ニュース

【ChinaJoy 2013】RTSとTPSが融合した「全球使命2」

中国人民解放軍が協力したFPS「光栄使命」も出展

7月26日〜29日開催(現地時間)

会場:上海新国際博覧中心(Shanghai New International Expo Centre)

 ChinaJoy 2013に出展されていたタイトルの中でTPSとFPSをそれぞれ取り上げたい。zygamesの「全球使命2」はRTSとTPSが融合した作品で、その世界観が特に面白い。ゾンビに近未来メカ、ロボットと盛りだくさんの作品だ。

 そしてFPSではついに正式サービスが開始される巨人のFPS「光栄使命」を取り上げたい。尖閣諸島魚釣島のMAPなども実装されるという、中国人民解放軍の協力の下開発された異色のFPSである。

ゾンビにロボに、近未来兵器……。多彩な要素を盛りこんだ「全球使命2」

作品をイメージしたコンパニオンのコスチューム
ロボットも登場する

 zygamesの「全球使命2」はRTSでNPC軍団を指揮するプレーヤーと、TPSのプレーヤーがパーティを組んで対決する作品だ。TPS側のプレーヤーは8人で立ち向かっていく。

 今回見ることができたフィールドは全身をぴったり覆うハイテクスーツを身にまとった戦士達が、瓦屋根の古い中国風の街を進んでいく中で、向こうから来るゾンビに立ち向かうといった感じで、その組み合わせこそが魅力的に感じた。各要素は全くちぐはぐなもののように思えるが、それが混ざり合ったとき独特のインパクトが生まれていた。

 TPSプレーヤー達は死角をカバーしながら、敵を倒していく。敵の一団を排除しながら進むのはMOのパーティプレイを思わせる。高低差のある場所や、炎の柱が吹き上がる場所など地形は刻々と変化する。これらの地形を活用しながらプレーヤーを迎撃するのも楽しそうだ。今回はTPS側しか見ることができなかったが、ボウガンや設置武器など武器も多彩で、役割を分担しながら戦っていくという感じだ。

 他のマップでは巨大ロボットに乗っているところも見ることができた。世界観はさらに広がり、ギミックも様々なものが盛り込まれるようだ。プレイしてみたいと強く感じた。日本でも展開して欲しい作品だ。

【全球使命2】
仲間と共に敵を撃退しながら前へと進んでいく

アメリカ軍と空母上で銃撃戦!? 独特の雰囲気を持った「光栄使命」

他のタイトルとはちょっと違った雰囲気のブース

 巨人のFPS「光栄使命」は中国人民解放軍が開発に協力しているFPSだ。8月1日より課金アイテムを販売する正式サービスを開始する。China Joyでは試遊台で対戦を楽しむことができた。

 「光栄使命」は中国が米国に立ち向かうFPSを、中国人民解放軍の協力で開発するということで日本でも話題を集めた。ブースには中国の地図が張り出され、さらに尖閣諸島魚釣島が赤い星印でピックアップされ、島の写真に中国国旗が貼り付けられていたりした。

 会場では対戦が中心で、様々なマップで戦っていた。興味深かったのが“空母”のマップ。甲板の上にはカナード翼(前翼)のついたSu-35や、現在中国軍が試作しているJ-20といった戦闘機やヘリコプターが並んでいる。アメリカ軍が空母甲板上に侵入したようで、戦闘機のうち何機かは炎を上げており、ここで激しい銃撃戦が行なわれていた。

 会場で流されていたプロモーションムービーでは8月のアップデートで「釣魚島MAP」というPvEマップの実装されることがアナウンスされていた。対戦だけでなくPvEの機能も盛り込まれるようだ。PvEは会場で出展されていたFPS・TPSでの目玉となっていたが、今回は見ることができなかった。

 中国人民解放軍が関わる本作は、戦場の選択も他の作品と全く異なる雰囲気を持っていると感じた。また、ステージイベント以外にもブースの周りで迷彩服に身を包んだ兵士達によるデモンストレーションが行なわれており、ブースは他の会場と違う空気があった。

【光栄使命】
コンパニオンが踊るイベントとは空気が異なる。ブースの隅でも彼らの姿を見ることができた
空母の上でアメリカ軍と中国軍が戦う

(勝田哲也)