最新ニュース
【11月30日】
【11月29日】
【11月28日】
【11月27日】
【11月26日】

今日は忙しいから……ヨン様に、そんな言い訳がいえますか?
D3P、DS「ペ・ヨンジュンと学ぶ韓国語 DS」、「冬のソナタDS」


【ペ・ヨンジュンと学ぶ韓国語 DS】 9月19日 発売予定

価格:5,040円(通常版)
         7,140円(初回限定版)

CEROレーティング:A(全年齢対象)

【冬のソナタDS】 今冬 発売予定

価格:5,229円

CEROレーティング:D(17才以上対象)


 株式会社ディースリー・パブリッシャーは、俳優のペ・ヨンジュン氏が登場するニンテンドーDS用ソフト2タイトル「ペ・ヨンジュンと学ぶ韓国語 DS」、「冬のソナタDS」を発売すると発表した。「ペ・ヨンジュンと学ぶ韓国語 DS」が、9月19日発売予定で価格は5,040円(通常版)と7,140円(初回限定版:オリジナルポーチとミニフォト5枚同梱)。CEROレーティングはA(全年齢対象)。「冬のソナタDS」が、今冬発売予定で価格は5,229円。CEROレーティングはD(17才以上対象)。

 ディースリー・パブリッシャーは、本作の完成披露会を都内で開催。同社常務取締役/コンシューマ事業部 部長の岡島信幸氏は、冒頭の挨拶で商品化の経緯を説明。同社は、昨今のニンテンドーDSの普及台数をかんがみ、子供向けだけでなく大人向けのコンテンツ開発に注力。その第1弾として、韓国の開発会社である株式会社モバイロ、ペ・ヨンジュンさんと提携し「ペ・ヨンジュンと学ぶ韓国語 DS」を発売する。

 会場には、ペ・ヨンジュンさんの所属事務所「キー・イースト」社長のキム・キホン氏、開発会社であるモバイロ社長のベク・スンヒョ氏、日本で開発をサポートするタボット株式会社の吉岡賢氏らが出席。ペ・ヨンジュンさんは、執筆など多忙のためビデオレターにて挨拶。また、スペシャルゲストとして「冬のソナタ」挿入歌で知られ、韓国政府から「ハングル広報大使」に任命されているシンガーソングライターのRyu(リュウ)さんが登場。事前公募に当選した200名のファンの前で2曲を披露し喝采を浴びていた。


岡島信幸氏 キム・キホン氏 ベク・スンヒョ氏 吉岡賢氏

【ペ・ヨンジュンさんビデオレター】
「こんにちは、ペ・ヨンジュンです。今回発売される『韓国語 DS』で皆さんとお会いすることになりました。うーん……外国語が書けることや話せることはとても素敵なことですが、勉強することは大変なことですよね。今回発売される『韓国語 DS』で皆さんが楽しく効率よく韓国語を学べると嬉しいです。またこれをきっかけに韓国語を勉強する方がたくさん増えると嬉しいです。ありがとうございます(ビデオレター字幕より転載)」

【スペシュアルゲストのRyuさんが2曲を熱唱】
力強く、それでいて優しく染み入るような歌声で会場を包み込んだRyuさん。楽屋で「韓国語 DS」を少し触ったといい「ヨン様が……出ます(会場笑)。凄く優しい声で語りかけてくれるので、ファンの方々は……買うしかない! っていうイメージでしたね(会場笑)。韓国語は興味を持たないと(覚えにくい)。たとえば、ポップソングにハマって、そこで英語に興味を抱いたり。私はファンに感謝の気持ちを自分の口で申し上げたい、という気持ちが強かったので、そういうキッカケ。その興味を持たせる、いいキッカケになるのではないかと思います」とコメント

【試遊台は大盛況!】
東京ゲームショウでも、ここまで人が殺到することは滅多にない。あまりの家族(ペ・ヨンジュンさんはファンをこう呼ぶ)の熱心さに「……今ここで予約をとったら、全員もれなく購入していくのでは?」と考えてしまったほど

取締役の岡島氏は、ペ・ヨンジュン氏の家族(ファン)が約10万人ということで、各タイトルとも20万本以上売れたら「満塁ホームラン!」とコメント。韓流ブームは一段落した印象もあるが、絶対的な知名度の高さと、DSタイトルならではの“とっつきやすさ”の相乗効果で十分期待できる数字といえそうだ


(C)2009 D3 PUBLISHER



■ ぺ・ヨンジュンと学ぶ韓国語 DS

  1日30分のトレーニングで、基本的な韓国語が学べるという学習ソフト。計45日間で習得できるといい、プレゼンを行なった杉山プロデューサーによれば、常務取締役取締役の岡島氏は30日間で韓国語がペラペラになったという。

 学習ソフトというと、一般に「自己を高める」、「大切なこと」といったポジティヴなイメージがある反面「面倒くさい」、「長続きしない」といったケースも少なからずある。そうしたマイナス部分を、同社は「興味があるものは覚えやすい」、「頭ではなく耳で覚える」の2点で解消するとしている。

