ニュース

「蒼き鋼のアルペジオ」×「艦これ」冬のコラボイベント・プレイレポート

“霧の艦隊”が期間限定で運用可能!「大和」を建造できる新システムも実装

12月24日〜2014年1月8日 イベント開催

イベント限定艦「イオナ」と、クリスマス装飾「七面鳥のご馳走」

 「艦隊これくしょん -艦これ-」にて、テレビアニメ「蒼き鋼のアルペジオ -アルス・ノヴァ-」とのコラボイベントが、12月24日より開始された。

 「蒼き鋼のアルペジオ -アルス・ノヴァ-」は、10月から放映されているテレビアニメで、「艦これ」と同じく太平洋戦争時の軍艦をモチーフにした作品。現代から数十年後の世界を描いた近未来SF作品となっており、軍艦とそのパーソナリティを具現化したキャラクターが登場する。その独創的な内容のみならず、アニメーションが全編フル3DCGで作られていることでも注目を集めている。

 コラボイベントでは、アニメに登場する“霧の艦隊”が特殊能力を持つ艦娘として登場するなど、これまでのイベントとは一線を画した内容となっている。今回はその“霧の艦隊”が登場する期間限定海域を解説するとともに、同時に行なわれたアップデートで追加された「大型艦建造」などの新要素についても合わせて見ていきたい。

強さの次元が違う“霧の艦隊”が期間限定で登場

E-1開放のための任務をこなすと、潜水艦「イオナ」を入手できる
潜水艦とは思えない圧倒的な火力と装甲を持つ上、さらに強化も可能

 今回のイベントは「蒼き鋼のアルペジオ -アルス・ノヴァ-」とのコラボイベントとなっており、内容的にもシステム的にも、従来のイベントとは異なる仕掛けが用意されている。

 まずイベント限定海域では、3つのエリアで構成された期間限定海域を突破するのが目的となる。従来のイベントと同様、海域のボスを撃破すると戦力ゲージを減らすことができる。今回は時間経過による戦力ゲージの回復はないため、短時間で一気に攻略する必要はない。また支援艦隊や夜戦スタートなどの特殊システムもないため、全体としての難易度はかなり低めに抑えられている。

 ただし限定海域に出撃するには、特定の任務をクリアする必要がある。これは海域をクリアするごとに、次の海域に向かう前に新たな任務が加わる。さほど難しいものはないが、演習での勝利数を求められるものなどがあるので、急いで進めたい人は注意が必要だ。

 そしてイベント任務を達成していると、潜水艦「イオナ」を入手できる。「イオナ」は「蒼き鋼のアルペジオ -アルス・ノヴァ-」に登場する“霧の艦隊”の潜水艦で、「イ401」のメンタルモデル(ヒト型の意識体)。「艦これ」では潜水艦の艦娘として登場するが、レベル1で未強化の状態でさえ、他の潜水艦としては比べ物にならないほど高い性能を有している。

 さらにイベント海域を攻略し、イベント任務を達成することで、「イオナ」の他に2隻の“霧の艦隊”を迎え入れることができる。これらも極めて高性能で、同じカテゴリに属する艦の中では突出した性能を持つ。加えて“霧の艦隊”特有の攻撃として、砲撃時に複数の敵を攻撃するレーザーを射出することがある。他にも敵の攻撃を防ぐ「クラインフィールド」を展開する(ダメージが0の際のエフェクトのようだ)など、見た目にも楽しませてくれる。

 ただし“霧の艦隊”の艦はいずれも補給や修理に必要な資材の量が非常に多い上、イベント期間が終了すると消失することになっている。コラボ期間限定の超強力艦、というわけだ。なおイベント海域は“霧の艦隊”を使用しなくても攻略はできるので、好みで選んで構わない。

 あとはイベント海域といえば、オリジナルの音楽が気になるところ。今回は通常戦、ボス戦とも新曲を採用している。特にボス戦では、「蒼き鋼のアルペジオ -アルス・ノヴァ-」のオープニングテーマ「SAVIOR OF SONG」をBGMに使うという斬新な企画になっている。

【スクリーンショット】
複数の敵を薙ぎ払うレーザー砲撃。“霧の艦隊”はどの艦も時々使用してくる
敵の攻撃を無効化するシールド「クラインフィールド」。0ダメージ時の特殊な演出のようだが、初めて見た時にはかなり驚いた

【戦闘サンプル動画】
味方艦隊からのレーザー砲撃、敵艦隊のクラインフィールドなどが確認できる

(石田賀津男)