ニュース

東京ゲームショウ2014、開催概要発表。混雑回避のために会場レイアウトを工夫

9月18日〜9月21日 開催(18日、19日はビジネスデー)

会場:幕張メッセ1〜9ホール

入場料:前売り 1,000円

当日 1,200円
小学生以下無料

鵜之澤伸CESA会長。PS4を引き合いに出して、ハイエンド機もスマートフォン用ゲームも好調とし、新しい見せ方で人を引きつけて欲しいとアピールした
日経BPの長田公平社長。海外メーカーとの繋がりの強化など商談のとりまとめに向け、海外での商談会の設定など精力的に活動している点を強調

 コンピュータエンターテインメント協会(CESA)と日経BPは、日本最大規模のゲームイベント「東京ゲームショウ2014」の開催概要を発表した。開催期間は9月18日〜9月21日(一般公開日は20日と21日)で、開催場所は幕張メッセの展示ホール1〜9およびイベントホール、国際会議場。一般公開日の入場料は前売り1,000円で、当日1,200円。小学生以下は無料。

 2014年の東京ゲームショウのテーマは「GAMEは変わる、遊びを変える。」。ネットとの繋がりも深い新世代ゲーム機が発売され、ネットワークとの融合からこれまでのゲームの常識を変えるイノベーションが生まれるということと、そんな未来を切り開く期待と決意からこのテーマが選択された。

 会場は昨年同様に、幕張メッセの1ホールから9ホール、イベントホールと国際会議場となっている。ビジネスデーは9ホールとイベントホールは使用せず、逆に一般公開日は国際会議場は使用しない。しかし会場のレイアウトなどは変化が見られる。昨年は9ホールにファミリーコーナーが設置されていたが、今年はファミリーコーナーと物販コーナーを8ホールに戻し、9ホールにはPCゲームコーナーや「Cyber Games Asia」のコーナーを設置。また、コスプレエリアや飲食コーナーも9ホールに設置される。

 また、一般展示エリアだが、これまで南側と中央エリアに40小間以上の大型ブースを集中させていた。このため人気のブースがどうしても偏ってしまい、通路を広げても混雑が解消されることはなかった。今回からは大型ブースを南と北に分散させる。これにより中央部分に人の流れができ、これまでよりは混雑が緩和されるとしている。レイアウト変更に伴い入場口も1ホール北から西側に変更。入り口が大きくなることから入場待機列の早期解消も期待できるという。

 ちなみに、今回規定が改定され、ブース内に100インチ以上の大型スクリーンを設置する場合、スタッフ増員やロープによる人員誘導など必須事項が増えている。また、ステージプログラムの事前共有も行なわれるという。これは、ステージがブース間で向かい合うことがあり、来場者が通路にはみ出てしまい、結果的に通路を通ることができなくなるといった事象が起きていた。これらを緩和するために、規定を強化したと思われる。

 このほか、注目されるところとしてはゲーミングデバイスコーナー、クラウドゲーミングコーナー、昨年「乙女ゲームコーナー」として注目を集めた女性向けコーナーは新たに「ロマンスゲームコーナー」と改名。クラウドゲーミングコーナーやインディゲームコーナーなども設置が予定されている。メーカーのグッズが当たる「大抽選会」など、“もらえる系”のイベントの設置なども行ないより多くの来場者の獲得を狙っていくとしている。

 挨拶のため登壇した鵜之澤伸CESA会長は「昨年は来場者が一挙に5万人増えたが、そのことにより会場は混乱したので、今年は東京ゲームショウをより良いものにしたい。ぜひ出展いただき、今までに無い見せ方をしていただきたい」と会場に集まったゲーム関連メーカーにアピールした。

【東京ゲームショウ2014】
「東京ゲームショウ2014」の開催概要
開催規模の予想。説明を行なった日経BPの渡辺氏は「これは最低ラインで、これ以上を目指す」と語った
今年のテーマは「GAMEは変わる、遊びを変える。」

会場規模は昨年と変わらないが、コーナー配置は若干の変化が見られる
大型ブースの配置ゾーンが、南と北に分散される
配置ゾーンの変更に伴い一般入場口の位置が変わり、広さも1.5倍となる

デジタルサイネージも改良され、見やすくなるほか、多言語化され、海外からの来場者にとってもわかりやすいものを目指す
昨年は飲食コーナーが立食形式が中心だったりしたが、今年はテーブルなどを設置するなど、様々なところで改良が施される
楽しめる・もらえる主催者企画を開催する予定

e-Sports競技会「Cyber Games Asia」では、海外プレーヤーとの交流の場を設置する
コスプレエリアや大抽選会の会場も9ホールに設置される

「Tokyo Otaku Mode」との連携も昨年同様行なわれる
今年も、初日に日本ゲーム大賞が発表される
ゲーム開発者会議「CEDEC 2014」との連携も行なわれる。今年の「CEDEC」は9月2日から4日までパシフィコ横浜会議センターで行なわれる

【「東京ゲームショウ2013」データ】
「東京ゲームショウ2013」の各種データも一部公開された

(船津稔)