最新ニュース
【11月30日】
【11月29日】
【11月28日】
【11月27日】
【11月26日】

セガ、PS3/Xbox 360「VANQUISH」
状況に応じて変形する武器、「BLADE」システムを紹介


10月21日 発売予定

価格:7,980円

CEROレーティング:D(17歳以上対象)

パッケージイラスト

 株式会社セガは、10月21日発売予定のプレイステーション 3/Xbox 360用シューティング・アクション「VANQUISH(ヴァンキッシュ)」において、武器の形状を変化させる「BLADE」システムと基本武器の情報を公開した。また、新たに2人のキャラクター情報が公開となったので、こちらの情報も併せて紹介していく。

 バトルスーツ「ARS」(※Augmented Reaction Suit Systemの略)には状況に応じて武器の形状を変化させる、「BLADE」システムが搭載されている。このシステムは、武器をスキャンすることで武器データを入手し、BLADEを同様の形に変化させることができるというもの。戦場で新たな武器を発見した際、武器そのものを入手するのではなく武器データを入手することで、新たな武器を使用することが可能になる。

 BLADEとは、戦場論理適合電子兵器システム「Battlefield Logic Adaptable Electronic Weapon System」の略。DARPAの「プログラム可能素材」プロジェクトの成果の1つ。中央のコアを基準としてあらゆる形状の武器へ変化できるが大量のメモリを消費するため記憶形態は3種が限度。変化時の足りない質量は本体から供給されるため拳銃サイズからロケットランチャーまで状況に応じて幅広い対応が可能。

【「BLADE」システム】
稀に出現するアップグレードアイテムを取得すると、使用中の武器がその場でアップグレードされる。また、アップグレードは未使用の同じ武器を取り続ける(スキャンし続ける)ことによっても行なうことができる 武器データは、MAPの各所に設置されているコンテナの中に入っている。コンテナを開くことで新しい武器データを入手(スキャン)することができるという。コンテナは取りこぼしがないように注意しよう
「BLADE」システムにより、武器がアサルトライフルからヘビーマシンガンへと変形するシーン


 BLADEは、戦場で新たな武器を発見する度に武器の形状を上書きしていくことができるが、ここではゲーム開始直後から記憶している基本武器と予約特典によってアンロックされる3種の武器を紹介する。予約特典で手に入る武器は、いずれもARSが登場するまでは実用が不可能とされてきた強力な武器ばかり。予約特典は数に限りがあり、なくなり次第終了となるので、気になる人は早めに販売店をチェックしておくといいだろう。

【初期装備武器】
【アサルトライフル】
新型機械歩兵の電磁装甲に対抗するために開発された歩兵用の標準携行兵器。BLADEコアによる弾丸への電磁フィールド付加により、新型装甲を装備した機械歩兵にも十分な打撃を与えられる。発射構造自体は前世紀の物となんら変わりは無いが、反動が少なく高速連射が可能なため、大量の弾を正確に射撃することが可能である
【ヘビーマシンガン】
宇宙軍で使用されている機関銃に電磁フィールド付加装置が組み込まれた物。さらにARSスーツに求められている「徹底的な殲滅能力」を満たすため、使用弾を重機関銃の物に変更した結果、据え置き型重機関銃並みの射程と破壊力を持つ歩兵携行兵器が実現した。反面、ARSスーツとはいえ完全に反動は抑えきれず、集弾性能はアサルトライフルほど高くはない
【ショットガン】
BLADEシステムの一形態で、警察特殊部隊で使用されているショットガンをスキャンしている。DARPAはこれに電磁フィールド付加装置を組み込み、対機械歩兵兵器とした。貫通能力は低く、1発当たりの質量が小さいため有効射程も極めて短い。しかし接近戦でのパワーは絶大で、間近で受けて行動に支障が出ない敵は殆どいないであろう
【グレネード】
宇宙軍で使用されている標準的な破片手榴弾。軍の宇宙進出時から使われている破片手榴弾の改良型で、無重力状態での限定的な破壊を目的とするため、飛び散った破片が途中でプラズマ化し消滅するように設計されている。自軍にだけ見える特殊波長のマーカーを装備しているため弾道が分かり易く、誤投擲を起こしにくい

