最新ニュース
【11月30日】
【11月29日】
【11月28日】
【11月27日】
【11月26日】

CESA、「東京ゲームショウ2012」会場マップを発表

イベントステージのスケジュールや整理券の配布に関する情報も公開


9月20日〜9月23日 開催(20日、21日はビジネスデー)

会場:幕張メッセ1〜8ホール

入場料:前売1,000円/当日1,200円(一般)
    無料(小学生以下)
    前売3,000円(TGS サポーターズクラブ)



東京ゲームショウ2012の公式ページにおいて、PDF形式でアップされている

 一般社団法人コンピュータエンターテインメント協会(CESA)と株式会社日経BPは、9月20日から9月23日までの期間(9月20日、9月21日はビジネスデイ)に開催する「東京ゲームショウ2012」の会場マップを同社ホームページで公開すると共にイベントステージのスケジュールや、整理券の配布に関する情報も公開した。

 会場マップによれば、大手メーカーが軒を連ねるスタイルは大きくは昨年とは変わらない。一般来場者入場口から入り、正面にバンダイナムコゲームスのブース、2ホールにレベルファイブ、コーエーテクモゲームス、3ホールにKONAMI、セガのブースが並ぶ。そして、ソニー・コンピュータエンタテインメント、カプコンが4ホールに、5ホールの昨年と同じ場所にグリーと「スマートフォンゲームコーナー/ソーシャルゲームコーナー」が設置され、6ホールはブシロードとgloopsが出展する。

 5ホールと6ホールが携帯コンテンツやソーシャル系を中心としたコンテンツが比較的中心となるようだ(ブシロードは幅広いコンテンツを出展する予定だが、新規サービス「ブシモ」が目玉コンテンツの1つとなる)。このほか、スクウェア・エニックスは5ホールの北側に位置する。ディースリー・パブリッシャーやアークシステムワークス、メダロット社は2ホールに出展している。

 このほか、eスポーツ競技会のブースを始め、日本ゲーム大賞、東日本大震災復興支援ブースも1ホール奥に設置される。そして物販、飲食コーナーが7ホール、イベントステージとキッズコーナーが8ホールとなっている。

 また、昨年との違いとしては、会場ではかなり電波が混雑することから、電波環境改善のため、1から6ホールまでの展示ホール内は事務局が許可した以外の無線LANの使用が禁止となる。これにともない、無料で使える無線LANサービスが2階のコンコースに設置される。さらに、すれ違い通信や通信対戦を遊ぶ来場者のために、2階のコンコースの4ホール前(赤)と7ホール前(青)に「すれ違い通信&対戦ゲーム広場」が設置される。

 また、整理券配布情報も公開された。9月22日と23日に「モンスターハンター4」の試遊台やKONAMIの「ドラゴンコレクション」、gloopsの「大進撃!!ドラゴン騎士団」、「大熱狂!!ダービーカード」の各カード引換券、そしてステージイベントの整理券の配布が行なわれる。「整理券配布所」は1ホール入口付近に設置される予定。


(2012年 9月 12日)

[Reported by 船津稔]