ニュース

「FFXIV: 新生エオルゼア」、リローンチ後初の公式イベントが開催

「紅蓮祭」が復活! 巨大ボム「ボンバード」を倒して耐熱装備を手に入れろ!!

8月27日発売(PS3/Windows版)

2014年2月22日βテスト開始予定(PS4版)

価格:
3,300円(PS3通常版)
10,290円(PS3コレクターズエディション)
オープンプライス(Windows PC版)
利用料金:1,344円(エントリー、30日)

1,554円(スタンダード、30日)
4,347円(スタンダード、90日)

 スクウェア・エニックスは9月9日、プレイステーション 3/Windows用MMORPG「ファイナルファンタジーXIV: 新生エオルゼア」において、新生サービス初の公式イベントとなる「紅蓮祭」を開始した。終了時期については別途お知らせするとしている。

「旧FFXIV」時代の「紅蓮祭」ポスター。耐熱装備(水着)を着て、大怪獣(ボム)に立ち向かうという特殊なノリの楽しいイベントになっている

 「旧FFXIV」ユーザーにはお馴染みのイベント「紅蓮祭」が「新生FFXIV」にも復活する。毎年8月上旬に開催され、“耐熱装備”こと水着や花火が手に入れられるイベントとして人気を博していた。「新生FFXIV」のローンチが8月27日だったことから、今年は9月に入ってのイベント開催となったが、新生ユーザーには水着を入手できる初のチャンスとなる。イベント終了日は未定ながら、コアタイムにはログイン制限が発生する状況を鑑み、多くのユーザーが参加できるように、通常の季節イベントより長く開催するとしている。

 「旧FFXIV」の時代“第六星歴末期”にエオルゼアの地に襲来した巨大ボム「ボンバード」。「大炎獣」と恐れられたボンバードが東ラノシアのコスタ・デル・ソルで目撃されたことから、対怪獣特殊部隊「アンチ・ボンバード・ユニット(ABU)」が5年ぶりに再結成され、街中にボム柄の気球を揚げて祭りへの参加を呼びかける「紅蓮祭」と題したうさんくさい祭りが三度帰って来た、というわけだ。

 イベントの参加方法は、冒険者ギルドから派遣された3都市の目抜き通りで待機している「ABU」特攻隊長に話しかけること。彼らから与えられた任務をこなすことで、耐熱装備をはじめ、様々なアイテムを手に入れることができる。「ABU」特攻隊長の具体的な位置は特設サイトで確認できる。

(中村聖司)