最新ニュース
【11月30日】
【11月29日】
【11月28日】
【11月27日】
【11月26日】

セガ、PS3/Xbox 360「VANQUISH」
物語の鍵を握る主要人物とシステム情報を紹介


10月21日 発売予定

価格:7,980円

CEROレーティング:D(17歳以上対象)


 株式会社セガは、10月21日発売予定のプレイステーション 3/Xbox 360用シューティング・アクション「VANQUISH(ヴァンキッシュ)」において、敵対する2つの国(組織)の主要人物のプロフィールを公開した。また、ブーストやARモードのより具体的な使い方に関する情報も公開となったので、こちらの情報も併せて紹介していく。

【登場キャラクター】

■ エリザベス・ウインターズ(President Elizabeth Winters)

 米国初の女性大統領。

 経済界で認められた手腕を期待され、世界的な大不況の真っ只中に就任した。権力や名声、地位に対して異常なまでの執着心を持ち、利用できるものは全て利用してライバルを蹴落とし、のし上がってきた女。


■ ビクトール・ザイツェフ(Victor Zaitsev)

 クーデターにより新たなロシア政府を樹立した『ロシアの星』の幹部。

 ARSに匹敵する性能を持つバトルスーツを操り、今回のコロニー急襲を指揮してサンフランシスコを壊滅させた。彼らの要求する米国の無条件降伏を受け入れなければ、次はニューヨークが標的にされてしまう。


【ストーリー】
あくまで強気の態度を崩さない米国大統領ウインターズ 有利な立場にいるザイツェフは余裕の表情を見せつける 果たしてザイツェフとの間に交渉は成立するのだろうか……




■ ブースト紹介

 ブーストとは、ARSのエネルギーを使用して一時的に高速移動を行なうというもの。移動中にブーストボタン(L2ボタンまたはLBボタン)を押し続けることで発動し、ブースト中はアナログスティックによる方向の制御も可能となっている。ブーストは単に攻撃や回避に使えるというだけでなく、地形によってさらに有効活用できるシーンがあるという。

【ブースト】
敵が集中砲火を浴びせてくる最前線。ここを正面突破するのは難しいだろう 左側は一見すると壁のように見えるが実はトレーラー。トレーラーの下はブーストを使えば一気に潜り抜けられる
ブーストを使ってトレーラーの裏側に回り込むと、敵の姿が丸見えに。しかも敵は突然の事態に対処できておらず、攻撃の手も止まった状態。叩くなら今しかない。敵の体勢が整う前に殲滅させてしまおう


■ ARモード紹介

 AR(Augmented Reaction)モードは生命危機が迫ったときに自動的に発動するほか、特定のタイミングで狙いをつける(L1ボタンまたはLTボタン)ことで強制的に発動させることもできる。ARモードが発動すると時間の流れがスローになり、動いている敵の弱点を的確に狙い撃つことが可能になるという。敵の動きが素早く弱点を狙うことが難しい場合には重宝するが、ARモードはARSのエネルギーを消費するために、余剰エネルギーが無い場合(オーバーヒート中)には使用することができないので注意してほしい。

【ARモード】
敵の猛攻に対してただ逃げ回っていてもラチがあかない。回避の瞬間に狙いをつけてARモードを強制発動させよう ARモードが発動すると敵の攻撃がスローとなり静寂に包まれる。エネルギーは長くもたない、一気に勝負を決めろ!
障害物に隠れながら攻撃してくる敵は、こちらの攻撃が当てづらく非常に厄介。この状況を打破するにもARモードは役立つ 低い障害物を飛び越えながら狙いをつけ、ARモードを発動すれば空中からの狙撃が楽に行なえ、隠れた敵も倒しやすい
位置取りが攻略のカギとなる巨大な敵との戦いでは、ブーストで攻撃を避けることが基本だが、それだけでは敵を倒せない ARモードはブースト中にも発動することができる。敵の攻撃をブーストでかわしながら、弱点に銃撃を叩き込もう


【武器&敵紹介】

【スナイパーライフル】
B.L.A.D.Eシステムの一形態で、地上軍で使用されている大型対物ライフルを改良した物をスキャンしている。大質量弾のパワーで通常型の機械歩兵ならほぼ一撃で仕留める事ができるが、電磁フィールドのチャージに時間がかかり連続発射には向かない事、小銃ほど大量の弾は持てない事が欠点。狙いをつけるとスコープになり、通常よりも高い精度の狙撃が可能に

【ロケットランチャー】
B.L.A.D.Eシステムの一形態で、宇宙軍で使用されている新型ロケット弾発射機をスキャンしている。この新型弾は弾頭の電磁フィールド発生器で装甲外殻を破壊後、炸薬が点火され内部を破壊する。ARSスーツとのリンクにより有視界誘導も可能だが、使用弾がロケット弾のため弾体の質量が大きく、大量の弾丸を持つことは不可能なのが欠点である


■ ハッキング可能な歩行兵器「モア」

 大型二脚の歩行兵器モアは、高所から砲撃を行なってくる厄介な敵。

 機体上部に搭乗しているゲオルギーを倒せば砲撃はなくなるが、上部前面は特殊鋼で覆われており操縦士を狙うのは困難。操縦士をどう倒すかが攻略のポイントになる。



対モア戦ではスナイパーライフルが活躍する。スナイパーライフルを使えば、わずかに覗いた操縦士の頭部を狙って一撃で仕留めることができる。操縦士を失ったモアは、サムが搭乗することでハッキングし、奪うこともできるという

■ 森に潜む脅威「ロマノフD」

 ロマノフの最新型であるロマノフDは、強固な装甲と巨大なドリルによる突進攻撃を武器に、森林公園の地形を活かして襲い来る強敵。



両腕のドリルを駆使して地中を自在に移動し、神出鬼没の攻撃を行なってくる ロマノフDの突進攻撃を食らってしまうと命がいくつあっても足りない。この攻撃だけはなんとしても回避するようにしたい


■ トランスフォームする難敵「バイア」

 バイアは、人型と四足歩行という2つの形態を持ち、恐ろしいほどのアグレッシブさでプレーヤーを追い詰める難敵。圧倒的な破壊力と多彩な兵装で襲い掛かってくる姿は、まさに恐怖と悪魔の使者といったところだ。

人型(二足) 四足歩行
奇怪な容貌に巨大な斧をもつバイア。その存在は多くの謎に包まれている 巨大な斧を軽々とフルスイング。当たれば致命傷は免れないだろう 斧を変形させてロケット弾を連射してくる。ロケット弾はブーストで回避することができる
バイアの真の恐ろしさは巨大な火力ではなく、手数の多さにあるといっても過言ではない 多彩な攻撃はサソリのような四足形態にも用意されている。攻撃を冷静に見極めることが重要 一瞬の隙を狙えば、近接攻撃で耐久力を大きく削ることができるが、オーバーヒートには注意




 本作の特徴となっている“ARS”は、人間離れしたアクションを可能とするバトルスーツ。ARSを装着することで銃撃はもちろん、敵に接近した場合はパンチやキックなどの格闘術を駆使して敵を倒すことが可能になるという。ここではARSの常軌を逸した戦いぶりを紹介していく。

【スクリーンショット】
新型機械兵ゲオルギーを踏みつけて引き千切るという、力任せの荒業で敵を倒すこともできる。およそ近代兵器とは思えないこのバトルスタイルもARSの圧倒的なパワーがあってこそ
必殺のアッパーが炸裂。まともに食らったアルゴスの首がねじ切れて吹っ飛んでしまった


(C) SEGA

(2010年 9月 15日)

[Reported by 志賀康紀]