これまでのコールと同じ要領でアンコールボタンをタップし、アンコールのエールを送ることができる。画面写真では淡泊に感じるかもしれないが、これまでの楽曲で盛り上がっていたこともあり、1プレーヤーとしてはまさにライブ会場でアンコールを叫んでいるような気持ちになっていた

これまでのコールと同じ要領でアンコールボタンをタップし、アンコールのエールを送ることができる。画面写真では淡泊に感じるかもしれないが、これまでの楽曲で盛り上がっていたこともあり、1プレーヤーとしてはまさにライブ会場でアンコールを叫んでいるような気持ちになっていた