワーアップキット(以下「PK」)」をね(嫌らしい笑顔で)。発売前にこうやって楽しめるのはこの仕事ならではの楽しみだぜ!(苦しみほとんど)

 さてさて、あんまり自慢話ばかりしていると、自宅を突き止められてどうにかされかねませんので、入りはこんな感じで早速「PK」のお話をしていきましょうかね!

変更された内容がスゲー!

 タイトルにも書いたけど、「PK」では「会戦」が大幅に進化しているほか、その他の部分も大きく追加や、改善が施されています。今回、個人的にビビっときた機能をピックアップして紹介しましょう!

・シナリオの追加と武将の追加

 収録シナリオを紹介すると、現状は以下のシナリオが追加されています。

「1534年6月 信長誕生」
「1542年8月 美濃の蝮」
「1586年11月 九州征伐」
「1600年6月 関ヶ原の戦い」

 キタキタ! 信長誕生年のシナリオ! 武田信虎、尼子経久、織田信秀、松平清康などなど、信長元服時にはもうプレイできない大名、武将が大幅追加! もちろん、ゲームを進める上で指標となるフリークエストシステム「戦国伝」も追加されてるから大幅ボリュームアップ!(「PK」全体で500名以上の武将が追加!)個人的にオススメなのは、武田信虎プレイ。プロデューサーの武田家好きパワーをもろに感じる大名録に仕上がっていますよ!

・会戦の進化

 「創造」は前後の移動で戦っていたので、正直戦術性はそこまで感じられず、あくまでおまけの印象が個人的には強かった。でもね、「PK」の会戦はもう別物!! 部隊を縦横無尽に動かせるのはもちろん、索敵の要素や、城や陣の効果をもろに感じるものになっている。さらに、関ヶ原の戦いなどの歴史の節目となる大きな戦では、会戦中にイベントシーンなどが挿入される、「イベント会戦」が発生します。もう戦術ゲームの要素がこれでもかと強化された内容! これは、熱い! ただ海戦の会戦が実装されていたらよかったかなぁ。

・改修、資源の要素が追加

 改修では城の縄張りをすることができます。城をどのように強化し、どのような城にするのかワクテカが止まらない要素。出丸を追加すれば、包囲されていても出陣できるし、矢倉を強化すれば反撃がさらに効率的になります!

 資源は、城下町のエリアに「鉄」、「水源」といった各町並みをパワーアップさせるものです。これらの資源は、もともと発見されているものもあれば、巡察で新たに発見することも可能です。

 その他にも幕府による役職や、朝廷からの官位。巨大勢力に立ち向かうために組む連合や他家の武将への調略要素も追加されています。これが、本物の「創造」か。なお、今作のチュートリアルでは、会話シナリオの追加や新要素のみを学ぶことができるようになったので、チュートリアルを遊ぶことを絶対にオススメします。絶対に!!

メッケルさんも言ってた! 西軍が負けるわけないって!! という訳で、「関ヶ原」シナリオで石田三成プレイをしてみる

 さてさて、前回は「足利義輝で三好家を近畿から追い出すプレイ」をしましたが、今回は「関ヶ原で徳川家を絶対負かす! プレイ」をしていきたいと思います。さて、いきなりぶっちゃけますが、今回のプレイは戦国伝を進めていけば、「関ヶ原の戦い」は発生するので、開発や戦略的なレビューにはならなかったです。あと、戦国伝を見せすぎちゃうとネタバレになっちゃうので、その辺もチラ見せにしときます。

今回の難易度はこんな感じに編集できます

「はあ?じゃあ何をレビューするわけ?」

 はいそこ! 今回の舞台は関ヶ原なわけ! さらに、今回の要素で何が大きく変わったってボク言いましたか? そう!会戦!! 関ヶ原といえば、もう大会戦なわけですよ! 今回は、プレイして1番衝撃を受けた「会戦」をフィーチャーして、石田三成で関ヶ原に参戦するのですよ。

 ちなみに、関ヶ原の合戦の布陣は、クレメンス・ヴィルヘルム・ヤーコプ・メッケルが見て即座に「西軍の勝ち」と言ったのは、常識ですよね。あの、弁当野郎や、へっぽこ金吾さえ、あいつらさえちゃんと動いていたら西軍が勝ってたんや!!

 というわけで、石田三成を選択ポチッとな。このシナリオは、石田方と徳川方で連合が組まれた状態でスタートします。小山評定の時期の設定ですね。スタートしてからは、戦国伝をクリアしていけば自然と関ヶ原の合戦は発生します。ちなみに、上杉や真田など、有名な逸話が伝わっている大名家にも独自の戦国伝が用意されていますので必見。ガラシャのエピソードや大谷吉継のエピソードなど、涙ちょちょきれストーリーが用意されています。

ちょっと! なにこれ? 「創造」の感覚でプレイしたらまったく勝てないんですけど!?

 さて、さくっと割愛していよいよ関ヶ原の合戦が開戦! 実はね、今回は「創造」の会戦と同じだろうと高をくくっていたの。変わったといってもそんなに変わらないだろうと……。

 すいませんでした!

