最新ニュース
【11月30日】
【11月29日】
【11月28日】
【11月27日】
【11月26日】

コーエーテクモゲームス、DS「維新の嵐 疾風龍馬伝」

説得システムと、信頼を上げる方法を紹介


11月18日 発売予定

価格:5,040円

CEROレーティング:A(全年齢対象)



モバイルサイトにおいてスペシャル携帯用待受の配信を開始。1日には岡田以蔵、武市半平太の待受がアップされた。QRコードはモバイルサイトのもの

 株式会社コーエーテクモゲームスは、11月18日の発売を予定しているニンテンドーDS用幕末アドベンチャー「維新の嵐 疾風龍馬伝」のゲームシステムに関する新情報を公開した。価格は5,040円で、CEROレーティングはA(全年齢対象)。

 「維新の嵐 疾風龍馬伝」は幕末を舞台に、自由な発想で日本全国を巡り日本を変えていった坂本龍馬の生き様を描いた幕末アドベンチャー。ゲームでも各地を巡り説得を繰り返し信頼をあげ、思想を変えていくシステムで、日本の思想そのものを変えていく。

 発売に先駆け、モバイルサイトにおいてスペシャル携帯待受のダウンロードがスタートした。11月1日には岡田以蔵、武市半平太の待受をアップ。12月6日まで毎週月曜日に2種類ずつ公開される予定となっている。

 今回はゲームの根幹をなす「説得」についてと、信頼をあげると言うことについて新たにスクリーンショットなどが公開されたので、紹介する。また、公式サイトではプロモーションムービーも公開されている。ぜひともチェックいただきたい。


【説得のシステム】
移動画面。日本地図を移動し様々な藩を訪ねる。各地で知り合った人からさらに人を紹介してもらい、説得をすることで人々の考えをまとめ、藩としての気運を高めていく 知り合いの信頼を上げていくと藩の情報を入手することができる。高杉晋作の場合であれば芸州藩の情報を提供してくれる 各藩の情報を表示する藩情報画面。赤いマーカーの城は尊王の藩で、青は佐幕の藩であることを示している。藩情報を入手していない藩は、情報がないため「?」マークが表示されている
説得して相手の信頼を上げると、知っている人を紹介してもらえるのだが、藩情報画面の人脈情報を見れば、キーパーソンを誰から紹介してもらえるかがわかる。芸州の藩主・浅野長訓の場合、芸州藩の浅野忠の信頼を上げると紹介してもらうことができる 芸州の藩主である浅野長訓を説得中。芸州の重臣や藩主を紹介してもらって説得していく 説得していくことで、藩の思想が転換された時の画面。芸州藩の思想が佐幕から尊王へと変化した

【信頼度をあげるために】
人と会った後、何をするかを選ぶことができる。いろいろと説得するだけでなく、相手によっては剣道や花札なども選択することもできる 「大いに信頼を深める」説得は、もちろん難易度は高いが、その分多くの信頼を得ることができる 説得中の画面。名前の上にあるゲージを端まで押し込めば、説得に成功したことを表わす
説得に勝利した時の画面。お互いが笑って和やかに終わる 説得の結果、信頼が上昇したことを表している。信頼が上がるとイベントが起きたり、同行者に誘うことができるようになる 人によっては花札で遊ぶこともできる。勝てば相手の信頼を上げることができる。ヘルプ画面も用意されているので、花札を遊んだことがない初心者でもプレイすることができる

(C)TECMO KOEI GAMES CO., LTD. All rights reserved.

(2010年 11月 1日)

[Reported by 船津稔]