ニュース

「ソードアート・オンライン -ホロウ・リアリゼーション-」が台湾で初公開!

二見プロデューサーが見事なデモプレイを披露

1月29日〜2月2日 開催



会場:台北世貿一館

 バンダイナムコエンターテインメントは、台北で開催中のTaipei Game Show 2016にプレイステーション4/PC Vita「ソードアート・オンライン -ホロウ・リアリゼーション-」の繁体中文版をプレイアブルで出展した。1月31日にはプロデューサーの二見鷹介氏がゲームを解説するステージイベントも開催された。筆者も体験プレイに挑戦してきたので、その感触をお伝えしたい。

プロデューサーの二見鷹介氏

 本作は「ソードアート・オンライン」のサーバーを使って新たに作られた「ソードアート・オリジン(SA:O)」というVRMMOが舞台となっている。ステージイベントでは二見氏が本作を紹介。「ゲームだけのオリジナルストーリーなので、まったく見たことがないストーリーを楽しむことができます」と解説した。本作のストーリーは、キリトがプレミアというNPCの少女と出会うことで始まる。

 プレーヤーはキリトを操作してアスナやシリカ、リズベットとパーティを組んで世界を冒険する。前作では3人パーティまでだったが、今作は4人パーティが可能になった。キャラクターは今後も追加されていく。

 ゲーム画面にはMMORPGプレーヤーにとってはおなじみのUIが並んでいる。本作は疑似MMORPGとして作られており、チャットウインドウやスキルのショートカット、HPバー、バフやデバフの表示などがある。右上にあるミニマップにはエクストラボスという強いフィールドボスの居場所や、クエストポイントが表示される。

 フィールドにいるモンスターには頭上にレベルと名前が表示されていたり、エリアの切り替わる場所には、エリア移動を示す点線があったりと、疑似MMORPG体験の演出がそこかしこに散りばめられている。フィールドにはキリトたち以外のパーティもいる。彼らが戦っている敵と一緒になって戦ってもいいし、強敵と戦っている時に乱入してきて一緒に戦うこともある。

 体験版のフィールドは森の中で、小川や岩場などもある。キャラクターの操作は左のアナログスティックで移動、右のアナログスティックで視点を切り替える。カメラの距離は固定だが、視点切り替えで上から見たり、横から見たりと角度を自由に変えることができる。

 攻撃は□ボタンで、△ボタンが「ソードスキル」、×ボタンが「ジャンプ」、○ボタンはショートカットバーのアイコンを発動させる。ショートカットバーにセットされているアイコンは十字キーで選択する。ショートカットバーにはキャラクターの能力を上昇するスキルや、回復スキル、回復アイテムなどが並んでいる。

 フィールドには、「SAO」にもいた懐かしい敵が徘徊している。体験版のフィールドにいるモンスターはアクティブで、索敵範囲に入ってしまうと襲ってくる。戦闘はシームレスに始まり、終了時にも特別な演出はない。

 戦闘中には「SAO -ホロウ・フラグメント-」と同じように「スイッチ」で自分が背後に引きつつ、パーティメンバーに攻撃を任せることができる。また今作は、パーティメンバーから、状況に応じて何をして欲しいのかの指示が飛ぶことがある。それに従うと「スキルアライド」状態になり敵に大ダメージを与えることができる。

 アクションバトルなので、モンスターの予兆行動を見て攻撃を避けることもできる。スイッチで素早く立ち位置を切り替えつつ、コンボをつないで、スキルアライドで大ダメージを与えるというのがバトルの流れになる。途中でパーティメンバーが戦闘不能に陥った場合は、近づいて○ボタンを押すことで一定時間ののちに復活する。

 ステージイベントでは二見氏が「試遊台でたくさんの人が負けていたので、ボスを倒してみたいと思います」と宣言して、フィールドにいるエクストラボスと、最後の短いダンジョン内にいるボスに挑んだ。チェンジを駆使しつつ、コンボを常に50以上につなげて、スキルアライドを確実にこなしていく見事なプレイで、イベント終了時間直前に両方倒すことに成功。会場から寄せられた拍手を浴びていた。その後、「ストーリーもアクションも非常に新しい体験ができると思いますので、ぜひ楽しみに待っていただければと思います」と台湾のファンに挨拶していた。

【イベントの様子】
動かしていない時は、パーティ内でキャラクターが会話を交わしたりする
フィールドにいるイノシシ型のエクストラボス。背中に武器が何本も突き刺さっている。手ごわい強敵だ
パーティメンバーからの指示が飛ぶ「スキルアライド」。うまくこなせば大ダメージを与えられる
エリア切り替えを示す、ピンクの点線
ラスボスのHPバーにはひし形のマークがある。HPをゼロにしてもこのマークの分だけ全回復してくる
51ヒットのコンボ。二見氏は確実にコンボを重ねて、ガリガリとHPを削っていった
ボスを倒した後の、クエスト達成画面。報酬や取得経験値が表示されている
ステージイベント終了時ギリギリまで戦い続けて、両方のボスを倒した

(石井聡)