 完全に別ゲーム! というか、戦術級のゲームに非常に近づいています。開戦時には、相手が薄く表示されています。これは、相手が布陣していると予想される場所が表示されているということです。だから、時がたてば、その場所からは確実に動いています! そりゃ、黙ってそこにいないわな……。

 開戦時、西軍で主力となりうるのは石田勢、大谷勢、小西勢、そして宇喜多勢。小早川や島津は配置されていません。東軍と比べると、武将は1回り見劣りするかな(秀家は大好物ですけど)? さらに、石田勢がやられると敗戦になってしまうし、大谷勢が序盤でやられると小早川勢は雪崩を打って攻めてきます。

 とりあえず、宇喜多勢を中心にして迎撃体制を整え、敵を4部隊撤退させることを目指します。というのも、会戦中もイベントは進行し、撃退部隊数によって島津や長宗我部が参陣してくれるんです。

 人数の多い軍勢が敵部隊を正面で受け止め、他の部隊で側面から攻撃する形で一部隊ずつかたずけていきましょう。宇喜多勢であれば、2部隊くらい正面で受けもてるので余裕でしょう。ただし、突撃には要注意! とにかく、一定の距離を保ち、乱戦状態にしないよう用兵。乱戦になると人数をだいぶ削れるので、家康と対決するのに非常に苦労しますからね!

意外に活躍してくれた脇坂勢。友軍&オトリとして活躍してくれました

 四部隊撃退すると、史実では参陣してくれなかった大名勢が西軍として参加してくれます! 島津勢はどうしても使いたくなっちゃうけど、人数が少ないためどうしてもあっというまにやられてしまう感じです(6回挑戦して6回ともやられてしまった……)。

みんな、やっぱり治部のこと好きだったんだね!
おまえはいいや……

 福島、井伊、黒田といった部隊を退けるといよいよ家康との対決を迎えます!

 家康軍、ハンパなく強いっす。なるだけ削られないように運用した秀家さまの軍勢も、バカたれ金吾の軍勢もあっというまにチリチリにされます。西軍でプレイする際には、本当に注意だよ! ここまで来たのにまた負けたってなるから……(ちなみにボクは5回負けました。家康一部隊に)。

正直、心が折れる寸前です……

 家康一部隊になっても、つねに動くように用兵するのが良さげ。敵AIは、ターゲットをしぼり、そちらへ軍勢を向けて動くようです(プレイしたときのAIレベル「高い」に設定時)。なので、ターゲットにされた部隊をオトリにし、その周りをぐるりと囲むように用兵してきました。

 しかし家康、さすがラスボスや……。

 大谷、小西、島津と次々に撃退されていき、最後はついに石田勢も投入しなければならないジリ貧状態。これはボクの用兵のせいなの? そして金吾も撃退され、ついに西軍は石田勢と宇喜多勢が残るのみ。ただし、だいぶ家康勢を削ることができ、この時点で西軍6,000、東軍1,000と勝利がチラチラと見える状態!

 ここで家康さま、ターゲットを石田三成にしぼってきました。合計すると6倍の軍勢も、石田勢だけだと2,000.2倍とはいえホント油断しちゃだめ! どんなに有利に戦闘を進めていても、三成がやられたらそこで関ヶ原は敗戦です!

とにかく、オトリを活用しながら家康を中心にキャンプファイヤーをしているかのようぐるぐると回るよう用兵!

 そして、6回目のチャレンジでようやく家康撃破!! 西軍、勝ったんじゃー!!! もうね、マウスびっしょり。何度AIレベルを落とそうかと思ったことか……。

 勝利すると史実では絶対見れないロマンたっぷりのイベントを堪能できます。

よっしゃーーーーーー! 夜中だけどこの時ばかりは叫んだわ
この後、後日談的なイベントが展開されるので、西軍ファンは必見

 でね、実は「関ヶ原が終われば家康討ち死にで楽勝ワーイ!」って思っていたんです。そんな展開になると思っていたんです。甘かったわ……。全体の連合の所属など若干変更はありますが、徳川家は健在。優秀な武将が多数いる徳川軍は西軍陣営へとガンガン襲い掛かってくるんですわ。関ヶ原は一局地戦としての処理になるわけですな。たしかに、史実でも石田三成は局地戦と考えていたようですし、そりゃそうか。

 九州は毛利と島津に、近畿は豊臣家にまかせ、石田軍は前田家、織田家とともに江戸へと侵攻していくことにします。

 江戸まで遠いーーーーー!!

僕たちの戦いはこれからだ!!

価格表

商品名 価格
PS4/PS3 版
「with パワーアップキット TREASURE BOX」 14,800円(税別)
「with パワーアップキット パッケージ版」 9,800円(税別)
「with パワーアップキット ダウンロード版」 8,477円(税別)
「パワーアップキット(単品)ダウンロード版」 4,715円(税別)
Windows版
「with パワーアップキット TREASURE BOX」 15,800円(税別)
「パワーアップキット(単体)TREASURE BOX」 10,800円(税別)
「with パワーアップキット パッケージ版」 10,800円(税別)
「with パワーアップキット ダウンロード版」 9,239円(税別)
「パワーアップキット(単品)パッケージ版」 5,800円(税別)
「パワーアップキット(単品)ダウンロード版」 5,143円(税別)

(たて りょうた)