ニュース

「FFXIV 蒼天のイシュガルド」欧州メディアツアーがフランス ナントにて開幕

中世の雰囲気たっぷりの古城Chateau de Challainをフォトレポート

5月18日開幕

 スクウェア・エニックスは5月18日より、「ファイナルファンタジーXIV 蒼天のイシュガルド」の欧州メディアツアーをフランス ナントにて開催している。本イベントで発表された内容は、グローバルで情報解禁日が設定されており、イベントレポートについては後日たっぷり掲載する予定だが、本稿ではその前座として、イベント会場の雰囲気をお伝えしたい。

息を呑むほど美しい古城Chateau de Challain
入り口には「蒼天のイシュガルド」のアートが
中も「蒼天のイシュガルド」一色

 今回、イベント会場となった古城Chateau de Challain(シャラン城)は、フランス中西部にある大都市ナントから、さらにクルマで1時間ほど北東に走った田園地帯の中にある。右も左も見渡す限りの農耕地が続く中、森の中から突然姿を現わす明媚な古城だ。

 城は1848年に建てられ、完成は1854年。四隅を一際高いタワーで囲うフランスらしいデザインの城となっている。城は4階建てで、1階部分がイベントスペース、2階部分は宿泊所となっており、3階以降は改装工事中。今回スクウェア・エニックスのスタッフはこの2階に泊まっているという。城の周囲には屋外パーティーに使える広々とした庭や、綺麗に整備された庭園があり、お城好きにはたまらない空間だ。

 歴史的な古城でプライベートイベントとは、なんとも古風な感じだが、フランスを含むヨーロッパでは、古城をイベントスペースとして開放しており、ここでゲームイベントを開催するのは決して現実離れした話ではないという。

 「FFXIV」チームでは、もともと、「ファイナルファンタジーXIV: 新生エオルゼア」の時代から、ヨーロッパのメディアを一カ所に集めてイベントを開催したいという希望を持っており、今回「蒼天のイシュガルド」のタイミングでついにその念願が叶ったことになる。

 イベントにはフランスをはじめとした欧州のメディアが集められ、我々日本のメディアも参加することができた。現地時間の21日には、現地からプロデューサーレターLIVEの放送も予定されており、イベント内容の一端が明らかにされる予定。弊誌もたっぷり取材してきたのでぜひレポートをお楽しみに。

【Chateau de Challain外観】

【Chateau de Challain外観】

(中村聖司)