最新ニュース
【11月30日】
【11月29日】
【11月28日】
【11月27日】
【11月26日】

「東京ゲームショウ 2010」閉幕

来場者数は過去最高の207,647人に


9月16日〜19日 開催(16日、17日はビジネスデイ)

会場:幕張メッセ

入場料:1,000円(一般/前売り)、1,200円(一般/当日)、小学生以下は入場無料



TGS2010が開幕した16日は激しい雨にも見舞われたが、以降は天候もよくなり、連休という好条件も重なり過去最高の入場者数となった
6ホールのゲームスクールコーナーから会場を望んだところ

 9月16日から19日まで幕張メッセで開催されたゲーム関連の展示会「東京ゲームショウ 2010」が閉幕した。来場者は総入場者数207,647名で過去最高となった。

 2009年の来場者数は185,030名で、22,000人強ほど増えたこととなる。細かく見るとビジネスデー初日が24,764人、2日目が24,229人となっている。この数字は初日に2,600人ほど減少し、2日目は横ばいといった状況。つまり純粋に一般公開日の来場者が増えたこととなる。

 初日は大雨となっていたこともあり、特に午前中はかなり閑散とした印象だったが、逆に一般公開日は天候も良く連休だったこともあり、かなり混雑した印象だった。それが実際に数字に反映されていたこととなる。3日目は81,469人で昨年に比べちょうど2万人ほど増加となっている。最終日は77,185人で昨年より5,000人ほどの増加を記録している。

 この原因をどこに見るかは難しいところだが、同時に開催された対戦格闘ゲーム大会「闘劇」がかなり盛り上がったことや、各社の人気タイトルが出展されたこと、PlayStation Move、Kinectといった新型インターフェイスが出そろったことなどが総合的に効果として現われたのだろう。

 今年いちばん注目を集めたのは誰が見てもカプコンブースだろうが、セガブースとスクウェア・エニックスブースの間の通路が一般公開日には歩きづらくなるほどの混雑状況となるなど、各ブースも負けず劣らず人気を集めていた。一方で、全く新しいタイトルで勝負を賭けたIgnition Entertaimentブースにかなりの行列ができ、出展タイトル「エルシャダイ」も人気を集めたのは、ゲームユーザーの見る目が成熟していることを表わしているのではなかろうか。一方で、テレビ報道を見ると画一的でゲームユーザーの志向との乖離を感じずにはいられない。

 ごく個人的に感じた課題としては、昨年に比べ出展者ブースの企画不足が感じられた。スマートフォンのコーナーやゲームPCゾーンなど人気を集めていたが、昨年、最新の技術動向をまとめた「CoFesta メインブース」や、ゲームと戦国時代の関係を探った「ゲーム科学博物館」に相当するコーナーが無くなっており、寂しい印象だった。また、ファミリーコーナーもブースが並ぶだけで、昨年あった「クリエイターさんのお仕事体験」など凝った展示がなかったことは残念だ。コストの問題もあるので、一概に攻めることはできないが、来年はまた様々な企画展示を見せていただきたいものだ。

 一方で昨年成功した整理券による行列の減少に加え、今年は120分を超える行列に関しては入場規制をかけるという方針が掲げられていたようで、各社とも2時間待ち以上の行列は見られなかった。ただ、見ていると、1タイトルに並ぶと40分くらい待つことになるため、それだけでかなりの時間を使ってしまうことになる。結果、行列に並ぶかどうかかなり悩んでいる来場者も見かけた。ある程度の待ち行列は仕方ないところだが、来場者が悩んでまで待ち行列に並び、ゲームをプレイしていると言うことは心にとめておくべきだろう。

 何はともあれ、今年は過去最高の入場者数を記録した。来年はさらに入場者が増え、なおかつより効率的にゲームを楽しめるという難しい課題をクリアしていただきたい。


今年いちばん盛況だったカプコンブース。「モンスターハンターポータブル 3rd」以外のタイトルでも人垣が絶えることはなかった ソニー・コンピュータエンタテインメントのブースの半分はPlayStation Moveの試遊コーナーに当てられていたが、行列を裏に回すことで混雑を避けていた
Kinectだけでなく、多くのタイトルがズラリと並べられ、常に混雑状態だったマイクロソフトブース。Kinectはそのわかりやすさからか常に120分程度待たなければならなかった 「真・三國無双」シリーズ15周年記念のコスプレ大会なども行なわれた同社ブース。今年も前面スクリーンの目立つブース構成だった 人気タイトルが数多く揃っていたKONAMIもブースまわりは常に混雑となっていた
「VANQUISH」人気がすごく、常に行列ができていた。また最終日には「クロヒョウ 龍が如く新章」のコーナーで名越氏が来場者との記念撮影などに応えていた 人気タイトルを多く持つスクウェア・エニックス。今年も多彩なラインナップだった 今年もっとも大きなブース展開と思われるレベルファイブのブースでは、発売が年末と迫ってきた「二ノ国」をはじめ、「ダンボール戦記」なども人気を集めた
バンダイナムコゲームスのブース。「テイルズ オブ」2作、「ガンダム無双3」、「GOD EATER BURST」、「Solatorobo」の人気が高い印象だった 「エルシャダイ」の展示が中心だったIgnition Entertaimentブース。まったくの新規タイトルなのに常に行列ができあがるほどの人気だった。プレイしやすく配慮されていた点も好印象なブースだった 配布のマガジンがいつも人気なアイレム・ソフトウェアエンジニアリングのブース。ただ、「絶体絶命都市4」がプレイできなかったのは残念なところ
PSP「探偵オペラ ミルキィホームズ」の試遊が楽しめた同社ブース。カードの展示が大きいため、あまり試遊台がおかれていなかったこともあり、かなりの行列となっていた 圧倒的なパワーを見せられたガマニア。大きく明るいブース構成で注目を集めていた 若干寂しかった中国パビリオン。ビジネスデーはともかく一般デーは展示内容を変えた方が良かったのではないだろうか。そのノウハウは事務局側が提供して積極的に集客に結びつけた方が良かったのではないだろうか
主催者企画ブースの1つ、「ゲームPCゾーン」。3画面ディスプレイによるゲーミング環境の構築などが一般来場者に良いアピールになっていたようだ ビジネスデーにマスコミ関係者から大きな注目を集めていたモバイルコーナー。特に「iPhone」のコーナーは注目を集めていた 日本ゲーム大賞のブース。投票も終わった最終日には地図が張り出され「フューチャー部門」を受賞した作品が展示されているブースがわかるようなっていた

(2010年 9月 20日)

[Reported by 船津稔]