最新ニュース
【11月30日】
【11月29日】
【11月28日】
【11月27日】
【11月26日】

任天堂、画面が大きくなった「ニンテンドー3DS LL」を発表

画面が1.9倍の大型化を達成しながらもバッテリー持続時間が長時間化


7月28日 発売予定

価格:各18,900円



 任天堂株式会社は、6月22日にインターネットを通じて放送した同社の広報番組「ニンテンドーダイレクト」において、ニンテンドー3DSの画面サイズなどを大きくしたサイズバリエーション「ニンテンドー3DS LL」を7月28日に18,900円で発売することを明らかにした。発売開始当初のカラーはホワイト、シルバー×ブラック、レッド×ブラックの3タイプが用意される。

 「ニンテンドー3DS LL」は、上画面サイズを従来の3.53インチから4.88インチへ、下画面サイズを3.02インチから4.18インチへと1.9倍画面を大きくしたのが最大の特徴。本体サイズも一回り大きい93×156×22mm(縦×横×厚さ:折りたたみ時)となり、質量も約235グラムから約336グラムとなっている。

 「ニンテンドーダイレクト」でプレゼンテーションを行なった岩田聡代表取締役社長によれば、画面を大きくした一方で、周りのいわゆる“額縁”は小さくし、サイズの大型化を最小限に留めているという。また、画面が大きくなることはより強力なバックライトが必要となり、ひいてはバッテリーの持ち時間が短くなると言う懸念が発生する。しかし、この点についてもサイズが大きくなったことで、より大きなバッテリーが搭載可能となり、3DSで約3時間から5時間のプレイ時間だったものが、約3時間30分から6時間30分へと長時間化を達成している。

 また、価格的な競争力を維持するために、ACアダプターと専用充電台は別売となっている。一方で、ネットワークでのソフトの販売が本格化することから同梱のSDメモリーカードが2GBから4GBへと容量がアップしている。

 「ニンテンドーダイレクト」では、8月2日に発売となるWii/Wii U用RPG「ドラゴンクエストX 目覚めし五つの種族 オンライン」やDS用RPG「ポケットモンスターブラック2・ホワイト2」をはじめ、3DS「カルドセプト」、3DS「とびだせどうぶつの森」などのプレゼンテーションが行なわれた。「New スーパーマリオブラザーズ 2」では発売後、ランダムに提示される3つのコースでコインを集めていく「コインラッシュモード」の追加コースを発売後に制作し、有料配信されることが明らかになった。


「ニンテンドー3DS LL」のカラーリングはホワイト、シルバー×ブラック、レッド×ブラックの3パターンでスタートとなる
「ニンテンドーダイレクト」でも取り上げられた。画面が大きくなったことで「バックライトも大きくなりバッテリーの持ちが悪くなったのでは?」という懸念などについて岩田氏は丁寧に説明していった
「ニンテンドーダイレクト」では任天堂のタイトルを始め様々なタイトルのプレゼンテーションが行なわれた。「東北大学加齢医学研究所 川島隆太教授監修 ものすごく脳を鍛える5分間の鬼トレーニング」、「New スーパーマリオブラザーズ 2」など話題作も目白押しだ

(C)Nintendo

(2012年 6月 22日)

[Reported by 船津稔]