  まず、ソフトを起動させるとペ・ヨンジュンさんがプレーヤーを出迎えてくれる。ペ・ヨンジュンさんは、プレーヤーのアシスト役。杉山氏は「今日は忙しいから勉強は明日にしよう。よくあることですよね。でも、そんな言い訳を、ペ・ヨンジュンさんに向かっていえますか? みなさん?(会場笑)。言えないですよね?」と説明。プレーヤーは、名前と誕生日をタッチペンで記入。授業の際は、ペ・ヨンジュンさんが名前を呼んでくれる。ここで杉山氏は「あなたが真摯な生徒であれば、ペ・ヨンジュンさんから季節折々のメッセージを受け取ることができます。たとえば、クリスマスにゲームをやらなかったら、メッセージが受け取れないことになってしまいます」と強調。また、学習を続けることで「フォトギャラリー」、「韓国料理レシピ」、「韓国豆知識」、「タロット占い」など、ミニゲームやお楽しみ要素が増えていく。

 学習は、杉山氏によれば「耳できいた言葉を、読む、話す、聴くを繰り返して覚える。TVCMの音楽やスーパーの惣菜コーナーの歌が頭のなかで繰り返される経験はありませんか? このソフトでは、韓国語が耳から離れなくなる。私も別に勉強するつもりはなかったが、韓国語が耳から入ってくるようになった」とコメント。実際のゲーム中では、1課を4つのステップで習得。最初は「予習」から始まり、続いて「聞き取り」、「発音」、「書き取り」を練習していく。「聞く」ボタンを押すと、アナウンサーの声で発声が聞け、「話す」ボタンを押せばアナウンサーと自分の声をそれぞれ比較できる。書き取りは「タイプ」と「書く」の2種類が選択できる。

 本番のテストでは、シチュエーションにあわせて選択肢から答えを選ぶ。回答ボタンを押すとアナウンサーの声で再生され、これだと思う回答をチョイス。わからないときは「ヒント」を表示することもできる。テスト終了後は、ペ・ヨンジュンさんが結果を採点してくれる。学習結果はグラフで表示され、日々の上達ぶりを確認できる仕組みになっている。

 ソフトの監修を手がけているのは、韓国国立釜慶(プギョン)大学人文社会大学国語国文学科文学博士の蔡(チェ)教授。初回限定版には、ペ・ヨンジュンさんのサインが刻印されたオリジナルDSポーチと撮り下ろしポストカード5枚組が同梱される。ペ・ヨンジュンさんのファンはもとより、韓国や韓国語に興味がある人には見逃せない1本となりそうだ。
【スクリーンショット】


(C)2009 Keyeast (C)2009 Mobilero (C)2009 D3 PUBLISHER



■ 冬のソナタDS

  韓国本国で平均視聴率23.1パーセント、日本では23時台にも関わらず関東で20.6パーセント、関西で23.8パーセント(ビデオリサーチ社調べ)という驚異的な数字を叩き出した韓国ドラマ「冬のソナタ」をゲーム化。杉山プロデューサーによれば、コンセプトは「ポケットに入れて持ち運べる『冬のソナタ』」。

 本作は、ドラマの脚本をもとに、ジュンサン(ペ・ヨンジュンさん)とユジン(チェ・ジウさん)を中心に書き下ろされたシナリオで展開されるドラマゲームで、すでにドラマを見た人でも楽しめる内容になっているという。ゲームモードは「ストーリー」、「ミニゲーム」、「ギャラリー」、「デート」の4種類が用意されている。

 ストーリーモードは「冬のソナタ」全話が鑑賞できる。静止画とテキストだけでなく、総時間60分以上のムービーを収録。感動の名シーンは、ムービーで再生される。タッチペンでストーリーを進めていくが、テキストを自動表示したり、文字の拡大・縮小、ハングル表示なども可能。また、ストーリーの途中でタッチペンを使ったミニゲームが出現。高得点を獲得すると、ギャラリーで映像や音楽が見られるようになるといった特典が入手できる。また、スペシャルミニゲームで高得点を獲得したときは、長尺のムービーが再生される。なお、こうしたムービーのなかには、日本での放送ではカットされたシーンなども収録されているという。

 デートモードは、原作の舞台となったロケ地をジュンサンの紹介で巡るというもの。マップ形式で表示されるため、土地勘がない日本のファンでも「ソウルの隣にナミ島があるなど、わかりやすいものになっている(杉山プロデューサー)」という。また、実際の住所も確認できるため、ロケ地ツアーに持参すればポケットガイドにもなる。また、デート中にジュンサンが出してくるクイズに正解すると、新しい画像が閲覧できるようになる。

  DSiでプレイしている人は、ロケ地をバックに自分の写真を撮ることも可能。ドラマの思い出、憧れのあの場所でバーチャル記念写真が撮れる (DSiの撮影機能で撮影した自分の写真と、同ソフトに収録されたロケ地のフレームを合成するといった感じのもの)。TVやDVDで何度も見た! というコアなファンはもちろん、本作ではじめて触れる人、誰でもどっぷり「冬ソナ」の世界にひたれる1本だ。


【スクリーンショット】


(C)2009 KBS / KBS Media
(C)2009 PAN ENTERTAINMENT
(C)2009 KEYEAST
(C)2009 CWJ COMPANY
(C)2009 SKONEC ENTERTAINMENT
(C)2009 ISCO INC.
(C)2009 D3 PUBLISHER

(2009年 7月 28日)

[Reported by 豊臣和孝]



Q&A、ゲームの攻略などに関する質問はお受けしておりません
また、弊誌に掲載された写真、文章の転載、使用に関しましては一切お断わりいたします

ウォッチ編集部内GAME Watch担当game-watch@impress.co.jp

Copyright © 2014 Impress Corporation. All rights reserved.