ニュース

Wii U「ゼルダ無双」完成発表会を開催

宮本茂氏、青沼英二氏、飯窪春菜さんがゲストで登場

8月14日 発売予定

価格:
7,389円 パッケージ版(税別)
6,463円 ダウンロード版(税別)
10,800円 プレミアムBOX(税別)
13,800円 TREASURE BOX(税別)
CEROレーティング:B(12歳以上対象)

 コーエーテクモゲームスは、8月14日発売予定のWii U「ゼルダ無双」の完成発表会を都内で開催した。

 発表会の冒頭、コーエーテクモゲームス代表取締役社長の襟川陽一氏は「開発に3年をかけた。2011年に私、当社会長の襟川(恵子氏)、総合プロデューサーの鯉沼(久史氏)と3人で任天堂を訪問し、任天堂のIPと我々のアクションシステムをコラボレートして新しいゲームを作ろうと提案した。コーエーにはシミュレーション、『無双』エンジン、テクモのアクションなど数々のシステムがある。こうしたノウハウと任天堂が大切に育ててきたIPを組み合わせることで、今までにない新しい面白さを作りだすことができると提案した」と経緯を説明。

 続いて登壇した宮本茂氏は「HDでいち早くWii U版『ゼルダ』を作りたいが、まだまだ時間がかかる。そのなかで、コーエーと一緒にやるなら『これは「無双」と「ゼルダ」の組み合わせしかない!』ということで始めた。『無双』の“一騎当千”の気持ちよさが『ゼルダ』にうまく活かされ、簡単な操作で『ゼルダ』のキャラクターが味わえる。『スカイウォードソード』最終面に近く、さらに気持ちよく楽しめる。相当なボリュームがあり、長く遊んでもらえるものに仕上がった」とコメント。

 コーエーテクモ側スタッフの“「ゼルダ」愛”に感じ入ったという宮本氏だが、愛が嵩じて「いつの間にか『ゼルダ』を作りたい、みたいな話になっていく」といい、それに対し「いや、今回は『ゼルダ』を作るのではなく、コラボレーションで面白いものを作ろう。『無双』を崩さず、とことん『無双』で『ゼルダ』を再現しよう」と提案。仕上がりには満足していると言い「おかげさまで大妖精もずいぶんと色っぽくなったと思う(笑)」とコメントし、会場の笑いを誘った。

 総合プロデューサーの鯉沼久史氏は「ゼルダシリーズは子供の頃からファン。せっかくお借りするからには『ゼルダ無双』ならではのゲーム性を念頭に開発してきた。今までにない『ゼルダ』ゲームに仕上がっていると思っている」とコメントした。

襟川陽一氏
宮本茂氏
鯉沼久史氏

 「ゼルダ無双」プレゼンテーションを担当したのは、開発プロデューサーの早矢仕洋介氏とスーパーバイザーの青沼英二氏。

 コンセプトは“「ゼルダ」の世界で一騎当千”。「ゼルダ」シリーズに登場するキャラクターを操作して、一騎当千の爽快感を体感。ストーリーは「ゼルダ無双」オリジナルで、ゼルダ姫が率いるハイラル王国と黒の魔女シア率いる闇の軍団の戦いが描かれる。

 舞台となるステージは「時のオカリナ」、「トワイライトプリンセス」、「スカイウォードソード」など、いわゆる“3D「ゼルダ」”に登場するステージを融合させて構築したと説明。各タイトルのモチーフをふんだんに散りばめることで「シリーズのファンのみなさんには楽しんでいただけると思う(早矢仕氏)」とアピール。

 登場キャラクターは「リンク」、「ゼルダ姫」、「インパ」などシリーズでおなじみの面々のほか、各シリーズのゲストキャラクターも多数参戦。本作オリジナルキャラクターも登場する。

早矢仕洋介氏
青沼英二氏

ロゴ
キービジュアル
パッケージ

【ハイラル軍】
リンク

ゼルダ姫
インパ

ミドナ
ラナ

アゲハ
ルト
ファイ

シーク
ダルニア

【黒の魔女軍】
シア
ヴァルガ
ウィズロ

ギラヒム
ザント
ゴーマ

ナルドブレア
封印されしもの

【実機によるデモプレイ】
ディレクター氏がデモプレイを披露。簡単操作でダイナミックなモーションから多彩な技を繰り出すリンク。ルピーは大量に散らばるため、いちいち拾わずとも自動回収されていく。アイテムに弾数制限はなし。爆弾も在庫を気にせずバンバン投げられる。ステージ終盤にはキングドドンゴが登場。倒し方はファンならご存知のとおり。口に爆弾を投げ込んでスキを作りダメージを叩き込んでいく

