ニュース

「大乱闘スマッシュブラザーズ Direct 2014.4.9」配信!

発売は3DS版が先行! 新たな挑戦者など多数新情報を公開

4月9日 配信

 任天堂は、4月9日7時から「大乱闘スマッシュブラザーズ Direct 2014.4.9」を配信した。本作のディレクター、ソラの桜井政博氏による「大乱闘スマッシュブラザーズ for ニンテンドー3DS/Wii U」のプレゼンテーションの録画が配信された。

 まず、発売時期のイメージだが、3DS版が今夏、Wii U版は2014年冬の発売をイメージしており、3DS版の方が先行して発売される。

・3DS版

 3D立体視、描画60フレーム対応。プレーヤーは60フレーム描画を維持するが、アシストフィギュアやポケモンは30フレーム描画となる。

・3DS版とWii U版との違い

 登場キャラは両者に違いはない。ステージの種類はまったく異なり、同じ名前のものがいくつかあるが、「戦場」のデザインが異なる。また、3DS版は1ステージに2曲、Wii U版は「オレ曲セレクト」により、多くのシリーズ曲がBGMとして入っている。両者の連動要素があるようだが、今回は紹介されなかった。

・ステージ

 いくつかのステージが復活して登場する。

【3DS】 【Wii U】
初期化爆弾の森 マリオギャラクシー
3Dランド パイロスフィア
汽車 村と街
ゲルドの谷 特設リング
フェリア闘技場 パイロットウイングス
コトブキランド スカイロフト
子犬がいるリビング ウインディヒル
プリズムタワー 再会の花園
レインボーロード Wii Fit スタジオ
すれちがい伝説 エンジェランド
バルーンファイト 戦艦ハルバード
ジャングルガーデン
ロックマンステージにはイエローデビルが登場。火炎や移動パーツが攻撃となっており、目玉が弱点。倒したプレーヤーの攻撃として爆発が残りのプレーヤーを巻き込む
ほかにもボスキャラ系の仕掛けがあるステージが用意されているようだ

・インターネット対戦

 Wii U/3DS版どちらもインターネット対戦に対応。フレンド以外の対戦(だれかと)では、「エンジョイ部屋」と「ガチ部屋」に分けられている。

「だれかと対戦」の場合、「エンジョイ部屋」と「ガチ部屋」にわかれる
ほぼすべてのステージが「終点」化。ガチプレイでもステージ選択の幅が広がる?
「エンジョイ部屋」
「ガチ部屋」

 なお、対戦時はプレーヤーネームが表示され、迷惑行為は通報できるようになっている。迷惑行為を繰り返すと、しばらく対戦に接続できなくなり、回数が多ければ多いほど、再接続可能になるまでの時間が長くなるという。

Ninetndo Networkに登録している名前が表示される
対戦での迷惑行為はしばらく対戦できなくさせることで対応

・世界戦闘力

 1人プレイのランキングは、同じモードをプレイしている世界中のプレーヤーの中で、どれぐらいの人数を上回っているかを示す「世界戦闘力」で示される。例えば世界戦闘力が30万であれば、ほかの30万人より上のスコアだということを示す。

 また、対戦でのランキングはないが、腕前に応じてマッチングが行なわれるという。

1人プレイはランキングに対応。指標は「世界戦闘力」

・アイテム

「ビームソード」、「バンパー」、「スマートボム」、「センサー爆弾」、「POWブロック」、「ビートル」、「ファイアバー」、「バックシールド」、「ボムチュウ」、「妖精のビン」、「巨塔」、「十文字爆弾」、「ドルフィン爆弾」、「ロケットベルト」、「スティールダイバー」が映像で紹介された。

・アシストフィギュア

「アンドルフ」、「デビル」、「ナックルジョー」、「サキ・アマミヤ」、「リン」、「ニンテンドックス」、「ワルイージ」、「ドクターライト」、「スタルキッド」、「マザーブレイン」、「ミドナ」、「アシュリー」、「ダークサムス」、「ワンワン」、「しずえ」、「エレキマン」、「テレビゲーム15」が映像で紹介された。

・ポケモン

 伝説のポケモンなど、珍しいポケモンだけが出現する「マスターボール」が登場。登場ポケモンとして、「アルセウス」、「ニャース」、「マルマイン」、「イーブイ」、「ヒトデマン」、「メタグロス」、「フォッコ」、「メロエッタ」、「ゴーゴート」、「エンテイ」、「デオキシス」、「パルキア」、「キュレム」、「ビクティニ」、「ケルディオ」、「ゼルネアス」が映像とともに紹介された。

・歴戦の勇者/新たなる挑戦者の紹介

 「ゼロスーツサムス」、「シーク」、「ヨッシー」、「リザードン」、「ゲッコウガ」、「ロゼッタ&チコ」、「リトル・マック」の紹介をメインに「ルカリオ」のメガシンカをはじめ、多数のキャラクターの本作での変更点、技や特徴の紹介が行なわれた。

【Wii U版】
【3DS版】
キャラクターの変身がなくなり、「ゼロスーツサムス」は独立参戦。ジェットブーツによる体術を使いこなし、復帰も強化
ゼルダの下必殺技が「ファントム」を召喚する「ファントムアタック」になり、「シーク」は独立したキャラクターに。アクロバティックなかかと落とし「跳魚」、小型爆弾「炸裂丸」が紹介された
「ヨッシー」は姿勢が昨今の登場タイトルにあわせて背筋が伸びたものになっている
「ロゼッタ&チコ」は「チコシュート」で両者を切り離したり戻したりし、別に操作できる
「リザードン」
「ゲッコウガ」

・3DS版専用ゲームモード「フィールドスマッシュ」

 3DS版専用のゲームモード「フィールドスマッシュ」は、4人で遊べる探索型パワーアップバトルゲーム。ファイターはまず、広いバトルフィールドに投入される。5分の制限時間内で、毎回異なる敵(ランダム配置)を倒してパワーアップを集めてキャラクターを強化。

 制限時間が終了後、今度は集めたパワーアップを持ち越しての対戦となる。「反射乱闘」、「お花乱闘」、「よくふっとぶ乱闘」、「のぼれ!」といった形式での戦いとなる。イベント「暴走」、「強風」、「キラー祭り」なども発生。アイテムを持ち込むこともできる。

(佐伯憲司)