ニュース

「FFXIV: 新生エオルゼア」9月4日にワールド増強措置を実施

同時接続23万人を突破。補填措置として全アカウントに7日間無料期間を付与

8月27日発売

価格:
3,300円(PS3通常版)
10,290円(PS3コレクターズエディション)
オープンプライス(Windows PC版)
利用料金:1,344円(エントリー、30日)

1,554円(スタンダード、30日)
4,347円(スタンダード、90日)

 依然としてログイン制限および新規キャラクター作成制限が続いている「ファイナルファンタジーXIV: 新生エオルゼア」について、プロデューサー/ディレクターの吉田直樹氏が改めてコメントを発表し、9月4日に長時間メンテナンスを実施することで状況の改善を図る方針を明らかにした。また、ログイン制限やログインエラーなどにより長期間にわたってプレイしにくい状況への補填措置として、7日間程度の無料期間を付与する計画を発表した。

 吉田氏のコメントによれば、現在、運営チームでは、ワールドがダウンしない運用限界までユーザーを収容しつつ、モニタリングを続けながらログイン制限とキャラクタ作成制限の実施と解除を行なっているという。依然として多くのユーザーがプレイしにくい状況が続いているものの、最大同時接続は23万人を突破しているという。

 先日発表したサーバー増強については、作業が順調に進んでおり、9月4日に長時間メンテナンスを実施し、複数の新規ワールドとコンテンツファインダーのグループ分けによる負荷分散処理、そして各ワールドのログイン人数上限の拡大を行なう。これでログイン制限と新規キャラクター作成制限措置が緩和の方向に向かうものと見られる。

 メンテナンス開けは、再び大規模なログインラッシュが見込まれるため、あえてログイン制限を掛けるなど慎重に各ワールドを開放していく方針だという。

 今回のアクセス制限や新規キャラクター作成制限、サーバーエラーなどに対する補填措置については、「旧FFXIV」からの休眠アカウントを含め、全「FFXIV」アカウントに対して7日間の無料プレイ期間の付与を検討しているという。

 パッケージにはあらかじめ30日の無料プレイ期間が設定されているため、新規ユーザーの無料プレイ期間は37日ということになる。なお、追加無料プレイ期間の正確な日数については確定次第、追って報告するとしている。

(中村聖司)