 既報のとおり、発売日は8月14日。価格はパッケージ版が7,389円(税別)、ダウンロード版が6,463円(税別)、プレミアムBOXが10,800円(税別)、TREASURE BOXが13,800円(税別)。初回特典コスチューム「勇気」コスチュームセットは、ダウンロード版にも8月末販売分まで付属する。

【初回特典コスチューム「勇気」コスチュームセット(3種)DLコード】
時のオカリナ
トワイライトプリンセス
スカイウォードソード

【プレミアムBOX、TREASURE BOX同梱「知恵」コスチュームセット(3種)DLコード】
時のオカリナ
トワイライトプリンセス
スカイウォードソード

【TREASURE BOX同梱・勇者のマフラー/トライフォース型置き時計】
上写真中央のディレクター氏が巻いているのが勇者のマフラー。青沼氏が宝箱型小物入れ(サウンド付)から取り出したのがトライフォース型置き時計。それにしても青沼氏、実にいい笑顔だ

【8月2日、3日に店頭体験会を開催】
発売前に「ゼルダ無双」を体験するチャンス到来! 試遊した人には「ゼルダ無双」オリジナルクリアファイルがプレゼントされる。詳細は公式サイトを参照して欲しい

開発者トークセッション 〜スペシャルゲストは飯窪春菜さん〜

早矢仕氏の左手に注目!

 初公開というTVCM上映後に行なわれたトークショウでは、鯉沼氏、青沼氏、早矢仕氏、そして途中から壇上に呼び込まれた宮本氏がさまざまなエピソードを披露。

 「『ゼルダ』コラボ実現の自信はあったのか?」との問いに鯉沼氏は、数々のコラボ経験やノウハウはあったもののTeam NINJAとω-Forceによる社内コラボなど「全社一丸にならないと実現できない」と文字どおり万全の体制を構築。

 開発当初、早矢仕氏は「ゲーム開発者にとっても特別なタイトル。こんなに変えていいのかと怖気づいてしまい『ゼルダ』シリーズにどんどん寄っていってしまったが、青沼さんに『いや、そうじゃない。今回のコラボでしかできない「ゼルダ無双」を作ってくれ』と言われ続けた。我々のほうが『ゼルダ』シリーズを守ろうとし、青沼さんに壊してもらう、そんな開発だった」と当時を振り返る。

 驚いたところを聞かれた青沼氏は「驚いてばっかり!」と言いつつ「1番驚いたのは『ムジュラの仮面』に出てくる月。今回もステージにあるんですが、それが……えっ、そんなことできちゃうんだ? みたいな。あまり詳しくは言えないが、本当にビックリさせられた」とコメント。このほかにも「開発者の前にいち『ゼルダ』ファン。我々がうれしいことを一杯入れればいいんじゃないか。わかってくれたらうれしい(早矢仕氏)」というネタが随所に詰め込まれているという。プレイアブルキャラクターにも意外な選定があるといい、ファンならずとも非常に楽しみだ。

途中からステージに呼び込まれた宮本氏。「ゼルダ」の謎解きを「しちめんどくさい」と表現した青沼氏にツッコミを入れつつ「汗をかく『ゼルダ』。遊んでいて、悩んでいるより汗をかく『ゼルダ』ができた。これが結構うれしい。デモがちょこちょこ入っているんですけど、自分でコンテを切っていないから新鮮。色々なキャラクター、懐かしいシーンがたくさん出てきて、思い出させてくれるのがうれしい」と実にいい笑顔。戦況を見つつプレイできるところもお気に入りのよう。開発最初期に「ちゃぶだい返しがあった(早矢仕氏)」のは驚きの一言だが「本当に『無双』らしくしてよかったですよね!(宮本氏)」と太鼓判!

【飯窪春菜さん(モーニング娘。'14)】
スペシャルゲストはアイドルグループ「モーニング娘。'14」サブリーダーの飯窪春菜さん。「ゼルダ」シリーズは保育園の頃から遊んでいたと言い、プレイ中「(妖精の)声が違う」、ドドンゴの体表色に言及、さらには初見で迷うことなく口に爆弾を投げ入れるなど随所でガチっぷりを披露し青沼氏らを驚かせる。『無双』シリーズは未体験ながら「父や兄弟がプレイしているのを楽しく見ていました」と卓越したセンスを発揮!


セブンネットで購入

(豊臣和孝)