ニュース

「艦これ改」、最新ゲーム概要とスクリーンショットを公開

ゲーム進行はターン制を採用。4艦隊以上の運用も可能に

8月27日 発売予定

価格:
5,800円(税別)
9,800円(限定版、税別)

「深海棲艦」側からの侵攻もあるなど、シミュレーションとしての戦略性が強化されている

 角川ゲームスは、8月27日発売予定のPlayStation Vita用艦隊型育成ゲーム「艦これ改」について、最新ゲーム概要とスクリーンショットを公開した。

 「艦これ改」ではブラウザゲーム版「艦隊これくしょん -艦これ-」よりもシミュレーションとしての戦略性が強化されているのが特徴で、ゲームの進行にはターン制が採用され、母港ではプレイ状況をセーブすることも可能となる。

 また4艦隊以上の運用が可能で、本作では戦力が手薄になっている海域や、敵戦力が増強された海域では敵艦隊「深海棲艦」の反攻作戦が行なわれることもある。状況によっては本土の鎮守府海域に直接侵攻され、ゲームオーバーになるケースも発生するという。なお各海域は六角形のエリア(ヘックス)で表示される。

 さらに、制圧した各海域に兵站を維持するための「輸送船団」と、これを護衛する「海上護衛隊」を配備することが可能。この輸送船団と海上護衛による兵站確保は、本作のゲーム進行を左右する大きな要素になる。

 その他の要素としては、母港で艦娘が新たな表情を見せる、戦闘演出の強化とショートカット機能の搭載、「任務」や「装備改修」、「艦娘図鑑」といったやりこみ要素の搭載といったものがある。これらにはVita版用に一新されたUIが導入される。

【スクリーンショット】
「輸送船団」と「海上護衛隊」の運用もゲーム進行上重要になる
艦娘たちの新たな表情も見られる
戦闘シーンでは、演出面が強化。ショートカット機能もあり、テンポ良くゲームが進められる
「任務」、「装備改修」、「艦娘図鑑」といったおなじみの要素も搭載される

(安田俊亮)