【特典武器】
【ブーストマシンガン】
宇宙軍が使用するヘビーマシンガンを、軽車両や航空機などへの攻撃に転用するため試作されたのがブーストマシンガンである。マシンガン用の弾をアサルトライフル並みの速度で発射するこの兵器は機械歩兵相手にも存分に力を発揮したが、歩兵が使用するには強化スーツやサイボーグ化が必須となるため採用は見送られ、DARPAに保管されていた
【レーザーキャノン】
宇宙間軍用艦の推進及び主砲用のレーザーを、歩兵が扱えるサイズに縮小するというとんでもない計画が軍部よりDARPAに依頼された。出来上がった物は強化服やサイボーグ化が必須であり、その破壊力は歩兵携行兵器の域を大幅に超えていたものの、軍で開発中の車載レールガンが実用段階にあったこともあり採用は見送られ、DARPAに保管されることとなった
【アンチアーマーピストル】
将来、敵軍が更に強固な装甲を開発するであろうことを考慮して対甲銃が試作された。強力な貫通性能は高く評価されたものの、使用している超硬張素材の比重が原因で人間が扱える重量を考慮すると弾道の安定しないピストルサイズにせざるを得ず、そのため正式採用は見送られDARPA内データ庫にて一時封印されることとなった




【登場キャラクター】

■ エレナ・イヴァノワ(Elena Ivanova)

 国家プロジェクトで英才教育を受けた才女。

 カンディード博士の希望で、DARPAに配属された。今回の作戦では、サムの後方支援として戦闘に参加している。彼女の分析力やハッキング能力が、作戦の明暗を分けるだろう。


■ カンディード博士(Professor Francois Candide)

 DARPAの主席研究員で、コロニー計画の発案者。

 『ロシアの星』に兵器利用されたエネルギーシステムの設計者でもあり、サンフランシスコの壊滅に責任を感じている。サムに残したビデオメッセージによると、政府内にいる内通者を警戒し、単独行動でエネルギーシステムを止めようとしている。


【ストーリー】
激しい防衛線を突破し、コロニーに突入する英雄ロバート・バーンズの指揮する艦隊 軍人であるバーンズにとって、軍の指揮系統に属さないDARPAは目障りな存在なのだ バーンズとは衝突の絶えないサムは、バーンズの不遜な態度に挑発で返すが……
コロニー突入は目の前に迫っているが、2人はお互いへの嫌悪感を隠そうとはしない DARPAの実験船からからサムの後方支援を行なうオペレーターのエレナ・イヴァノワ カンディード博士からのメッセージを受け、サムとエレナは今回の作戦に参加することに


【敵キャラクター】

■ 圧倒的な火力を誇る新たな強敵「タンク」

 タンクは大量のゲオルギーと共に現われる、圧倒的な火力を持つロシア軍の重戦車。

 近付くことすら難しいこの強敵を相手に、ARSならではの立ち回りでいかに攻略するか? ここでは攻略の一例を紹介する。


タンクの前面は巨大な回転鋸と分厚い装甲で守られている。正面からのアタックは危険だ 主砲は360度回転するうえ、各所に機銃があり隙がまったくない。近付くことすら難しい まずはわずかにできる隙をみて至近距離からショットガンで機銃を破壊していくといいだろう
カバーを乗り越えてアクティブARモード発動。銃座に搭乗しているゲオルギーをヘッドショットで仕留めていく 銃座を破壊すると側面ががら空き状態となる。そこをブーストで走り抜けると、被弾することなくタンクの背後に回り込める ここで再びアクティブARモードを発動。弱点である赤いターゲットマーカーが表示されたら、そこを集中的に攻撃だ
残ったエネルギーを利用して弱点にパンチを叩き込み、撃破!


■ 敵同士で連携する「シケイン」

 本作に登場する敵は、単独で行動する敵が多数登場するが、中には敵同士で連携することで戦力を高める敵も登場するという。今回紹介するシケインは連携を前提として作られた兵器。ゲオルギーとの連携攻撃は非常に厄介で、安易に連携を許してしまうと危険な相手だ。


【変形前】 【変形後】
シケインはゲオルギーを伴って現われ、自ら掩蔽物に変形する。変形したシケインは、ゲオルギーの盾になると同時に、自らもレーザー攻撃を行なってくる


(C) SEGA

(2010年 9月 10日)

[Reported by 志賀康紀]