最新ニュース
【11月30日】
【11月29日】
【11月28日】
【11月27日】
【11月26日】

コーエー、PS3/Xbox 360「北斗無双」

サウザーの幻闘編ストーリーなどを紹介


3月25日 発売予定

価格:8,190円(通常版)
   13,440円(TREASURE BOX)

CEROレーティング:D(17歳以上対象)



 株式会社コーエーは、3月25日発売予定のプレイステーション 3/Xbox 360用アクション「北斗無双」の新情報を公開した。

 今回は「サウザー」と「シュウ」のキャラクター紹介、サウザーの「幻闘編」ストーリーと「ケンシロウ」の伝説編ストーリーを紹介する。

【登場キャラクター紹介】

■ サウザー(南斗の帝王)

 将星──独裁の星を宿星として持つ男。南斗六星拳最強の南斗鳳凰拳の伝承者である。

 その圧倒的なまでの拳の威力に加え、生まれながらの帝王の体、すなわち秘孔をはじめとする身体構造が全て逆である特異体質は、ラオウにすら闘いを逡巡させた。


■ シュウ(盲目の闘将)

 南斗六星のうち、己を犠牲にして人を救う「仁星」を宿星として持つ男。盲目の戦将。しかしその目は、幼きケンシロウの命と引き換えに失ったものであった。

 シュウはケンシロウに未来の光を見た。その輝きに自らの光を託したのだ。

 シュウの使う拳は南斗白鷺拳。南斗の中で唯一脚を主武器として使う。さらに盲目ゆえか、敵の気配を心で見切る闘いはまさに縦横無尽で、多数との接近戦をものともしない。



【「幻闘編」ストーリー紹介】

■ サウザー

 サウザーは聖帝軍を奇跡の村へと侵攻させ、リュウガ率いる拳王軍と遭遇する。トキを倒そうとするサウザーに、トキをラオウの元へと連行しようとするリュウガ。お互いの目的がトキだということがわかり、両軍は戦闘を始めるのであった。

 リュウガは、聖帝軍と相対しながら、奇跡の村へと別働隊を送る。サウザーは奇跡の村に火を放ち、トキをあぶり出そうとする。

 奇跡の村を襲撃したことで、聖帝軍からは多くの兵士が離反してしまった。そのため、サウザーは南斗の同門シンと、その部下を招き入れることに成功。ZEEDという野盗の掃討を実行に移すのであった。ZEEDは、南斗六星の1人シュウの村の自警団を包囲していた。

 シュウの留守を狙った牙大王の襲撃に村は壊滅の危機を迎えていた。



【「伝説編」ストーリー紹介】

■ ケンシロウ

盲目の拳士シュウ

 マミヤの村を後にしたケンシロウは、聖帝十字陵建設の労働力として悪党に連れ去られそうになっていた民を救出する。民をさらう指示を出していたのは、聖帝サウザーであった。ケンシロウは襲い掛かってくる聖帝軍を次々と撃破。そこに突然、盲目の拳士シュウが戦いを挑んでくる。

 シュウから聖帝サウザーの非道な行ないを聞かされたケンシロウは、サウザーを倒すために聖帝の街へと向かう。聖帝軍に襲撃される村人を護衛しながら、聖帝の街へと向かっていくケンシロウ。

 サウザーから受けた傷を癒すケンシロウの下に、シュウがサウザーに捕らえられたという情報が入る。ケンシロウは聖帝軍を蹴散らしながら、聖帝十字陵へと駆けつける。

 人質を取られ、サウザーに聖碑を積むよう命じられたシュウは、ケンシロウの目の前で壮絶な最期を遂げる。激怒したケンシロウはサウザーに再び戦いを挑む。


(C)武論尊・原哲夫/NSP 1983 版権許諾証KOI-001
(C)2010 KOEI Co., Ltd. All rights reserved.
※画面はすべて開発中のものです。

(2010年 3月 8日)

[Reported by 滝沢修]