PCゲーミングデバイスレビュー

FORIS FG2421

VAパネル、240Hz駆動、これがEIZOの本気だ
コアゲーマーご満悦の表示性能をチェック!

ジャンル:
モニター
発売元:
EIZO
開発元:
EIZO
プラットフォーム:
Windows PC
価格:
64,800円
発売日:
10月30日

「FORIS FG2421」

 EIZOが10月30日に発売したゲーミングモニター「FORIS FG2421」は、2つの新機軸でゲーミングモニター界に衝撃をもたらすかもしれない製品だ。

 ひとつは、ゲーミングモニター界では世界初となる240Hz駆動。ネイティブ120Hzの表示に対し、高速バックライト制御により倍速の黒挿入を行なうことでブラウン管ライクなインパルス駆動を実現、これまでにないレベルのクリアな動画表示を可能にしている。

 もうひとつは、液晶パネルにゲーミングモニター界隈では極めて採用例の少ないVA方式を採用したこと。VAパネルは色再現性の高さと引き換えに応答速度の遅さが弱点とされてきたが、本製品ではTN方式に匹敵する応答速度1msを実現、としている。

 2つの新機軸を搭載する本製品の価格はEIZOダイレクト直販モデルで64,800円。ゲーミングモニターとしてはかなりの高額商品となるが、価格に見合うだけの違いを見せてくれるだろうか。試用レビューをお届けしよう。

PCモニターの老舗ならではのこだわりスペック

シンプルなデザインに好感
背面に個性が出る
この部分は取っ手になる

 2013年4月にナナオから商号を変更し再スタートを切ったEIZO。ナナオ時代からゲーム用途を意識したエンターテイメントモデルのモニターは継続的に開発してきたが、ゲーム特化となると今回の「FG(FORIS GAME) 2421」が初だ。

 Fnatic、Avant Gardeといったプロゲーマーチームへのスポンサーシップを通じてeスポーツ界にも深くコミットしてきたEIZOだけに、本製品は世界トップクラスのゲーマーの監修を受けて開発されたとされている。最大の特徴はもちろんネイティブ120Hz入力&240Hz駆動だが、それだけに終わらない仕上がりである。

 まず目につくのが、シンプルで洗練されたデザイン。幅1.5〜2cmほどのベゼルは扁平でつや消しの素材、画面下部のスイッチ類も地味にまとめられプレーヤーは画面の内容に集中できる。

 唯一ゲーム向けっぽいデザインになっているのは背面上部で、EIZOロゴの上に赤く縁取られた部分は指先を引っ掛けられる程度の突起になっていて、片手にぶらさげて本機を運べるようになっている。LANパーティに持ち込むなどのフットワークを意識した仕様だ。この要素はBenQやASUSのゲーミングモニターでも近年取り入れられているもので、本機でもそのトレンドを踏襲しているといえる。

 スタンド部の出来も問題なし。昇降幅は60mm、チルトは上25度、下0度、回転は344度とそれないりの自由度が確保された上で、無駄のないシンプルな形状。たいていの環境で最適な角度の設置ができるはずだ。

モニタ高は60mmの幅で調整できる
チルトは上25度、下0度

映像入力と音声の入出力端子
側面にはUSB端子がある
発色は明るく、とても色鮮やかだ

 映像入力端子はDVI-D(デュアルリンク)、DisplayPort、HDMIが各1系統。このうちDVID-DとDisplayPortは最大1,980×1,080ドットで120Hzの入力が可能だ。HDMIも120Hz入力が可能だが、解像度は1,024×768ドットまでとなる。

 パネルのスペック上は応答速度“1ms未満”を謳っている。これは本機のVA方式液晶の応答速度に、バックライト制御による倍速駆動の効果を加えたもののようだが、実際の見え方としてもきちんと納得できるレベルだ。TN方式の120Hzモニターと並べても遜色ないか、それ以上にクリアな動画を見せてくれる。

 VAパネルを採用したことで特に大きな違いが出るのがコントラスト比だ。現時点ではTN方式が1000:1程度の限界となっていることに対して、本機では5000:1と非常に高いネイティブコントラスト比を持っている。これは取りも直さず暗部・輝部の再現性が高いということだ。

 そして気になるパネルはノングレアタイプを採用。ただ、通常のノングレアタイプに比べるとややグレア感があり、受けた印象としてはハーフグレアに近い。真っ黒な画面だと目の前に自分の姿がうすぼんやり映る程度、何かが表示されていれば反射が気になることは全くない……という微妙なバランスをとったことで、VAパネルの発色性能がさらに活かされているようだ。

 肉眼で見ても、本機の発色はTN方式のゲーミングモニターとくらべてハッキリと鮮やか、深みのある色彩を確認でき、黒は濃く、そのぶん暗部も視認しやすい。このあたりに液晶モニターの老舗であるEIZOのこだわりを感じられるのだ。


【主な仕様】
サイズ: 23.5 型ワイド(1,920x1,080)
パネル: VA方式(ノングレア)
視野角: 左右176°/上下176°
輝度: 400cd/m2
コントラスト比: 5000:1 (コントラスト拡張有効時 15000:1)
応答速度 : 1ms未満 (Turbo 240: オン、モニター全体として)
走査周波数(垂直):HDMI 23〜122Hz / DVI 59〜122Hz / DisplayPort 49〜122Hz
入力端子: DVI-D / DisplayPort / HDMI 各1系統
USB端子: モニターコントロール用x1、USBハブx2
音声端子:ステレオミニジャック IN/OUT 各1系統
消費電力: 53W / 20W / 0.5W (最大/標準/待機)
外形寸法:563.5×391〜451×200mm(幅×高さ×厚み)
質量:約6.2kg

(佐藤カフジ)