ニュース

【E3 2013】米Microsoft、「Xbox E3 2013 Night Party」を開催

E3前夜に一足先にXbox Oneの実機とエクスクルーシブタイトルをチェック!

6月11日〜13日開催(現地時間)

会場:Los Angeles Convention Center

 Microsoftは現地時間の10日の深夜、毎年恒例となってるE3前夜の試遊パーティーを開催し、E3のMicrosoftブースにて出展を予定しているXbox OneおよびXbox 360タイトルの実機とハードをそれぞれ公開した。

【Xbox One/新型Xbox 360】
背面はPCのように端子がギッシリ。下のXbox 360の背面と比較するとその多さがわかる
こちらが本日発売を開始した新型Xbox 360。XboxOneとのデザインの相似性は確かに感じられるが、肝心のスリムさ、スタイリッシュさは殆ど感じられない

巨大なビルの壁にはXbox Oneの文字が
試遊エリアの様子
挨拶するMicrosoft Studiosプレジデント フィル・スペンサー氏
コンサートも行なわれた

 「Xbox E3 2013 Night Party」は、「Xbox E3 2013 Media Briefing」を実施した当日の夜、メディアブリーフィングで発表した新作タイトルを一足先に体験できるだけでなく、試遊台を囲んでアルコールを片手にクリエイター達と談笑が楽しめるというプレE3イベント。

 今回、参加していたのはXbox Oneのローンチが確定している欧米圏のメディアばかりで、日本を含むアジア圏のメディアの姿はあまり見られず、この点はちょっと寂しい気がしたが、Xbox OneがE3のオープン前にプレイできるとあって、会場はかなり混雑していた。

 イベント会場では、一通り入場を待つ列が捌けた頃を見計らって、ホストを代表してMicrosoft Studioプレジデントのフィル・スペンサー氏が登場。スペンサー氏は、メディアブリーフィングでは最高のスタートを切ることが出来た。参加してくれたみんなありがとうと挨拶すると、会場は大いに盛り上がり、そのままバンドによるサプライズコンサートがスタートし、大音声が鳴り響くなか、試遊イベントが続けられるなど、お祭り好きの北米らしいイベントだった。

 会場の各所には、Xbox Oneがガラスケースに入れられた状態で展示され、じっくり眺めることができた。背面の端子も覗くことができたが、前面のBlu-rayのスロットと電源ボタンがある以外は、ほとんどの接続端子は背面に集中しており、多機能のセットトップボックスという感じ。HDMI INがあるところが従来のゲームコンソールと大きく違うところか。

 また、本日、発表と同時に発売を開始した新型Xbox 360はスリムさはほとんど感じられず、シンプルなデザインのスタンダードモデルという気がした。正直なところ、デザインはウェストラインが細身の現行モデルの方が良い感じで、価格も同設定ということで、あとは静穏性次第といった感じだ。

 試遊タイトルについては、「Xbox E3 2013 Media Briefing」で発表された新規タイトルを中心に、Xbox Oneタイトルが10タイトル、Xbox 360タイトルが3タイトル、そしてXbox OneのKinectの性能などをデモするXbox Oneのデモコーナーが2カ所設置され、今回は試遊台を絞っていたこともあって、どこも黒山の人だかりだった。「Forza Motorsport 5」(Turn 10 Studios)、「RYSE: Son of Rome」(Crytek)、「Dead Rising 3」(Capcom Vancouver)など、Xbox Oneエクスクルーシブタイトルが人気を博していた。

 各タイトルの詳細についてはE3期間中のブース取材で詳しくレポートしていきたい。ただ、「Xbox E3 2013 Media Briefing」レポートでもお伝えしたとおり、今年は日本のゲームメディアは取材対象から外されているため、どこまでカバーできるかは出たとこ勝負だが、できる限り頑張ってみるつもりだ。明日以降のXbox One/Xbox 360関連レポートにぜひご注目いただきたい。

【試遊タイトル】
屋外エリアにも試遊台が用意されていた
「RYSE」
「Halo Spartan Assault」
「World of Tanks for Xbox 360」
「Forza Motorsport 5」
「Dead Rising 3」
「Killer Instinct」
「NFL」
「Crimson Dragon」
「LOCO Cycle」
「Project Spark」
Xbox Oneデモ

(中村聖司)