ニュース

「ジャンプフェスタ2015」開催。カプコンブースでは「大逆転裁判」がプレイアブル!

12月20日〜21日 開催

会場:幕張メッセ国際展示場 展示ホール 1〜8

左が小嶋慎太郎プロデューサー、右が巧舟ディレクター
実機によるデモンストレーションを行なう巧舟ディレクター

 集英社の「週刊少年ジャンプ」などジャンプ5誌によるファン感謝イベント「ジャンプフェスタ2015」が開幕した。同社コンテンツも多数ゲーム化されており、会場には大手メーカーがズラリと出展している。幕張メッセ国際展示場 展示ホール 1〜8を使用して開催されるなど規模も大きく、会場はどこもファンでごった返していた。開催日時は12月20日と21日の9時から17時(16時30分最終入場)。

 各社中心となるのは「ジャンプ」関連コンテンツが中心となるが、初めてプレイアブル出展されるタイトルもある。カプコンブースでは、ニンテンドー3DS用大法廷バトル「大逆転裁判 -成歩堂龍ノ介の冒険-」が初めてのプレイアブル出展となった。会場では朝早くから試遊台の整理券を受け取る人が列を成し、12時頃には20日分の整理券がすべて配布終了となった。試遊すると特製絵葉書セットがプレゼントされる。

 ブース内のステージでイベントも開催された。ステージには小嶋慎太郎プロデューサーと巧舟ディレクターが登壇。最新実機デモを交えながら紹介した。

 弊誌でも何度か紹介しているとおり、今回は舞台となる時代が明治時代とこれまでと異なる。主人公は成歩堂龍ノ介で、成歩堂龍一のご先祖さまに当たる。小嶋氏も巧氏も「明治時代は裁判のシステムもできたり、19世紀のロンドンでは科学捜査も発達し、いろいろ動きがあった時代」と声を揃え、活気のあった時代として選択されたようだ。

 キャラクターについても触れられたが、今作で大きな役割を果たすのがシャーロック・ホームズとなる。巧氏は「いつかホームズと仕事をしたいと思っていた。舞台を19世紀にしたのもここからきているかも。今回半ば勝手に登場してもらった」と語り会場の笑いを誘う。「ホームズファンは言いたいことがあるかもしれないが、『逆転裁判』ならでは」と語り、シリーズのテイストが活かされた形となるようだ。

 また、直前に公開された新キャラクター「亜双義一真」については、小嶋氏が「熱い男。いつも彼の周囲では風が吹いている、バンダナが揺れているでしょ?」と説明。とにかく外見も心も熱くてかっこいい、成歩堂龍ノ介にとっては頼もしい大親友のようだ。

 実機によるデモンストレーションでは1番最初の法廷が公開された。巧氏は「明治の法廷を調べた」と語り、グラフィックス的には背景もフル3D化されたことから奥行きを表現した演出もされているという。明治の法廷は荘厳で重苦しく、そういった雰囲気にも成歩堂龍ノ介は押しつぶされそうになる。法廷シーンで登場人物は、少し古めかしく難しい言葉を使っており、巧氏はこれも演出のひとつで、ルビをふるなどして誰でも楽しめるようにするつもりだと説明した。

 デモでは、証言を聞き証拠品を突きつけたり矛盾を突くことで揺さぶったりといった展開を説明。また、ホームズの鋭すぎる推理に突っ込みを入れながら共同で推理していくといった新要素も紹介。楽しみ方はこれまでのシリーズを踏襲しながらも、真実を引き出していく過程に新システムが用意されているようだ。証言者をあちこち調べることもできる新システムもデモされていた。

 小嶋プロデューサーは「年が明けてもどんどん新情報を出していくので、期待して欲しい」と話しを向けると、巧ディレクターも「現在最終調整中。開発は佳境にさしかかっており、ぶっちゃけ心ここにあらずな感じ。頑張ります」と開発がラストスパートさしかかっていることを明かした。現在発売は2015年となっているが、最終調整中と言うことは、そう遠くない時期に発売されるのかもしれない。期待したいところだ。

先日発表されたばかりの新キャラクター「亜双義一真」も紹介。熱くて頼りになる男のようだ
探偵パートで証拠を集め、法廷パートで証言者の矛盾を突いていくというゲームの流れ
法廷の様子。奥行きを強調したアングルなどを盛り込んだ演出で、法廷の空気感などを出している
今回2人の証人を前に同時に尋問することになる
「亜双義一真」は心強い味方となる
倫敦大法廷も登場。楽しみにして欲しいとのこと
弁護士と探偵による共同推理。斜め前を行くホームズの名推理に突っ込みを入れながら、核心に迫っていくようだ
証人を(下画面)でグリグリ動かしてあちこちから眺めて怪しいところを調べることもできるという

倫敦大法廷をイメージしたかのような試遊台のブース。全体的に明るいデザインになっている。整理券は午前中でなくなってしまうほどの大人気

【「モンスターハンター4G」も出展】
発売後ということで「東京ゲームショウ2014」ほどの規模ではないが、「モンスターハンター4G」も出展中。ソロプレイとマルチの両方が用意されているが、両方とも人気で午前中で整理券はなくなってしまった。プレイすると「MH4Gオリジナルバッグ」とクリアフィルがセットでプレゼントされる。ちなみにステージではジャンプとのコラボコンテンツなどの実機デモが披露された

(船津稔)