ニュース

Project Morpheus、TGSプレステブースで「サマーレッスン」の出展を中止

自社ブースマップを公開

9月18日〜9月21日 開催(18日、19日はビジネスデー)

会場:幕張メッセ1〜9ホール

入場料:
前売り 1,000円
当日 1,200円
小学生以下無料

Project Morpheusは出展が決定している。いくつかコンテンツを選択することができる予定
体験できるソフトの中で圧倒的人気を得ると思われていた「サマーレッスン」が残念ながら出展中止となった

 ソニー・コンピュータエンタテインメントジャパンアジアは、9月18日から幕張メッセで開催される「東京ゲームショウ 2014」の同社「プレイステーション」プラットフォームのブースマップを公開した。

 同時に、PS4用VRヘッドセット「Project Morpheus」の出展コンテンツの1つ「サマーレッスン」の出展を中止すると発表した。「サマーレッスン」は、9月1日に開催された「SCEJA Press Conference 2014」において「Project Morpheus」の体験ソフトの目玉として発表され、バンダイナムコゲームスの「鉄拳」チームが製作を手掛け、チームリーダーの原田勝弘氏はビデオレターで「今回のデモは、空間にいるプレーヤーをキャラクターが認識している。部屋のなかにキャラクターが本当に存在しているように見える」とアピールしていた。

 今回の出展中止について同社は「出展を予定しておりましたTGS会場のブースのキャパシティ及び他コンテンツとの兼ね合い上、ご来場いただく多くのお客様にお楽しみいただけない可能性が懸念されるため、TGSでの出展を中止いたします」とコメントしている。

 「サマーレッスン」については、別途体験の場を設けることを検討しているという。

(船津稔)