最新ニュース
【11月30日】
【11月29日】
【11月28日】
【11月27日】
【11月26日】

任天堂、「NINTENDO WORLD 2011」を幕張メッセで開催

3DS同時発売タイトル8タイトルを発表


1月8日〜10日 開催

会場:幕張メッセ 9ホール

入場料:無料



開場前にはかなりの行列ができた

 任天堂株式会社は、2月26日に発売を予定しているニンテンドー3DSが体験できる初の一般向けイベントとなる「NINTENDO WORLD 2011」を幕張メッセ9ホールにて開催した。会期は1月8日〜10日まで。入場料は無料。

 このイベントにおいて、3DS本体と同時発売となるソフトが発表となり、価格も明らかにされた。

【2月26日発売タイトル】
・「Winning Eleven 3DSoccer」(KONAMI):5,800円
・「スーパーストリートファイターIV 3D EDITION」(カプコン):4,800円
・「戦国無双 Chronicle」(コーエーテクモゲームス):6,090円
・「nintendogs + cats」(任天堂):4,800円
・「リッジレーサー 3D」(バンダイナムコゲームス):6,090円
・「レイトン教授と奇跡の仮面」(レベルファイブ):5,980円
・「Combat of Giants: Dinosaurs 3D」(ユービーアイソフト):5,040円
・「とびだす!パズルボブル 3D」(スクウェア・エニックス):4,980円

 今回、プレイアブル出展はパッケージタイトル13、内蔵ソフト3となっており、3D立体視が可能な映像出展タイトルは全部で31タイトルとなっている。プレイアブル出展タイトルは1タイトルあたりだいたい24〜48台の試遊台が設置されており(いくつかのタイトルはそれよりも少ない)、プレイ時間は約5分程度。初日の午前中には、「ゼルダの伝説 時のオカリナ 3D」が一時期110分待ちとなるなど大盛況となっていた。

 プレイアブルと映像出展の両方が行なわれているタイトルでは、試遊台に並ぶのをあきらめたのか、映像出展に回る来場客も多く、入口付近の壁面にぎっしりと並んだ立体映像出展コーナーもかなりの行列になっている。立体映像出展は、3DS本体同等の画面で3D立体視ができるようになっている。

 また、本体展示コーナーでは、3DSのパッケージも初展示。アクアブルー、コスモブラック両方のパッケージが展示されている。

 入口正面奥にはステージが設けられ、初日午前中はチーモンチョーチュウのお2人による「Miiであそぶ」、「ARゲームズ」の実機によるプレイイベントや、任天堂ゲームミュージックライブなどが行なわれた。

 なお、詳報に関しては追ってお届けする。

※:記事掲載当初6タイトルとしておりましたが、8タイトルであったため追記いたしました。ここに訂正いたしますとともにお詫びいたします。


試遊台は持ち上げてプレイできる プレイアブルタイトルは表裏2面で展開している 映像出展タイトルも3D立体視で閲覧することができる
本体展示コーナーではパッケージが初お披露目 ステージでは1日4回のイベントが行なわれ、公式HPやUstreamでの中継も行なわれている 各試遊台の待ち時間を案内する掲示板も設置されていた

(C)2011 Nintendo

(2011年 1月 8日)

[Reported by 佐伯憲司]